« グリンダ入厩 | トップページ | 出資馬近況 »

ポール・マッカートニー大阪公演鑑賞

京セラドーム大阪でポール・マッカートニー「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」の公演を見てきました。

ビートルズは小学4年生の時に兄が買ったアルバム「レット・イット・ビー」で聴いたのが初めて正式に聴いた機会。
私の年代では特に熱心なファンでなくとも多くの楽曲を知っているはずで、私も同様にLP、CD等をレンタルし、楽曲を楽しむ程度のファンでしかありません。
しかし、もはや伝説の存在であり、多くの方がそうであるように憧れの的でした。

そんなビートルズのポール・マッカートニーの公演を生で見ることができ、平凡な表現ですが、感激の一言。
事前情報通りのスタート曲「エイト・デイズ・ア・ウィーク」を聴いて、涙が出そうになってしまいました。
ポール・マッカートニーの一人ビートルズ状態でのビートルズのヒット曲に、なぜかちゃんと聴いた覚えのあるウイングスの楽曲、そして最新アルバムの楽曲と続け様に演奏し、本当に御年71歳かと信じられない思いで演奏を楽しむことができました。
「レット・イット・ビー」、「死ぬのは奴らだ」、場内大合唱の「ヘイ・ジュード」のクライマックスで感動は頂点に達しました。
さらにアンコールとして、「デイ・トリッパー」、「ゲット・バック」といった激しい曲から、「イエスタデイ」と2時間半にも及ぶ公演で、私の一生の思い出になることは間違いありません。

さて、長くなりますが今回の公演鑑賞の経緯を書いておきます。

11年振りのポール・マッカートニー来日公演、日頃は音楽にはそれほど関心のない私も今回の公演を知って、これが最後の来日公演かと思い、見に行きたくなりました。
元々が16,500円の高額チケット、ぴあの予約申込みでは当然のように外れてあきらめていましたが、阪急トラピックスの東京公演鑑賞ツアーを知り、無性に行きたくなってしましました。
定価16,500円のチケットが現地ツアーで22,000円の販売でしたが、これくらいなら東京に行ってでもと思ったのです。

定価以上出してでも行くと覚悟して、念のために、チケット通通センターの取引情報を見ると、事前にネット記事等では高額での取引が伝えられていましたが、普通の座席は阪急トラピックスの販売価格程度で売られていました。
何だこれならと思い、最終的に、普段は買ったことのないネット取引で購入することにしました。

チケットを確保した途端、大阪での追加公演が決まり、初日公演のはずが2日目となり、何だかだまされたような気がしないでもなく、追加公演の売れ行きが悪いらしく、直前まで販売広告が大々的に打たれて、さらに複雑な気持ちになりましたが、今回の公演を見ることができたので良しとしましょう。

一口馬主ブログですが、感動のポール・マッカートニー公演に寄せて・・・
一部ネタバレの部分もありますが、今回のワールドツアー、セットリストも出回っているのでご勘弁。

|

« グリンダ入厩 | トップページ | 出資馬近況 »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58571759

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニー大阪公演鑑賞:

« グリンダ入厩 | トップページ | 出資馬近況 »