« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の19件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。予定どおりに中間から坂路での騎乗を開始しました。初めての滞在なので、初日は馬装の際からかなりのうるささを見せていましたが、徐々に慣れてきています。主任は「まだ集中力が欠けていますが、徐々に改善してくるでしょう」と話していました。

◆グリンダ
マイネグリンダは、先週末に鉾田に移動することになっていましたが、28日(金)に延期になりました。蕁麻疹の治療に時間がややかかり、軽い腹痛も重なったことによるものです。もう問題のない状態。福島開催での出走を視野に調整を進めていきます。

◆リコルド
マイネルリコルドは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。1、2月には定期的に追い切りを課して強い負荷をかけてきました。3月に入ってからは16秒前後のペースにとどめ、次回の仕上げのステップに備えています。ゲート練習も消化中で、駐立した状態で前扉を開閉して慣れさせる訓練を問題なくこなせています。主任は「背中やトモに若干の疲れがありますが、この程度なら進めていっても問題ないでしょう。馬体はようやくふっくらとしてきました」とコメントしていました。馬体重は479キロ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、15日(土)ビッグレッドファーム鉾田に到着しました。馬体チェックで異状はなく、ウォーキングマシンによる運動を行っています。目立った疲れがないことから、近日中にも騎乗を始める予定です。

◆グリンダ
マイネグリンダは、レース後、蕁麻疹が出ています。使ったことによる疲れが回復していないのか、抵抗力が落ちているようです。「ある程度症状が落ち着いてから移動させます」と手塚調教師。治療を済ませ、21日(金)に移動します。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
トレッドミルの運動から角馬場での騎乗調教へと進めて、様子を伺っていました。右後脚の歩様も悪くないことから、いまは坂路コース(800m)でハロン20秒くらいのペースで乗っています。いい方向に向かっていますので、この調子で入厩態勢を整えたいものです。現在の馬体重は518kgです。

| | トラックバック (0)

ちょっと成績回顧

レイクマッケンジーが特別戦に勝ち、現時点で3戦2勝、大外れではなかったようで、一安心しています。

さて、よく見る一口馬主掲示板の社台スレで、先日当たり外れの話から、外ればかりを引いて、1頭出資から複数頭に出資、あげくに地方オーナーズ馬にも手を出して云々という書き込みがあったのですが、私もこれに近いなあと思いました。

振り返ると、私は社台に入ってからこれまで9世代12頭に出資しています。
成績といえば現役10頭中、勝ち上がった馬はようやく4頭で、地方含めて8勝。
3歳馬2頭が勝ってくれたおかげでこれでもマシになっていますが、はっきり言って悲惨な成績です。

オルフェーヴルなどは別格として、オープン馬や黒字馬を小当たり、重賞馬を中当たり、GIを勝って数億円稼ぐような馬を大当たりとすると、私の過去の出資馬はクリスマスキャロル1頭だけが小当たりで、アンソロジーを除く馬は未勝利で大外れ状態。
累積赤字は、高級外車が楽々購入できる金額になっています。
自分のホームページでも最近は収支を載せていません。
趣味といえばそれまでですが、周囲の人に実情をいえばあきれられるのは必至です。
レイクマッケンジーも南関東のAクラスまで進んでくれると嬉しいのですが、今後どうなるでしょうか。

ところで、気がつけばラフィアンの成績も悲惨なことになっています。

最初の6年間で、12頭中9頭勝ち上がり、勝ち星は20勝、収支は多少赤字の程度と好成績であったのが、今の3歳馬がこのまま未勝利に終わると、この6年間で9頭中でわずか1頭、しかも1勝しか勝っておらず、通算では21頭中10頭と勝ち上がりが5割を切ってしまう体たらくに陥っています。
冷静になってみると、やはり見切りの頃合いとしか思えず、なんで今年新規出資したんでしょうね(笑)

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー特別戦勝ち

レイクマッケンジー、船橋競馬第7R花見月特別ダート1600mに出走しました。

2月の出走予定レースが大雪のため中止となり、貴重な出走機会を失い、前走から2か月振りの出走となったレイクマッケンジー、賞金を加算するため、特別戦に出走することに。ここで勝って今後につなげたいところ。

年度末なので仕事を休む訳にもいかず、携帯で知った結果は、見事に優勝。

帰宅後にネットでレース観戦。
レイクマッケンジーはまずまずのスタートから先頭の馬にぴたりとつけて、2番手でレースを進めます。
3~4角を周るところで3頭での競い合いから、直線で抜け出し、最後は後続馬を突き放しての快勝でした。

勝った内容も良く、次走以降が楽しみになりました。
今日のレースは賞金250万円、これを加算して、今後が広がりました。

社台グループオーナーズ公式サイトによる詳しいレース解説。

◆レイクマッケンジー
3月17日(月)船橋7R・花見月特別・3歳(一)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走しました。馬体重はプラス1kgの494kgでした。まずまずのスタートから内からハナを主張する馬を行かせて、道中は2番手に落ち着きました。その後、勝負どころの3~4コーナーでは先団3頭が雁行状態になりましたが、直線では手応え良く抜け出し、最後は後続に3馬身差を付ける完勝ぶりでした。勝ち時計は1分45秒2でした。澤田騎手からは「まだ精神面で子供っぽいところがありますので、道中は他馬と併せる形で気を抜かせないように気をつけました。きょうは完勝だったと思います。」と、川島正一調教師は「まだ体質面で弱いところがありますし、大事にしながら使っていきたいと考えています。今後は賞金的に出走が叶うようであれば、5月8日(木)船橋・東京湾カップ(S3・1700m)を目指す予定です。」とのコメントがありました。

大事をとって期間をあけたうえで、次走は東京ダービートライアルに出走するようです。
もっと数を使ってほしいとも思いますが、この時期なので、南関クラシックに挑戦するのも貴重な経験かもしれません。
優勝賞金1000万円の南関重賞、何とか現地まで見に行きたいものです。

| | トラックバック (0)

グリンダ3走目も惨敗

グリンダ、中山競馬第5R芝2200mに出走しました。

12月にデビューするも2走続けて二桁順位と惨敗続きのグリンダ、一旦放牧に出して約2か月振りで3走目に挑みます。
馬体が寂しく、レースでは全くいいところがなかったので、どれだけ成長しているかに注目。

グリーンチャンネルでの観戦、馬体重は前走比+4キロの428キロと、見た目も数字上も成長はあまりなし。
人気は全くなく、単勝235.4倍の14番人気と全くの圏外扱い。単勝200倍超えはあまり記憶にない。

さてレース、グリンダは、まずまずのスタートから集団の真ん中あたりにつけます。
そのまま正面から向正面と位置取り変わらずレース進行。
3〜4角を周っての直線、各馬スパートも先行勢についていくのがやっとで、最終的に優勝馬から1.7秒差の18頭中10着に終わりました。

馬体の成長が見られず、レース内容もこれまで同様に集団の追走が精一杯で、見るべきものは全くありませんでした。
今後馬体の成長でもない限り、これ以上はいくら走っても同じことの繰り返しだと思います。これで引退か、次走あたりで引退でしょう。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

柴山騎手「きょうは前が残る展開になってしまいました。結果的には前半もっと促していってもう一列前のポジションをとっておけば、もう少し上位争いに加われたかもしれません。素直で乗りやすい馬です。折り合いは問題ないですし、ラストもしっかり伸びてくれていますのでこの距離もあっているのだと思います。むしろ、もっと長くても対応できそうな印象を受けました」

手塚調教師「前回の競馬を見て、この距離に適性があると判断して使いました。騎手は『前半もう少し積極的に乗っていれば』と言っていましたが、これは展開のあやでもありますので仕方のないところだと思います。今後は、平坦コースで芝の長めの距離のある4月の福島開催を使うつもり。ただ、厩舎の馬房の都合があり、2週間程度、鉾田へ出して調整してもらいたいと考えています」

近日中に鉾田へ移動予定です。

コメントを読むと、それほどの惨敗とは思っていないようで、これで引退とはせず、まだ走らせるようです。
出資者としてはありがたくない話ですが、しばらく期間を置くなりして馬体と競走能力の成長を促すくらいしか対処はなく、この状態でいくら走らせて無駄だと思うのですがねえ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、前走の返し馬でバタバタしていたようにテンションが高くなっており、軽くリフレッシュさせることになりました。近日中にビッグレッドファーム鉾田に移動して、少し楽をさせてから騎乗を始める予定です。

◆グリンダ
マイネグリンダは、3月16日(日)中山5R・3歳未勝利・芝2200mに柴山雄一騎手で出走します。順調に調整が進められ、2ヶ月ぶりにレースを迎えま す。入厩後は9日(日)、12日(水)と順調に追い切りを消化。「調教の動きは相変わらずですが、状態は問題ないです。前走の内容から長めの距離も向いて いると思います」と手塚調教師。ここでさらに一歩前進して欲しいものです。

◆リコルド
マイネレーヌの12は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗を継続しながら、トモの疲れは取れてきました。中間も順調に追い 切りを消化しており、ゴールまでしっかりと動けています。引き続き、骨瘤やソエも落ち着いた状態。今後も思いどおりに進めて行けそうです。馬体重は458 キロ。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
3月17日(月)船橋7R(14時00分発走)・花見月特別・3歳(一)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走します。8頭立ての8枠8番です。※出走頭数の関係でレースと発走時刻が変更になっていますので、ご注意ください。追い切りは3月13日(木)にフルーツサンデーの外で5Fから66.3-50.3-37.6秒の時計を一杯に追われてマークしています。澤田騎手からは「まだ幼さは残りますが、状態はかなり良くなってきています。距離も問題ないですし、頭数も手ごろなので好勝負になりそうです。」とのコメントがありました。

無事に出走が確定しました。比較的小頭数のレース、それほど強い相手もいなさそうで、久し振りのレースだけに頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

グリンダ出走確定

グリンダ、予定通り出走が確定しました。

◆グリンダ
中山競馬 3月15日(土) 5R 3歳未勝利 芝2200m 柴山雄一 16頭

同クラブ馬のミランダスに柴田騎手が乗ることになったので、鞍上が替わりました。
同馬は除外対象だったので、ラフィアンの想定がおかしいですね。

なお、近況をみると、ミランダスは平地でのレースを見限られ、障害に向かうことが決まっているようなので、そんな馬にラフィアンお抱え騎手では格上の柴田騎手が乗り替わるということは 、グリンダの扱いもその程度ということでしょう。
おそらく成績を残せなければ、後2,3回走らせて、引退かと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆グリンダ
中山競馬 3月15日(土) 5R 3歳未勝利 芝2200m 柴田大知

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
3月17日(月)船橋9R(15時10分発走)・花見月特別・3歳(一)組・距離1600m戦への出走を予定しています。

出走レースが決まりました。特別戦に出走するようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬のレース後の関係者コメント。

◆フレスコ
バルジュー騎手「過去のレースVTRを見てスタートが遅いこと、差し脚を活かすにしても、直線を迎えるまでにある程度の位置にいなければならないのは把握していました。しかし、スペースが見つからず、思っていた通りにう乗れない結果となってしまって。外へ切り返すか、内へ入れるかの判断を迫られたとき、右にもたれる特徴を考慮して内を選択。もたれながらも伸びていたので残念な結果でした。せめて中団まで進出できていれば、もっと良いレースになっていたはずです。距離はこれくらいでも問題ないですが、さらに延びても対応できそうな感じを受けました」

梅田調教師「スタートの出がいまひとつで後方からになるのは想定していたのですが、進路を見つけられず、ちょっとかわいそうな競馬でした。ただ、テンションがかなり高くなってきています。返し馬でもバタバタしたとこが多く見受けられました。軽くリフレッシュさせることも含めて今後を検討します」

| | トラックバック (0)

フレスコやっぱり惨敗

フレスコ、阪神競馬第5R芝2000mに出走しました。

前走出遅れから追い込むも惨敗に終わったフレスコ、中2週での出走。
気性面が難があるだけにどこまで修正できるかが課題。
調教では一定の動きを見せており、何とか入着は期待したいところ。
地元開催なので、口取り申し込みをして現地観戦。

パドックのフレスコ、激しく首を上げ下げし、引き手に押さえられながらの周回で気性面では悪くなる一方。
馬体重は前走比-8キロの478キロと馬体は絞れた感。
競馬ブックの予想では無印。単勝20.8倍の9番人気とそこそこの人気。

さてレース、フレスコはスタートでまたも後手を踏み、集団最後方に。
1~2角を周り、向正面も変わらず最後方。ただし、全馬が一塊で、最先方からもそれほどの差はなし。
3~4角を周っての直線、追い込みにかけますが、周囲のスペースもなく、そのまま変わらず13着に終わりました。

13着とはいえ、優勝馬からは0.7差なので、とんでもない惨敗ではありませんが、やはり惨敗。
ゲート難と行き脚の悪さはあいかわらずで、きちんと走って前方、せめて中団の競馬ができない限り、今後の望みはないものと思われます。
走力自体はそこそこあるようなので、何とか修正するしかないですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、3月8日(土)阪神5R・3歳未勝利・芝2000mにD.バルジュー騎手で出走します。先週除外されましたが、中間はうまく調整できており良い状態が維持できています。5日(水)の追い切りでも普段どおりに動けていました。「通常のハミを使用したのですが、いつもほどもたれず、むしろまっすぐに伸びていました。この感じなら、もう一度同じハミで臨みたいと思います」と梅田調教師。前走はピリッとしませんでしたが、2ヶ月ぶりを一度叩かれた変わり身に期待したいもの。

調教での動きは良いようです。きっちりゲートから出る、真っ直ぐ走るという基本的なことができれば、走力自体はあるので、レースになるはず。ここが正念場です。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ハロン15秒を切る追い切りを消化するなど中間も順調に進められ、6日(木)美浦の手塚厩舎に入厩しました。今後の状態しだいで判断することになっていますが、16日(日)中山の芝2200mを視野に入れています。

入厩しました。こちらはレースでは全く見所がなかったので、どこまで走れるのか。
別の意味で正念場を迎えることになります。

| | トラックバック (0)

出資馬・共有馬近況

サンデーと社台グループオーナーズ公式サイトによる出資馬・共有馬の近況。

◆マトリョーシカ
フレグモーネは治まっていますが、右トモの筋肉が落ちていて、歩様にも力強さを欠いています。前走の疲れがまだ残っているようです。いまはトレッドミルの運動を常歩のペースで行っており、ある程度トモの状態がよくなってから騎乗調教を再開する予定です。現在の馬体重は517kgです。

◆レイクマッケンジー
3月17日(月)からの船橋開催での出走を予定しており、本日3月7日(金)にダイリュウビーナスの外で5Fから70.3-53.4-39.9秒の時計を馬なりでマークしています。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況&社台・サンデー出資馬名決定

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インコグニートの12
この中間は週4日坂路コースに入っており、ハロン18~22秒ペースのキャンターを1日2本乗っています。また、週1日は坂路コース1本をハロン18秒ペースで乗っており、週1日は周回コースでハロン20~24秒ペースのキャンターを乗るフラットワークをメインに行っています。調教中に時折テンションが高くなる時はありますが、普段はそれほどでもありません。現時点でもストライドの大きい力強い走りを見せていますが、トモの踏み込みが良化すれば、さらに良い走りを見せてくれるはずです。ここまで至って順調に進められており、今後も坂路主体のトレーニングを続けてレベルアップを図っていきます。現在の馬体重は448kgです。
※馬名が「インペカブル」(Impeccable 完璧な)に決まりました。

相変わらず順調のようです。最近はネオユニヴァース産駒の調子が良いので、この馬も続いてほしいものです。
馬名は、こんな安馬には勿体ない大層な名前になりました。名前負けしませんように。

◆アンソロジーの12
左後肢の飛節部分には消炎剤を注入し、心配していた腫れの症状も治まってきました。ただし、季節の変わりめでもあるため無理はせず、現在のウォーキングマシン運動を継続しています。騎乗調教を控えているため、現在の馬体重は448kgですが、この休養期間中に馬体の成長をさらに促したいようです。ストレス を溜めることもなく落ち着いているのは良い傾向で、本格的に暖かくなればトレッドミル運動から再開したい方針です。
※馬名が「フェイマスワーズ」(Famous Words 名言集)に決まりました。

こちらは治療に専念、調教が全く進んでいません。この時期にこれでは…
馬名はアンソロジーの連想名ですね。こちらも立派な名前になりました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
この中間も順調に調教が進められており、次走は3月17日(月)からの船橋開催での出走を予定しています。

浦和競馬の除外から近況更新がなかったので、どうなったのかと思いましたが、船橋競馬に出走するようです。
結局大事な時期に、1か月間無駄にしてしまいました。

| | トラックバック (0)

ラフィアン2歳出資馬名決定

ラフィアン公式サイトによると、2歳出資馬名が決定しました。

◆マイネレーヌの12
マイネルリコルド Meiner Ricordo
意味:イタリア語で 冠名+記憶

音としては固めのベタな名前になりました。
ところで、レーヌはフランス語で女王のことですよね。
なんでその仔が記憶なんでしょうか。記憶に残る馬になるようにといったところかな。

ところで、今年からラフィアンの牝馬では冠名がなくなりました。
どんな名前になったのかと思いましたが、各国語で多様な名前がついたようです。
もっともラフィアン全体では牝馬自体が少数派なので、変わったという印象はあまりないですね。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、予定通り出走が確定しました。

◆フレスコ
阪神競馬 3月8日(土) 5R 3歳未勝利 芝2000m D.バルジュー 16頭

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
阪神競馬 3月8日(土) 5R 3歳未勝利 芝2000m 未定

馬三郎によると想定は21頭、除外の可能性があります。

| | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »