« グリンダデビュー戦惨敗 | トップページ | ソルシエール特別戦出走登録 »

船橋競馬厩舎見学

今回の遠征のもう一つの目的は、先日新馬勝ちしたレイクマッケンジーの厩舎見学。
一口馬主では馬主行為はできませんが、正真正銘の馬主ならば厩舎見学はできるので、事前にクラブ事務所に連絡して見学した次第。
レース観戦できなかったので、早いうちに実馬を見ておきたいところ。

中山競馬場から船橋競馬場はすぐ近くですが、中山競馬場では、グリンダの新馬戦を観戦して即行で退場。
JR船橋法典駅から南船橋駅まで電車移動し、南船橋駅前の船橋競馬場の厩舎地区まで大型車両が走る港湾道路の歩道をとぼとぼ歩いて厩舎地区へ。
厩舎地区の入り口の警備員に声をかけて入場書類を書いて入場。
案内された通りに厩舎地区を進みましたが、結構距離があり、迷いながらも、目的地の川島正一厩舎にたどり着きました。

船橋競馬場の厩舎は月刊ハロンの記事で見たことがありますが、平屋造りの厩舎と調教師宅。園田競馬場の厩舎よりゆったりしている感じ。
調教師宅で声をかけると、川島師が現れました。
クラブ事務所からの連絡がなかったようですが、明るく応対してもらえ、レイクマッケンジーのいる離れた海岸地区厩舎まで自家用車に乗せてもらえました。
そういえばクラブ事務所に事前連絡した際に、本厩舎とは別の厩舎にいるとの話でしたが、私が直接本厩舎を訪問してしまったので、行き違いがあった模様。

海岸地区厩舎でレイクマッケンジーと対面。
川島師と担当厩務員さんから現状などいろいろとお話しを聞くことができました。
実馬との対面は昨年9月の牧場見学以来ですが、なかなか立派な馬体に成長しており、稼働中なので、非常に良い見栄えでした。さすがに園田競馬の2歳馬とは違うなあと実感。
これでもまだ八分程度とのことで、今後の成長が楽しみです。

気性面で問題があり、すぐにソラを使うようです。まずは真面目に走ることが第一でしょうか。
また、脚が反っており、脚元への負担があるとのこと。NFしがらきのマトリョーシカでも同じようなことを言われてびっくりしましたが、そんなもの素人には全くわからないですね。

近況通り、次は正月明け船橋競馬で出走予定で、あまり番組もないので、堅実に走らせていきたいとのこと。今後のことを考えると、早めに賞金を稼いでおきたいところです。

いくつかレイクマッケンジーの写真を撮らせてもらって見学終了。川島師にはお世話になりました。
これまで行ったことすらなかった船橋競馬ですが、共有馬を持った以上は、そのうちレース観戦したいものです。

|

« グリンダデビュー戦惨敗 | トップページ | ソルシエール特別戦出走登録 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58767895

この記事へのトラックバック一覧です: 船橋競馬厩舎見学:

« グリンダデビュー戦惨敗 | トップページ | ソルシエール特別戦出走登録 »