« ソルシエール連続最下位 | トップページ | 阪神競馬観戦 »

フレスコ惨敗

フレスコ、阪神競馬第4R芝2000mに出走しました。

前走最後に良い脚を使い4着と入着したフレスコ、今日はさらに上積みし、勝ち負けを期待したいところ。
相手関係を見ると、新馬戦入着の実績上位の馬ばかり。どれだけ通用するかにも注目。
出資馬の今年最後の出走ということで、阪神競馬まで現地観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比+10キロの486キロと大幅に馬体増。2歳馬とはいえ、いきなり増量には嫌な予感。
周回では前走以上に入れ込んでおり、かなりうるさい感じ。
競馬ブックの予想は本紙無印もいくつか△と、まずまずの評価。
人気は単勝12.0倍の5番人気と、予想以上の高人気で、期待も高まります。

本馬場入場時に一事件。フレスコは地下通路の坂路からウイナーズサークルに入ると、いきなり走りだし、ラチに接触してしまい、見ていてびっくり。
しばらく走った後で騎手が下馬し、馬体確認も異常はなかったようですが…
なお、どういう訳かセゾンの14号馬がゲート入り前に馬体検査後出走取り消し。

さてレース、フレスコはスタート後に大外枠から一気に内に切れ込み、集団後方に位置取り。
集団ゆったりしたペースでレース進行、1~2角を周るところで、フレスコはこらえきれず、かかったように上がっていきます。
そのまま向正面、3~4角と集団5番手あたりで進行、直線に入ります。
好位置からの直線勝負は、脚がなくなったのか、一気に集団においていかれてしまい、最後は全く追うことなく、出走15頭中14着と惨敗に終わりました。

レース後にパトロールビデオをみると、フレスコは2角で逸走気味に大きく外まで走っており、これを騎手が抑えた感。
スタート後の切れ込みとあわせて、かなりバタバタした展開で、レースになっていなかったようです。
パドック、馬場入場とかなり入れ込んでいたので、スローペース展開にがまんできなかったのかもしれません。
今日引退したオルフェーヴルとまでいきませんが、ステイゴールド産駒の気性の悪さが出てしまったようです。

|

« ソルシエール連続最下位 | トップページ | 阪神競馬観戦 »

マイネルフレスコ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58803505

この記事へのトラックバック一覧です: フレスコ惨敗:

« ソルシエール連続最下位 | トップページ | 阪神競馬観戦 »