« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の30件の記事

宝塚記念観戦

昨日に続いて阪神競馬場に行って、宝塚記念を観戦しました。

テレビ、新聞等で大々的に宣伝が流され、阪急電車の梅田駅でも大きな広告が張り出され、お祭りムード。以前ではこんなことはなかったはず。

宣伝の効果か、最近はさっぱり観客が入らない競馬場でもこの日は場内大混雑。
パドックでは出走馬を見るのに一苦労。レースを見るのも一苦労。
もっとも、私が競馬場に足を運び出した10数年前の宝塚記念では、レースなんかまともに見れなかったように思います。

さて、レースは、ゴールドシップが強い競馬で、史上初の連覇。
鞍上には悪いのですが、あの騎乗では、誰が乗っても勝てたようです。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ昇級2戦目快勝

マトリョーシカ、阪神競馬第7R500万円下・牝馬限定戦・ダート1800mに出走しました。

前走昇級初戦で惨敗したマトリョーシカ、牡馬相手から牝馬限定戦に変えて再度このクラスに挑戦。
成績が超安定している1号馬が強敵ですが、ここでは最低限は入着を確保し、勝ち負け目指したいところ。
私は地元阪神開催なので現地で観戦。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走比-2キロの492キロ。全般にすっきりした印象。
競馬ブックの予想では本紙△とまずまずの予想、人気は単勝15.5倍の7番人気。

さてレース、マトリョーシカはまずまずのスタートから先行、集団2番手につけてレースを進めます。
1~2角、向正面と好位のままレース進行。
3~4角を周り、直線に入ったところで12号馬と2頭抜け出しての追い比べ。
残り200mで先頭に立ち、そのまま12号馬をしのいで、先頭でゴール。昇級2戦目で見事優勝しました。

正直なところあまり期待しておらず、入着してくれればと気楽に思って、先行しても淡々と見ていましたが、直線での叩き合いを見事に制して快勝しました。
新人騎手の騎乗で不安でしたが、先行して楽に走れたのが、勝因だったと思います。
また、初勝利でもそうだったので、この馬自身に叩き合いを制する勝負根性があるようです。

これで4戦2勝、マイネソルシエールのフローラS2着はありますが、3歳のこの時期に2勝したのは出資馬では初めてで、今後が楽しみになりました。
また、社台・サンデーで勝った馬はこれで全て2勝以上、やはり成績が極端です。
なお、久々の4年振りの阪神競馬での口取りでしたが、前走惨敗に会員もあきらめたのか、口取りが私一人だったのにはびっくり。馬主気分での口取りとなりました。

サンデー公式サイトによるレース解説です。

◆マトリョーシカ
6/28(土)阪神7R・ダート1800m(牝)戦に出走、馬体重は前走から-2kgの492kgでした。五分のスタートを切ると、行き脚がついて好位2番手につけての競馬となりました。道中は楽な手応えで追走していき、勝負どころでは前と差を詰めていきました。直線へ入ると進出を開始し、抜け出しを図ると残り200mで先頭に立ちました。最後は2着馬との追い比べになりましたが、凌ぎきって1着でゴール。昇級2戦目で嬉しい2勝目を飾っています。勝ち時計1.51.6、2着とは1/2馬身差でした。
殊勲の松若騎手からは「いい位置で競馬ができましたが、勝負処で集中力を欠いて追っつけ気味になる場面がありました。しかし、そのタイミングでうまく後続の馬が来たことでまた集中してくれました。直線でも追い出してから耳を絞って真面目に走っていなかったのですが、併せ馬の形になったところでもうひと伸びしてくれました。幼さは随所にありますが、とても勝負根性のある馬ですね。ありがとうございました」とのコメントがあり、臨場した吉村厩舎の調教助手は「ここに来て馬がグッとよくなっていたので楽しみにしていました。カイバ食いが減らず体調もよさそうなので、このまま続戦することになると思います」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆インペカブル
この中間、週3日は坂路コース2本をハロン15~20秒ペース、週1日は坂路コース1本を16秒ペース、週2日は周回コース3000mをハロン20~24秒ペースで乗っています。加えて、週2回は15-15の強めの調教を取り入れています。以前は調教後にスクミを見せることがありましたが、最近はスクミもなく順調に調教を進められています。やや臆病な面はありますが、基本的には大人しくて扱いやすい馬で、調教時は前向きさを保ちつつ、リラックスして走れているのは良い傾向です。徐々に力を抜いて走れるようになったことがスクミの軽減につながっているのかもしれません。今後も定期的に行う電気治療で馬体をケアし、適正な負荷をかけながら調教を行っていきます。現在の馬体重は485Kgです。

◆フェイマスワーズ
この中間もトレッドミル運動を継続しており、ハロン22秒の軽めを3分間行っています。脚元の腫れも解消しつつあり、何よりも痛みがなくなってきたのか、本馬自身にも余裕が感じられ、馬体重も448kgに増えてきました。今後の騎乗再開に備えて、さらに運動量を増やしていきますが、多少緩み気味の馬体全体の変化にも期待しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。レース後も疲れた様子を見せず、日々のメニューを消化しています。「とても元気にしています。この様子なら間隔を詰めて使っても問題ないでしょう」と梅田調教師。使ってきているので中1週の競馬は見合わせることになりましたが、「中3週より中2週の方が良い状態で臨めそう」とのことで、7月13日(日)中京の芝2000mを目標に調整を進めていくことになりました。

◆リコルド
マイネルリコルドは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗再開後も順調に進められていて、現在は追い切りに向けての基礎固めの段階。ハロン16秒程度のメニューを消化中です。主任は「入厩はもっとトモをしっかりさせてからになりますが、以前よりもいい状態です」と話していました。馬体重は496キロ。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走確定

マトリョーシカ、予定通り出走が確定しました。
サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
6/28(土)阪神7R・ダート1800m(牝)戦に▲松若騎手で出走が確定しています。このレースは12頭立てになりました。

| | トラックバック (0)

社台出資申し込み

いよいよ社台の出資申し込みです。

牧場見学ツアーに参加し、事前に検討していた募集馬を中心に見てきました。
クラブ事務所に現時点での募集状況も確認しました。
今年の出資方針として、予算100万円でまずは中央ファンド馬1頭に絞ってみようと思っています。
ということで、第1希望馬をどうするのか検討しました。

何度も書いてきたように、今年はディープインパクト、キングカメハメハ産駒の良血牝馬が揃っています。
しかし、ディープインパクト産駒は初仔やまだ兄姉が走っていない馬が多く、価格も高め感があったので、募集頭数の多いキングカメハメハ産駒から考えました。

48 リトルアマポーラの13 3200万円
カタログで好印象で、牧場で実馬をみてもよく見えました。会員の評価も上々。藤岡厩舎にやや難ありの感。
母がGI馬なので、一度はこんな馬にとも思いましたが、産駒がまだ走っていないのが不安要素。

49 ミュゲドボヌールの13 2800万円
カタログ、実馬ともに綺麗な馬体が目を引きました。母仔とも地道に走っていますが、活躍馬がいないのが難点。厩舎も昨年の石坂厩舎でもないので見送り。

50 デアリングハートの13 2400万円
血統はいいのですが、他の馬に比べると価格が安いので、応募状況は上位人気。
牧場見学の際は、会員の評価はまずまずでしたが、河内厩舎ということで相当嫌われていました。まだ仔が走っていないのと、安すぎるので見送り。

51マンハッタンフィズの13 3200万円
アプリコットフィズをはじめ、兄姉はいずれも好成績。これでも価格は安いように思います。
牧場で実馬をみると、好馬体ではありますが、やや小さいように思いました。
石坂厩舎なので厩舎は問題なし。

52 レインダンスの13 2800万円
昨年も候補にしたレインダンス産駒。馬体自体は好印象。まだ仔が走っていないのが未知数。全般的に、可もなく不可もなくといった印象。

148 ライラプスの13 3000万円
今更ながら、このレベルでは馬体は好印象。 産駒は堅実な成績ですが、大活躍とは言いがたい成績。いつもの松国厩舎から佐々木厩舎に変わった点は私としては高評価。

その他の種牡馬から、人気のステイゴールド産駒の候補。

72 シェンクの13 3000万円
兄姉にマルカシェンク、ザレマと活躍馬がおり、預託先も池江厩舎。
牧場でも馬体は好印象で、会員の評判も高い。と思ったら、やはり応募状況は社台3番人気。
このレベルになるととても手が届かないので見送り。

73 オンブルジェールの13 2000万円
価格が手ごろなので、いつもなら第1希望でしょうが、予算を広げるとイマイチ感。
牧場では小さいのも気がかり。厩舎も角田厩舎なので見送り。

165 ポーレンの13 4000万円
事前の候補にしていませんでしたが、牧場見学で会員の評価が高く、人気があったので注目。
馬体は黒光りする好馬体で、ステイゴールド産駒らしい好印象。
牝馬ではなく、牡馬ならこの馬と思いましたが、現時点で3番人気。
やはりとても手が届かないので見送り。

ステイゴールド産駒はラフィアンで出資しており、今年もマイネソーサリス産駒で出資するかもしれないので、見送ることにし、初志貫徹でキングカメハメハ産駒から出資することにしました。

そして、超がつく良血馬ながら、まだ仔が走っていない馬よりも、兄姉に実績がある馬にしようと思い、マンハッタンフィズの13かライラプスの13のいずれかに決めました。
現時点の応募状況は、マンハッタンフィズの13(19・18・13)、ライラプスの13(10・9・8)と、ともに以前に比べるとはるかに人気落ちで、ライラプスの13ならこのまま満口に至らず、マンハッタンフィズの13でも満口を超えても高実績争いになりなさそうで、いずれも獲得可能と予想しました。

問題は、マンハッタンフィズの13が小さいこと、ライラプスの13は近親馬にボルボレッタがいるように大外れの予感がすること。
この3日間迷いましたが、一度は名の通った馬をと思い、マンハッタンフィズの13を第1希望にすることにしました。
兄姉が走っていたのに全く駄目だった事例はルミアージュでも経験済みですが、馬のレベルが違うので大丈夫だと自己納得しておきます。

さて、第2希望ですが、マンハッタンフィズの13が駆け込み申し込みで外れた場合に備えて、確実な馬としてこの馬を。

179 アンソロジーの13(父ファルブラヴ) 1600万円 
元出資馬の仔。ファルブラヴの牡馬、しかも同じ条件のナスカの13が大型馬なのに比べて小柄なので、牧場では全く人気なし。
しかし、馬体では好印象で、夕食会で同席したノーザンFスタッフ氏も馬体自体は良いし、第2希望でいくのならお勧めといわれたので、申し込み決定。
現時点で応募状況(4・7・7)なので、第2希望なら間違いなし、第3希望でも通りそう。

ということで、中央競馬ファンドは次のとおり公式サイトからネットで申し込みました。

◆中央競馬ファンド
第1希望 マンハッタンフィズの13
第2希望 アンソロジーの13
第3希望 なし

なお、地方競馬オーナーズは、レイクマッケンジーがまずまずのデビューを決め、早期引退はなくなったので、申し込み自体見送ることにしました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
6/28(土)阪神・ダート1800m(牝)戦に▲松若騎手で出走を予定しています。このレースは11頭立てとなる見込みです。6/25(水)はCWコースで3頭併せで追い切られ、松若騎手が騎乗し、6ハロン83.0-68.1-53.7-39.5-12.7のタイムをマークしました。叩いての上積みがありそうですし、なによりも49kgの斤量は魅力といえます。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
6月21日(土)に社台ファームへ放牧に出ています。

移動情報だけ。どんな状態、どのくらいの期間の放牧か等々知りたいことが多いのですが…

| | トラックバック (0)

社台牧場見学ツアーおまけ

この時期になると、こんなしょぼいブログでも検索サイトで引っ掛かるのかアクセス数が一気に増えます。
「社台牧場見学ツアー」がキーワードのようですが、全く参考にならないブログなので、たまたま訪問された方はご愁傷様。

「繋」風に今回の社台牧場見学ツアーを振り返りました。

神戸から新千歳空港の往路の飛行機では私はほぼ最後尾に座っていたのですが、帰り間際でCAさんからこれからどこに行かれるのですかと声をかけられました。
牧場で馬を見るツアーに行くんだと話しましたが、全くわかっていないようだったので、今回のツアーのことや来月のセレクトセールのことを話しました。
CAさんは北海道が馬産地で牧場見学で訪問する人が多いということがあまり理解できていないようでした。
私自身北海道に来るようになって今年で10年目ですが、毎年2,3回は来てるよと言うと、一番びっくりされました。
CAさんが不勉強だと思いましたが、よく考えるとこっちの方が変なんでしょうか。

初日の夕食会で隣に座った会員さんから声をかけられました。
私は神戸在住で、牧場見学や競馬観戦で全国に行ってますとちょっと自慢気に言うと、先日に門別で口取りしたばかりで、中央競馬では全場口取り制覇したと返されました。
私は競馬観戦自体まだ福島競馬場が未到地で、口取りも20回以上体験していますが、6場しか出来ていないので、上には上がいるものだと思いました。
有名会員のMさんとも顔見知りですが、こんな会員さんは一体何人いるのでしょうか。

今回のツアーでバス車中等でご一緒になった会員さんがいました。
今回は顔見知りの会員さんがあまりいなかったので、最初のうちは少々つまらなかったのですが、競馬観戦に加えてツアーでこういった方と新たに知り合いになることができるのも一口馬主の楽しみの一つです。
そういえば最近は競馬観戦にあまり行かなくなったので、競馬場での顔見知りも相当ご無沙汰の状態なのは残念です。

| | トラックバック (0)

フレスコまたも入着止まり

フレスコ、阪神競馬第4R未勝利戦芝2400mに出走しました。

連続入着を受けて阪神競馬での出走となったフレスコ、何はともあれちゃんとゲートを出て、前でのレースができるかどうかに注目。
相手関係では実績上位の馬もいるのですが、相手よりも自分との戦いといったところ。
私は社台の牧場見学ツアー参加中なので、レースは休憩中にネット観戦。

フレスコ、馬体重は前走変わらず476キロ。
人気は意外と良く単勝6.0倍の3番人気。

さてレース、注目のスタートはやはり出遅れ。
最後から2,3番目の位置につけてレースを進行。
芝2400mの長いレース、ほぼそのままの位置取りで淡々とレースを進めます。
3〜4角から直線に入るところで最大外から一気に上がっていき、追い込みますが、先行馬には及ばず、優勝馬から0.5秒差の5着で入線しました。

残念ながらこの2走と全く同じ展開となってしまいました。
上がりタイムは最速なのですが、後方からの競馬なので、勝ち負けになっていません。
能力的には勝てるかもしれませんが、このままでは折角の脚も宝の持ち腐れ。
とにかくスタートを決めてくれないことには話になりません。
残りレースもあとわずか。いつか勝てる日が来るのでしょうか。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
幸騎手「事前に聞いていてわかっていたのですが、かなり右にもたれます。直前の追い切りに乗せてもらったときはそれほどでもなかったのですが、実戦では制御に苦労するほどでした。4コーナーから徐々にもたれ、直線では顕著です。まっすぐに走れていれば違っていたでしょう。先生には馬具の変更を提案させていただきました」

梅田調教師「徐々に差を詰めて勝負所へ向かい、手応えも良く、直線で突き抜けるかと期待しながら見ていましたが、直線に入ってからは、もたれて修正しては伸びる、といった動作の繰り返しでした。レースがしやすいという点においては、やはり左回りの方が良いでしょうか。状態を見て続けて使っていきたいと思います」

| | トラックバック (0)

社台牧場見学ツアー2日目

社台牧場見学ツアー2日目です。

今日は朝から天気が良くて快晴、強い陽射しで6月の北海道とはいえ暑いくらいでした。
午前中はノーザンファーム遠浅、早来ファーム、ノーザンファーム空港と周って主にサンデーレーシングの募集馬の見学。
午後からはスタリオンステーションでの種牡馬見学でした。
昨日に続いて関西入厩予定の牝馬に注目馬が多いので、時間が足りないくらいでした。
最後の牡馬展示は専ら見物モードでしたが。

昨年もそうでしたが、予算を多めにして一度は良血馬に出資することを考えているので、選択幅が広くなってしまい、最後の申込決定まで大いに悩みそうです。
まずは牡馬にするか牝馬にするかからですが、どうしたものでしょうか。

| | トラックバック (0)

社台牧場見学ツアー1日目

社台牧場見学ツアーに来ています。

例によって5時に起きて神戸空港から北海道新千歳空港に移動。
空港からはまた14号車に乗ってツアー開始。
先週は悪かった天気も今日は曇り空から晴れていきツアー日和に。

この日は社台ファームと追分ファームの見学。
前に書いたように関西入厩予定の牝馬に注目馬が多いので、その時間帯だけ大忙し。
何やら写真を撮って回るだけで終わってしまいました。
明日はノーザンファームの見学です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、6月22日(日)阪神4R・3歳未勝利・芝2400mに出走します。追って追ってやっと伸びてくるところがあり、外回りのここを選択しました。「もたれる癖があり、その感触を確かめてもらうために直前はレースで騎乗する幸騎手に跨ってもらいました」と梅田調教師。前日ほどびっしり攻めている陣営が少なかったとはいえ、坂路で51秒なら上々でしょう。翌日以降は軽めの乗り込みに控え、レースに向けて体力を温存しています。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

フレスコ、出走が確定しました。

◆フレスコ
阪神競馬 6月22日(土) 4R 3歳未勝利 芝2400m 幸英明 18頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間も変わりなく、明日6/19(木)に坂路コースで速めを行います。来週6/28(土)阪神・ダート1800m(牝)戦に▲松若騎手で出走する予定です。スクミの兆候もみられませんし、以前よりも体質強化が感じられるのは心強い限りです。

鞍上が決まりました。このところ低成績を通り越して、プロ失格者の騎手もいて、関心のなくなった若手騎手、当然ながらこの騎手も全く知りませんでしたが、この春デビューでもう13勝もしているのでびっくり。少しは期待してもいいのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
阪神競馬 6月22日(土) 4R 3歳未勝利 芝2400m 幸英明

前走3着なので、このまま出走できます。
このところ連続入着、まともなスタートを決めて、前での競馬ができれば充分勝ち負けできるはずなのですが…

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集カタログ到着

ラフィアンから、ウインとあわせて今年の募集カタログが送られてきました。

先日書いたように、元出資馬の仔のマイネソーサリスの13(父ステイゴールド)、マイネエスポワールの13(父ハーツクライ)くらいしか関心がありません。
多分ラフィアンでは1次募集が売れ残ると思われますので、社台の出資馬が確定してから、本格的に出資検討したいと思っています。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー完敗

レイクマッケンジー、船橋競馬第9Rナイスサドル特別・ダート1600mに出走しました。

大井競馬・黒潮杯出走に向けて賞金を加算したいレイクマッケンジー、JRA交流戦で好結果を期待したいところ。
スポーツ新聞の予想では11号馬が本命、レイクマッケンジーは対抗あたり。
仕事時間中に携帯で知った結果は3着、可もなく不可もないところかと思ったら、優勝の11号馬とは結構差があったようで…

帰宅後にネットでレース観戦。
レイクマッケンジーはスタートで後手を踏んで、押しても勢いがつかず後方からのレースに。そのまま後方2番手あたりでレース進行。
最後の直線でようやく追い上げを見せますが、先行2頭には及ばず3着に終わりました。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
6月17日(火)船橋9R・JRA交流・ナイスサドル特別・距離1600m戦へ澤田騎手で出走しました。馬体重はマイナス6kgの474kg、引き続き張りのある馬体を維持しているように見え、好気配でした。単勝は3番人気。レースでは五分のスタートから押していきましたが、先行することはできず後方2番手からの競馬になりました。レースの前半は後方で脚をためながらの追走で、3コーナー手前から仕掛けられると、直線では馬場の外目から良い脚で伸びてきましたが、先に抜け出した2頭とは差がひらいてしまい0.9秒差の1分43秒5の3着に終わりました。
澤田騎手からは「ペースが遅くなるのはわかっていたので、スタートから仕掛けていったのですが、前へ進んでいきませんでした。向正面では手前を一度も替えてくれなかったので、どこか苦しい部分があるのかもしれません。」と、川島正一調教師からは「勝った馬の後ろでマークするように指示したのですが、全くいけませんでした。澤田騎手からの指摘もありましたが、目に見えない疲れがたまってきているのかもしれません。木曜日に獣医師に診てもらった後、放牧に出す予定です。」とのコメントがありました。

レベルの高い南関東、またJRA交流戦とはいえ、入着止まりでは正直先行きが不安。
この日の直線の伸びをみても長所はあるのですが、レース運びにちぐはぐな印象があります。
地方競馬では異例ともいえるきっちり月1回のレース出走ですが、ここで一旦立て直すようです。
まだ今後に大きな望みをかけているので、ここで成長を期待したいものです。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
6月17日(火)船橋9R(15時40分発走)・JRA交流・ナイスサドル特別・距離1600m戦へ澤田騎手で出走します。12頭立ての5枠6番です。

中央競馬所属馬7頭、船橋競馬所属馬5頭の出走。
以前にも書いたように、何故か中央競馬所属馬の方が多いのですが、入着経験のある馬は2頭だけ、その他は二桁着順の馬ばかり。
4月の交流戦同様、実績上位なので、ここは頑張ってほしいところです。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ出資検討

来週牧場見学を予定している社台・サンデー・オーナーズの出資馬検討。

まず出資方針ですが、昨年もどうしようかと迷いましたが、今年は予算100万円で中央ファンド馬1頭に絞ってみようと思います。
牝馬なら良血馬でも出資でき、牡馬でも対象になります。
第1希望が人気して取れない場合に備えて、第2希望で中央ファンド馬の安馬1頭として、その後で昨年のように残っている馬から中央ファンド馬か地方共有馬1頭を追加しようかと思います。

まずは、キングカメハメハ産駒から。 今年は超良血牝馬が揃っています。
これくらいのクラスになると、クラシック路線を歩み、重賞を勝つような馬がいてもおかしくありません。一度はこんな馬からと考えました。

48 リトルアマポーラの13 3200万円
母は言わずと知れたエリザベス女王杯優勝馬。これでも安いように思いますが、カタログでは好印象。まあこのクラスならどの馬でも素人目には好印象ですが。

49 ミュゲドボヌールの13 2800万円
母は自身の成績、産駒成績とも平凡で、昨年募集のハービンジャー産駒が1800万円だったので、今年は随分と高い。逆にそれだけ期待されているかもしれません。カタログでは綺麗な馬体が目を引きます。

50 デアリングハートの13 2400万円
母は牝馬重賞戦線で活躍した重賞馬。他の馬に比べると抜けて安いので、地雷臭が漂いますが…

51マンハッタンフィズの13 3200万円
アプリコットフィズをはじめ、母の産駒はいずれも好成績でほぼ外れなし。これでも安いように思われ、厩舎も良いので人気必至。

52 レインダンスの13 2800万円
重賞こそ勝っていませんが牝馬重賞戦線で活躍した母。昨年もレインダンス産駒は候補にしましたが、少々高め感も。

148 ライラプスの13 3000万円
産駒は堅実といえ堅実ですが、大活躍とは言いがたい成績。それでこの価格はやや高いように思いますが、丈夫そうではあります。

ラフィアンでも募集馬がいますが、人気のステイゴールド産駒から。

72 シェンクの13 3000万円
母はマルカシェンク、ザレマ等を産んだ好繁殖牝馬ですが、高齢になっているのがやや気がかり。厩舎も良いので、人気しそう。

73 オンブルジェールの13 2000万円
以前候補にしたこともある母の産駒。価格も手ごろで、いつもなら間違いなく出資していたでしょう。

なじみの血統から。

162 アイスドールの13(父ワークフォース) 2000万円
マトリョーシカの半妹。ワークフォースがどうかが課題ですが、未知数なのでやや高めでしょうか。

179 アンソロジーの13(父ファルブラヴ) 1600万円 
元出資馬の仔。昨年のジャングルポケット産駒も安かったのですが、今回も安い。社台・サンデーでこんな価格の牡馬は最安値か。ファルブラヴといえば牝馬なのですが、見た目はやはり好馬体です。

地方共有馬からはゴールドアリュールの牡馬がいないので、この馬。

309 レッドチリペッパーの13(父ゼンノロブロイ)1000万円
カタログ通りクラブでおなじみの血統馬が地方競馬で募集。随分と安くなったものです。 今年は船橋競馬の川島正行厩舎は入厩先として明示されていませんが、マサノミネルバの13とあわせて預かるのではないかと。

最初に書いたように、牡馬も視野に入れた予算ですが、今更ながらラインアップを見ると、牡馬は高い馬と安い馬にはっきりと分かれています。
名の通った繁殖では一口100万円では全く手が届きません。
やはりいつものように牝馬から選んだ方がいいのかもしれません。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬入厩先決定

ラフィアン公式サイトで募集馬の入厩先とカタログ、動画などの募集情報が発表されました。

カタログは週明け到着かと思いますが、気になる馬の写真を見たところ、ぱっとしません。
ここ数年来感じるのですが、何で社台とこんなに印象が違うのでしょうか。

入厩先はいつもの厩舎群。気になる馬では、マイネソーサリスの13が水野厩舎とこれまでとは変わっています。マイネエスポワールの13はいつもの宮本厩舎でした。

社台とあわせての出資馬検討ですが、どうしたものでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
6月17日(火)船橋9R(15時40分発走)・JRA交流・ナイスサドル特別・距離1600m戦へ澤田騎手での出走を予定しており、6月13日(金)に澤田騎手が跨り、ナットーアミラの外で5Fから67.9-51.6-38.3秒の時計を馬なりでマークしています。北野厩務員からは「馬場の大外を回ったため、1秒は違うと思います。非常に良い状態に仕上がりましたので、好勝負を期待しています。」とのコメントがありました。

出走が確定しました。状態も引き続いて良いようなので、好走を期待したいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
この中間も坂路コース中心のトレーニングを続けており、週2日はハロン15~20秒ペースで2本、週3日はハロン16~17秒ペースで1本乗っています。また、週1日は周回コースでハロン20~24秒ペースのキャンターを3000m消化しています。坂路の登板本数を調整した効果で、最近はスクミを見せなくなりました。体質面がしっかりするまでは馬本位の調教を心がけ、スムーズに良化を促していきたいところです。現在の馬体重は489kgです。

◆フェイマスワーズ
この中間も患部の回復に努めており、水冷とレーザー治療も怠っていません。現在はトレッミルでハロン24秒の軽め6分間の運動を行っており、まだ先になる騎乗再開に向けての充電期間とみています。現在の馬体重は440kgと、もっと余裕を持たせてもいいと感じています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。週末の15-15を経て、11日(水)には坂路で55秒程度の追い切りを済ませています。梅田調教師は「相変わらず元気にしています。稽古の動きも良いですし、前走並みの状態でレースへ向かえそうです」と話していました。22日(日)阪神の芝2400mへの出走を予定しています。

◆リコルド
マイネルリコルドは、真歌トレーニングパークに滞在中。3週間の昼夜放牧を切り上げ、5日(木)から坂路でのトレーニングを再開。放牧中も動きまわって一定の運動量を確保できていたので、問題なく調教が進められています。主任は「休ませたことで、トモが一気に良化したというわけではありませんが、乗り込んで行けばしっかりしてくるでしょう」と話していました。馬体重は519キロ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
6/12(木)は坂路コースで15-15の調教を行い、6/15(日)にも追い切りを行います。6/28(土)阪神・ダート1800m(牝)戦は減量騎手に騎乗依頼する予定ですが、3kg減の騎手ですと49kgの斤量で出走できます。

浜中騎手、池添騎手と切れてしまい、減量騎手起用。
これはあまり期待されてませんねえ・・・

| | トラックバック (0)

出資馬・共有馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間も変わりなく順調で、6/28(土)阪神・ダート1800m(牝)戦への出走を予定しています。鞍上は調整中です。叩いての上積みを見込みたいところです。

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
6月17日(火)船橋・JRA交流・ナイスサドル特別・距離1600m戦への出走を予定しています。

出走予定が明示。またもJRA交流戦で、勝って賞金を加算したいところです。
ところで、昨日届いた社台の地方競馬ガイドブックに、南関東4場の案内があり、その中で船橋競馬場の馬主席が紹介されていました。
やはり別格で綺麗なようです。またいつか観戦したいものですね。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ募集馬カタログ到着

社台・サンデー・オーナーズから今年度の募集馬カタログが届きました。

例によって、スタリオンブック、繁殖牝馬名簿、地方競馬ハンドブックと募集馬カタログ、DVDの一式セット。
募集方法については、今年からインターネットでの申し込みができるようになったことが特徴。

先週の公式サイトでのカタログ公開から、ぼちぼちと出資馬検討していますが、見てもよくわからないとはいえ、DVDを見て、牧場見学で実馬を見てと、楽しい時期となりました。
とはいえ、まだ今年の予算というか、出資方針を決めかねています。
下がっていた株価が持ち直したので、安馬1頭分の手持ち資金は回復したのですが、さてどうしたものでしょうか。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ募集馬カタログと厩舎発表

社台・サンデー・オーナーズ公式サイトで、今年の募集馬カタログと預託予定厩舎が公表されました。

会員専用ページからPDFファイルでサクサクと募集馬カタログを見ることができるのは昔日の感。
まだ今年の出資方針自体を決めていないので、出資馬の的が絞れていませんが、21日からの牧場見学ツアーに参加するので、それまで検討の日々です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。間隔を詰めて京都から新潟へ転戦しましたが、ほとんど疲れがなく、むしろ元気な姿を見せています。予定レースの22日(日)阪神の芝2400mまで時間はありますが、体力もすっかり回復しているとの判断から、早くも今週の半ばには坂路で56秒程度の追い切りを済ませました。初勝利までもう一歩。梅田調教師は「次走で決められるように、しっかり調整していきます」と述べていました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間も変わりなく順調で、今週は普通キャンターでの調整です。次走は6/28(土)阪神・ダート1800m(牝)戦を予定しています。ひと叩きしての前進を期待します。

| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »