« 出資馬近況 | トップページ | 兵庫ゴールドトロフィー観戦 »

2013年出資馬・共有馬の出走成績

先週末をもって私の出資馬と共有馬の年内の出走が終わりましたので、年末恒例の出走成績の回顧です。
レイクマッケンジー1頭だけ地方競馬所属馬ですが、成績は中央競馬所属馬と合計しています。そのうち別書きしないといけないかもしれません。

◆全馬出走成績 (出走数、1着-2着-3着-4着-5着-着外、獲得賞金)
全成績 26走 1-0-1-2-0-22  454万円

◆各馬出走成績(出走数、1着-2着-3着-4着-5着-着外、獲得賞金)
ドリームマジシャン 6走 0-0-0-0-0-6  0円
ソルシエール 7走 0-0-0-0-0-7  0円
ルミアージュ 8走 0-0-1-1-0-6  219万円
フレスコ 3走 0-0-0-1-0-2 75万円
グリンダ 1走 0-0-0-0-0-1  0円
レイクマッケンジー 1走 1-0-0-0-0-0  160万円

これまで何度も書いてきましたが、今年は、一口馬主になってから、2歳馬が1頭しかいなかった最初の年を除くと、最低の出走成績でした。
出走数は26走と、ここ3年間変わりありませんが、出走結果がさっぱり。レイクマッケンジーが今月新馬勝ちしてようやく今年の初勝利をあげたように連戦連敗で、入着すら3回しかありませんでした。このため、獲得賞金は1千万円にも届きませんでした。

個別にみると、ドリームマジシャンは約半年間の休養明けから2月に復帰しましたが、かっての勢いはなく、入着すら果たせず、6走して8月に引退しました。
今週引退したばかりのソルシエールは約1年間の長期休養明けから同じく2月に復帰しましたが、復帰するのがやっとでした。
これまでは、新馬がさっぱりでも、古馬でそこそこ活躍した出資馬がいたので、それなりの成績を残してきましたが、今年は古馬も駄目だったので、このような酷い成績になってしまったことになります。

若駒では、唯一の3歳馬のルミアージュが1月にようやくデビューし、初戦3着入着と期待を寄せましたが、結局これが生涯最高成績で未勝利引退。
2歳馬ではラフィアン所属馬ですらデビューが遅れ、ようやく11月になってからフレスコ、グリンダと続いてデビューしましたが、フレスコが入着するのがやっと。勝ち上がりを期待した先日のレースでは惨敗に終わり、デビュー戦惨敗のグリンダとともに再びお先真っ暗状態。
初めての共有馬のレイクマッケンジーもデビューが遅れ、何とか12月に年内デビュー。見事に新馬勝ちを収めたのがせめてもの救いでした。

ソルシエールが引退し、気がつけば中央競馬の一口出資馬は全て未勝利馬ないしデビューしていない若駒ばかりになってしまいました。
中央競馬所属の明け3歳馬2頭、明け2歳馬2頭には何とか頑張って、この低迷を脱してほしいものです。
なお、ラフィアンの馬に出資するかどうかはまだ決めていません。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 兵庫ゴールドトロフィー観戦 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58826568

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年出資馬・共有馬の出走成績:

« 出資馬近況 | トップページ | 兵庫ゴールドトロフィー観戦 »