« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬検討 »

地方競馬オーナーズ初配当

社台グループオーナーズからレイクマッケンジーの12月分の経費請求と賞金配当の明細書が届きました。

見事に新馬勝ちした注目の明細書ですが、いくつか驚く点がありました。
まずは経費。預託料として2万円強かかっています。20口なので預託料総額は月40万円強。
参考にしている個人馬主の某サイトでは、船橋競馬の預託料は月30~35万円と聞いていたので、これは高い。川島厩舎でも息子さんなんですがねえ。

次に賞金。優勝賞金160万円と特別出走手当58万円の口数分が分配。
特別出走手当の金額にびっくりしたので、調べたところ、本来の出走手当8万円に加えて、千葉県馬主会の共済で、船橋競馬場で初出走した2歳馬に50万円支給されるようです。
お祝い金のようなものでしょうが、本来の金額を考えるとかなり高額です。

さて、船橋競馬では出走手当8万円、着外手当5万円なので、概ね月に3回走れば預託料がペイできる勘定です。このあたりは他の地方競馬場と同じようなものです。
しかし、出走手当目的に数だけ使う多くの地方競馬とは違い、南関東ではそういう訳にもいきません。
当初から覚悟はしていますが、預託料を稼ぐためには相当の獲得賞金が必要で、回数は使わないと思いますので、レイクマッケンジーには、出るからには好結果を期待したいというか、最低でも入着は続けてもらいたいものです。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬検討 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/59021357

この記事へのトラックバック一覧です: 地方競馬オーナーズ初配当:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬検討 »