« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の26件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。予定していた3月2日(日)小倉の芝2000mは予想していたよりもずっと混雑した状況となり、入りそうな3月2日(日)京都の芝2400mに目標を切り替えて投票しましたが、抽選で除外されました。3月8日(土)阪神の芝2000mに目標を切り替えています。

京都ではなく阪神の書き間違いですが、出馬投票はしたようです。
となれば仕方ないのですが、除外予想はあてにならないようです。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。仕上げに入ってからも順調です。中間に行われたハロン15秒を切る追い切りでも及第点の内容でした。馬体の維持やテンションの高さに配慮して進められ、態勢は整ってきています。近日中にも入厩する予定です。

鉾田では順調とのことですが、当てにならないので、期待せずに復帰を待ちます。
出走結果が全てを語ってくれるでしょう。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによると、フレスコ、今週は出走しません。
阪神競馬は除外対象ではなかったので、ハナから出走する気ではなかったのでしょう。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
阪神競馬 3月2日(日)4R 3歳未勝利 芝2400m 幸英明
小倉競馬 3月2日(日)4R 3歳未勝利 芝2000m 未定

馬三郎では阪神競馬への想定はありませんが、騎手も確保できているのなら出走できるといいのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆マイネレーヌの12
マイネレーヌの12は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。左前肢内側の骨瘤のほか、ソエも出かかっていますが、いずれも騎乗には支障のないレベル。若干トモに疲れを感じますが、程度は軽く、今は回復を促すよりも鍛える方を優先したい時期です。追い切りでは脚を長く使って、ゴール まで走り切っています。馬体重は456キロ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。小倉の馬房の都合があり、滞在できずにトレセンへ戻っていますが、特に目立った疲れはないようです。「直線でけっこうもたれていたのでハミを替えるなどしてみます。状態は問題ないですね。中1週でも大丈夫でしょう」と梅田調教師。3月2日(日)小倉の芝2000mへの出走も視野に入れ、調整が進められています。

気性面が課題なのに、中1週で使っても意味がないように思うのですが…
せめて鞍上を替えてほしいのですが、これも無理でしょうねえ。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。調教を少しセーブした効果でようやく馬体がふっくらしてきた印象です。馬体の回復を促しながらも順調に進められ、体力もついてきたので仕上げに入っています。

こちらは時間をかけるようです。かけるしかないか。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
到着後はウォーキングマシンの運動で調整しています。左前脚の球節部の小さな傷から感染してフレグモーネを発症してしまいました。元々ゆっくりさせるつもりでしたし、治まるまでは楽をさせます。現在の馬体重は514kgです。

ここで病気発症。これでは春は無理かもしれませんね。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走除外

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月20日(木)浦和2R・3歳100万円以上195万円未満・距離1400m戦へ投票しましたが、残念ながら除外となってしまいました。※雪で中止になった馬よりも、先週の船橋で除外の権利を持った川崎の馬が優先的に入っています。

ということで、残念ながら除外となりました。
優先出走権などわかりませんが、出走できるまで、登録し続けるしかないですね。
来週は大井、その次は川崎ですか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬のレース後の関係者コメント。

◆フレスコ
丹内騎手「前半に急がせず、終いを活かそうと思ったのですが、ハミ掛かりがいまひとつだった前半は進んでいかず、馬群から離されてしまう格好に。途中からスピードに乗り、向正面で差を詰め、反応もしてくれたのですが、直線では内にもたれてしまい、伸びそうで伸びきれなかったです。馬場ももう少し軽い方が良いのでしょうか」

梅田調教師「反応できなかった前走と違い、今回はその点問題なかったのですが、出走間隔があいたためなのか、レース中盤なってようやくエンジンがかかる感じでした。そのあたりはここを使って改善して欲しいもの。この後は小倉に滞在せず、トレセンへ戻す予定でいます」

| | トラックバック (0)

優勝記念写真撮影

先週の京都競馬で見事に勝ちあがったマトリョーシカの優勝記念写真が早くも郵送されてきました。
約2年振りの中央競馬での勝ち星・口取りなので、勝利の感慨にひたっています。これが私の最大の楽しみなものでして(笑)

あらためて、私はこれで口取りが都合24回目になりました。
社台・サンデーでは出資馬が優勝すると、ゴール前と口取り馬の写真が無料で郵送されてきます。
この郵送写真には各競馬場の取扱い業者の有料写真の案内チラシも同封されているのですが、案内チラシにははめ込み写真でどんな写真なのかわかるようになっています。
これを見て、私はいつも会員入りの口取り写真と別のゴール前写真(2Lサイズ)を購入するようにしています。
さらに特別戦などの大きなレースであれば競馬ブックからアルミ枠付のゴール前写真(A4サイズ)を購入しています。
レース映像DVDはさすがに自分が表彰台に立ったアンソロジーの特別戦しか買ったことがありません。

さて、ラフィアンで今週出走のストラーノで口取りの申し込み方法が抽選に変更されたようで、一口馬主掲示板等で話題になっています。

基本的に口取りの申し込みは先着順のラフィアンですが、最もクラシックに近かったチャールズで申し込みが殺到し、先着順から外れた会員から苦情がさらに殺到したため、例外的に抽選になったのですが、それ以来、口取り申し込みは、基本は先着順で、場合によっては抽選になった経緯があります。
早い話、先着順の申し込みが外れて苦情があれば、抽選に切り替わるという、何ともいえない申し込み制度だと理解しています。
2頭目はその後長らく現れなかったのですが、今回ストラーノがその例外となったようです。まさか1000万条件戦で苦情が出るとは思いませんでしたが(笑)

たまたま先着順の申し込みに外れると仕方ないで済まされ、多くの会員なり声の大きな会員が文句を言うと方法が変更され、抽選になったらなったで、公正な抽選がどうかまで不信感を招く、どう転んでも不満を呼ぶ申込方法変更ですが、こんなことになるのはわかっていたことです。
知り合いのチャールズの会員さんで抽選に当たったり外れたりで話題になっていたので、私はよく覚えていたのですが、一口馬主掲示板をみると、多くの方はその時のことを覚えていなかったのでしょうか。
失礼ながら他の会員さんのブログでもこの話題をみかけたので、何だかなあと思った次第です。

そうそう、その一口馬主掲示板ネタですが、私ならもちろん1万円で額付写真付きなら喜んで口取りの申し込みをします。口取り権利付きで写真が定価よりも安いんですからね(笑)

| | トラックバック (0)

競馬開催中止

私の地元関西でも先週末、今週末と大雪となっていますが、首都圏を中心に東日本で記録的な大雪になっています。
被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げますが、ここは競馬のブログなので、お気楽なことは承知のうえで、競馬のことを書きます。

中央競馬では東京競馬で開催中止が相次ぎ、日程がとんでもないことになっています。
先週の土日が開催中止で、10日(月)・17日(月)に代替競馬、この土日とまたも開催中止で、18日(火)・24日(月)に代替競馬となりました。
こんな変則日程は、競馬を始めてまだ20年弱ですが、記憶にありません。
開催者も大変でしょうが、出走させる関係者も大変かと思います。
開催者は出走馬の数がそろえばレースになるというものの、出走馬を維持管理する関係者は出ればいいという訳でもありませんからねえ。

今回の大雪、私の出資馬・共有馬でも無縁ではなく、レイクマッケンジーが1か月準備して出走するはずだった10日(月)の船橋競馬が開催中止になってしまいました。
代替競馬もないので、やむを得ず来週20日の浦和競馬出走を目指すことになったのですが、運よく出走できることになっても、この大雪でちゃんと開催されるのか心配になってきました。

| | トラックバック (0)

フレスコまたも惨敗

フレスコ、小倉競馬第4R芝2000mに出走しました。

前走ブービーと惨敗に終わったフレスコ、最近では珍しく栗東の外厩に一旦短期放牧に出して、約2か月振りの出走となりました。
そろそろ結果を出したいフレスコ、この日は二桁着順馬が多い弱面子レースだけに上位進出を狙いたいところ。
事前予想では結構良いようでしたが、裏開催とあって丹内騎手起用で期待薄、自宅でグリーンチャンネル観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は前走変わらず486キロ。映像では特に様子変わらず。
予想はそこそこ印がついており、これを受けて人気は単勝10.8倍の4番人気と好評価。

さてレース、スタートからフレスコは大きく出遅れ。正面を通過し、1角に入るところで後方からかなり離されてしまいます。
その後もさらに離され、向正面では大差の最後方でレース進行。
3角に入るあたりで何とか集団にとりとき、3~4角を大外を周って追い上げます。
直線ではさいらに追い上げ、集団でゴールになだれ込みますが、最後は9着で入線しました。

スタートで出遅れ、さらに大きく引き離されと、これまで以上にレースになっていませんでした。
スタート後は映像ではほとんど姿が映らず、切り替わった向正面の全体画面で、大きく離された姿には呆然。
元々気性難の馬だけに騎手がうまく制御しないとまともなレースができないようです。
丹内騎手の技量では到底望むべくもなく、今後もまとまな騎手の起用がないとなれば、気性面での修正が望まれるところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、2月15日(土)小倉4R・3歳未勝利・芝2000mに丹内祐次騎手で出走します。12月の阪神で出走後はいったんトレセンを離れて1日(土)に戻りました。ほぼ2ヶ月ぶりのレースとなりますが、先週、今週と順調に追い切られ、状態は整っています。前走はテンションが上がっており、発汗が見られました。レース間隔をとって立て直した効果に期待しています。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。飼い食いがそれほど悪いわけではありませんが、一定以上からなかなか体が増えて来ない状態です。テンションの高さが影響していると思われ、少し調教をセーブしながら進めています。もう少し様子を見てからペースを上げて行きます。

◆マイネレーヌの12
マイネレーヌの12は、真歌トレーニングパークに滞在中。予定どおりに昼夜放牧を切り上げて、1月下旬から坂路での騎乗を再開しました。順調に進められています。主任は「促してすっとギアが変わる訳ではありませんが、追い切りではスピードの持続力があるところを見せています」とコメントしていました。馬体 重は462キロ。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、予定通りに出走が確定しました。

◆フレスコ
小倉競馬 15日(土) 4R 3歳未勝利 芝2000m 丹内祐次 18頭

前走二桁着順馬が揃った弱面子のレースとなりました。同じ二桁着順とはいえ、一度入着したフレスコでも成績上位です。
鞍上も減量騎手揃いで、これでフレスコの鞍上も一線級なら期待できるのですが、丹内騎手では…
この時期の小倉開催は勝ち負けできそうなら必ず観戦に行くのですが、さすがに今回は見送りです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台サンデー公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
来週2月20日(木)浦和2R(11時20分発走予定)・3歳100万円以上195万円未満・距離1400m戦への出走を予定しています。

浦和競馬での出走を目指します。どんな状況かわかりませんが、出走できますように。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
小倉競馬 15日(土) 4R 3歳未勝利 芝2000m 丹内祐次

予定通り小倉競馬での出走を目指しますが、やっぱり鞍上は丹内騎手ですか…    

| | トラックバック (0)

社台クラブホームページリニューアル

社台・サンデー・社台グループオーナーズの公式ホームページがリニューアルされました。
セキュリティを高めること、スマホ対応することが目的とやらで、デザイン、画面イメージも一新されたのですが、サーバーの切り替えに何故か3日もかかって今日から新しいサイトを見ることができるようになったものの、これが出来が悪い。

まず、キャッシュを削除しないと工事中のページが表示されっぱなしで、新しいホームページを見ることができないのはご愛嬌として、SSLなどのセキュリティ機能を高めたためか、会員ページになかなかログインできず、ログイン後の展開も非常に重い。携帯では使い物にならない程です。ネットバンキング等のサイトではあるまいし、ここまで厳密にする必要があるんでしょうか。

肝心のコンテンツは、これまで簡単に思うところを見ることができていたのが、一覧性がなくなってしまった感。慣れない以上に操作性が悪いとか思えません。
新しいサービスが、出資馬のレポートメール配信と経費と配当明細がダウンロードできるくらいで目新しいものがないので、会員にとって、リニューアルして良くなったところが見当たりません。

ということで、一口馬主掲示板でも極めて評判が悪いようです。
そのうち慣れるところもあるでしょうが、何でこんなリニューアルをしたのでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月10日(月)船橋6R・3歳150万円以上247万円未満・距離1600m戦は雪で中止となり、来週の浦和戦へ出走する予定です。

ということで、出走取り止めで、来週の浦和競馬出走を目指します。
10日に事務所に電話をかけて確認したところ、船橋競馬所属馬なので、他場では登録しても除外濃厚とのこと。
この時期に出走できないとお話しにならないので、今開催の番組変更を要望したそうですが…

| | トラックバック (0)

船橋競馬開催中止

船橋競馬公式サイトのニュース。

◆2月10日(月)の開催中止について
明日、2月10日(月)の開催につきましては、2月8日の降雪の影響により、安全な競馬の施行に支障があると判断されるため、競馬開催を中止いたします。
なお、この日の代替開催はありません。

昨日今日と降雪のために東京競馬が開催中止になったので嫌な予感がしていたのですが、船橋競馬も中止になってしまいました。
施行に支障があるとしていますが、中央競馬の代替競馬開催日となれば無理に開催する必要はありませんからねえ。

レイクマッケンジーが出走予定だったのですが、代替開催もなく、せっかく1か月待ったのに、ふいになってしまいました。
多分開催中止による出走取消手当てがあるかと思いますが、この時期はレースに出走することが第一なので、これでは困ってしまいますね。
いまだに南関東競馬での出走手順がわからないのですが、他場での出走はできないものなんでしょうか。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ初勝利

マトリョーシカ、京都競馬第3Rダート1800m牝馬限定戦に出走しました。

新馬戦4着のあと、NFしがらきでの短期放牧を挟んで中3週での出走となったマトリョーシカ、今日の相手はほとんど入着級の馬がいない弱面子、ここでは勝ち負けを期待したいところ。
京都開催なので、口取りを申し込んでの現地観戦。
大雪のため1時間遅れでの出走となり、みぞれ交じりの雨の重馬場とコンディションは最悪。

パドック、マトリョーシカは馬体重が前走比-12キロの490キロと大幅に馬体減。
すっきりした馬体で、調教で絞ってこれたのなら好印象。
予想は全体に良く、競馬ブックでは印の厚い本紙▲。
人気は上位で割れ、最終的に単勝3.3倍の1番人気。1番人気ではロクなことがないので嫌な予感も。

さてレース、各馬そろったスタートから、マトリョーシカは出ムチを使い押して先行、集団3番手あたりにつけます。
1~2角を周って向正面も位置取り変わらずに3番手でレースを進めます。
3~4角から直線に入り先頭に立っての直線勝負、後方から追い込んできた8号馬が並びかけ、一騎打ちとなりましたが、これをしのいでそのまま先頭でゴール、初勝利を上げました。

前走レースでは出遅れての終盤の追い込みを見せたので、この日は先行をと思いましたが、鞍上の浜中騎手がこれに応えて、出ムチを使いきっちり先行、この日の先行有利の馬場と見合って、見事に勝ちあがってくれました。
直線では一時は並ばれ、これは駄目かとも思いましたが、粘りきってくれ、良い勝負根性も見せてくれました。

マトリョーシカはデビューが遅れましたが、2走目できっちり勝ってくれて一安心。
この時期に勝てたので、一度は芝でクラシックに挑戦してもいいかもしれません。
なお、社台・サンデーでは通算9頭目にしてようやく3頭目の勝ちあがり、勝った馬は全て2走目での勝ち上がりで、やはり良い馬と駄目な馬がはっきりしていますね。

余談ですが、前夜からの降雪で、朝起きると自宅周辺は大雪。車も動かせないような状態で、近辺の高速道路も通行止め。
当然競馬開催も中止と思いましたが、出走時間を遅らせて開催ということで、車だと1時間強で到着するのですが、公共交通機関だと2時間半かかってしまうので、あわてて自宅を出て、最寄り駅まで雪の中を歩いていき、電車で競馬場に向かいました。
雪の中の出走遅れや、定刻に間に合うかとひやひやしながら競馬場に向かうと、大抵は好結果になるので、そのジンクスが当てはまったことになります。
何はともあれ勝って、久し振りの口取りも出来てやれやれでした。

サンデー公式サイトによるレース解説です。

◆マトリョーシカ
2/8(土)京都3R・ダート1800m(牝)戦に浜中騎手で出走、馬体重は前走から-12kgの490kgでした。五分のスタートからムチを入れて気合いをつけ、好位3番手のポジションでの競馬となりました。道中も流れに乗ってリズムよく追走していき、3~4コーナーでは3頭が横並びになった形の真ん中から抜け出しをはかりました。先頭に立って直線へ向くと、脚を伸ばしてきた馬との馬体を並べての追い比べとなりましたが、最後まで粘りきって1着でゴールイン、見事1番人気に応え、初勝利を飾っています。勝ちタイムは1.52.8、2着馬とはクビ差でした。騎乗した浜中騎手からは「今日はスタートから積極的に行くつもりだったので、ゲートを出てからスッと前に行きました。ただ、まだ体力がつききっていなくて、道中ではフラフラと走っているところもありました。それでも、直線ではいったんかわされているのですが、そこから差し返してくれました。とても勝負根性のある馬ですね。今日はうまく勝てましたが、まだまだじゅうぶん成長の余地がある馬です」とのコメントがあり、また吉村厩舎の調教助手は「マイナス体重でしたが、馬体は絞れていて、これくらいでよかったと思います。体質面で弱いところがあり、まだ調教で攻めきれないところもあるのですが、ここでひとつ勝ったので、ゆっくり成長を促すことができるようになってよかったです」と話していました。なお、レース後、2/8(土)中にNFしがらきへ放牧に出ました。レース後の疲れを癒しつつ、リフレッシュを図ることにします。

| | トラックバック (0)

今後のラフィアンとのつき合い方

先日ラフィアンの新規出資を申し込みました。
一口馬主掲示板では丹内騎手起用についての堂々巡り、たまに見る会員さんのブログでも文句等々と、相変わらずクラブ批判が絶えないラフィアン、私は3年前に新規出資しないと表明したのですが、新たに出資した訳で、このあたりで今後のラフィアンとのつき合い方を整理しておきます。

一口馬主を始めるに当たって多少ともなり検討し、入会したラフィアンですが、全ての点で満足がいくクラブなどあるはずもないのは承知のうえで、現状では納得いかないことばかりのクラブになってしまいました。

私にとって一口馬主となった目的は、特定の馬と関わりを持ち、競馬場でレースを観戦し、勝ったら口取りをして喜びに浸ることにあります。
一言でいって、馬主の擬似体験、”馬主ごっこ”をしたいのです。
しかし、ラフィアンの美浦厩舎と特定騎手への偏重は、この楽しみを大きく奪うようになってしまいました。また、肝心の成績の方も、すっかり低空飛行で落ち着いてしまいました。

厩舎は元々美浦偏重ですが、栗東厩舎の預託数は増えもせず、成績上位の有力厩舎に変わることもありません。
4年前に丹内騎手の起用が急増した時から騎手起用の偏重はさらに加速し、今や柴田大知騎手、丹内騎手の2人だけで全レースの半分までも占めるようになっています。
クラブ側は特定騎手の重用のメリットだけをことさら重視し、変えるつもりは全くないようです。
クラブの方針としては、悪い気味で首尾一貫しており、これからも変わることはないと思われます。

ということで、”馬主ごっこ”としての面白みは増えそうにもありません。
新規出資しないことは、当時クラブとのやりとりでさすがに頭にきたのと、抗議の意図もあって決めたことです。
当然ながら一会員の私ごときの抗議は全く受け入れられず、今に至っている次第ですが、ネットで見る限りでも引き続いて会員離れは続いているようです。
今年限りで永年有効の補償もなくなるので、ここで区切りをつける会員も多いかと思います。

さて、私は今では社台・サンデーに軸足を移していますが、何せ40口クラブなので、扶養家族がいないとはいえ、ただのサラリーマンでは資金繰りが厳しいのが正直なところです。
選馬眼がないうえ、運もないようで、なかなか良い馬にめぐり合えず、累積赤字も相当になっています。
一時はやめようかと思ったこともありますが、クリスマスキャロルがエリザベス女王杯に出走してくれたので、気が変わりました。あと3年間は、年100万円くらいの予算で続けるつもりです。

それでラフィアンですが、何といってもソーサリスが重賞制覇という一口馬主としては特上の喜びを与えてくれ、クラブとしてもやはり愛着もあります。
今後は、牧場見学でソーサリスとその産駒も見守っていきたいので、毎年出資するかどうかはともあれ、しばらくは会員は続けていきたいと思っています。
社台・サンデーだけでは出資頭数も限られ、現地観戦派の私としては面白みに欠けるので、今年は出資することにしました。
13年産駒では、ステイゴールド×ソーサリスの牝馬に出資するかどうかだけ考えるつもりです。

しばらくは会員を継続しますが、騎手起用やサービスなどの運用面では期待していません。期待するとストレスがたまるだけです。成績を含めてその程度のクラブだと思ってつき合っていつもりです。
なお、顔見知りの会員さんもそれなりにできたので、会員さんとの交流など、情報収集には引き続き努めていきたいと思っています。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆インコグニートの12
引き続き順調に調教が行われています。現在は週2日坂路コース(1000m)に入り1本、ハロン17~19秒ペースで乗っており、週4日は周回コースにてダク1000m、ハッキングキャンター1000~2000mのフラットワークに終始しています。加えて、昨年末には坂路コースで終いにかけてハロン15秒ペースで乗る強め調教も消化しており、ここまで順調に調教が進められています。母の産駒らしく調教中はややテンションの上がりやすい面が出てきましたが、普段は変わらず大人しい馬です。この時期の若駒とあってトモがまだ緩い影響で、少しモタれて走る面はあります。同時に肢捌き少しが硬さがありますが、基本的には乗りやすい馬で、背中が柔らかいことに好感が持てます。今後も牧場で入念に乗り込んでいきながら素質をしっかり伸ばしていきます。現在の馬体重は446kgです。

引き続いて順調です。まずは順調に…

◆アンソロジーの12
本馬は父の産駒らしくハミ受けが敏感で、テンションが上がりやすいため、精神面に注意しながらの調整を行っていました。トレッドミル(馬用のランニングマシン)運動と屋内坂路コース(900m)で乗って、筋肉量も増えてきて数字にも現れてきました。しかし1月下旬に左後肢の飛節部分に腫れと熱感があり、現在はウォーキングマシン運動に落として様子をみています。必要な治療を行い、患部の状態が完全に治まるまでは無理をしない方針です。現在の馬体重は439㎏です。

前月に引き続いてますます怪しくなってきました。
この時期の調教をこなせいどころか故障まで発症とは先行き不安です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。入厩後も順調に進められており、5日(水)には坂路で追い切られました。計測開始地点の前からスピードに乗せてラストを12.6秒でまとめる内容で負荷をかけています。芝のレースが多く組まれていて、メンバーがばらけやすい小倉を視野に入れており、15日(土)の芝2000mが目標です。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。馬体が回復してきたことを受けて、中間から坂路での騎乗を始めました。若干テンションは高めですが、問題なく進めていけそうなレベル。主任は「欲をいえば、もう少しふっくらするのが理想ですが、細いわけではないので順調に乗り込めています」と述べていました。

フレスコは次走出走予定が明示。順調に出走できるといいのですが。
グリンダはどこまで上積みできるかが課題ですが、期待薄…

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走予定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月10日(月)船橋6R(13時50分発走)・3歳150万円以上247万円未満・距離1600m戦への出走を予定しています。

11日の建国記念日に出走するようであれば、見に行こうと思っていましたが、そうそう都合よくいきません。
公式サイトの番組表をみると、出走できるレースが今開催でこのレースだけしかありません。
距離も伸びたのですが、番組に合わせるしかないようですね。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走確定

マトリョーシカ、予定通りに出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
2/8(土)京都3R・ダート1800m(牝)戦に浜中騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。なお、このレースは当初予定していた1Rから3Rに変更となっています。

出走成績を見ると、新馬戦4着のマトリョーシカでも成績上位、2走目ということで、ここは頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走予定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
2/8(土)京都・ダート1800m牝馬限定戦に浜中騎手で出走を予定しています。想定ではフルゲートが見込まれていますが、優先出走権があります。(水)はコースで追い切ったところ、前走よりも動きはよくなっているとのことです。

何とびっくり、帰厩したばかりのマトリョーシカ、早速出走です。
ラフィアンでは常套手段の10日競馬をここでやってくるとは思いませんでした。
体調面で不安のある馬だけに大丈夫なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月10日(月)からの船橋開催での出走を予定しており、この中間は1月31日(金)に澤田騎手が跨り、4Fから52.0-38.7秒の時計を馬なりでマークしています。

| | トラックバック (0)

税務書類

社台・サンデーから「匿名組合契約の利益分配金の所得税申告資料」、社台グループオーナーズから「共有馬収支明細書」が届きました。

長々と文書名を記したように、一口馬主のファンド馬と共有馬では書類が異なります。
初めての共有馬の方は、収得賞金等が収入、預託料・保険料・事務費・減価償却費等が経費となった収支計算書です。
収得賞金から引き去れた源泉徴収額については、収支がマイナスであれば還付してもらうことになります。
税務の教科書通りで単純明快ですね。
ちなみに国税庁の税務処理のサイトでは、保有頭数により事業所得か雑所得か判定するのですが、共有馬は雑所得扱いになるようです。

一口馬主のファンド馬の方はあいかわらずです。
すっかり忘れていましたが、クリスマスキャロルの精算金が計上されています。
ちょっとした金額なのですが、1年遅れで確定申告して還付される訳で、やれやれといったところです。

ところで、投資している証券会社等から各種金融資産の源泉徴収表等の書類が届いているのですが、証券会社の担当さんに聞いたところ、1月末に届けるのが原則だそうです。
いつまでたっても届かないラフィアンは金融ファンド会社として大丈夫なのでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »