« 門別競馬場観戦 | トップページ | 出資馬近況 »

社台牧場見学

北海道遠征2日目、今日は社台の牧場見学に行ってきました。

まず外厩の田口トレーニングファームに行って、レイクマッケンジーと対面。
事前に事務所に連絡していたのですが、船橋競馬の川島厩舎見学の時と同様にちゃんと伝わっておらず、あわてて見学対応してくれました。
レイクマッケンジーは元気一杯というか、じっとすることができず、終始うるさい様子。
体調の方もあいかわらず良いようで、事務所の指示次第で、来月には帰厩するとのこと。
何でわざわざ北海道まで短期放牧に出したんでしょうね。

次にノーザンファーム空港に行って、フェイマスワーズと対面。
天気が悪く、雨も本降りになっており、厩舎内での見学。
フェイマスワーズは脚の腫れ等のため、ほとんど調教も進んでおらず、馬体もあまり成長していません。
現在はようやく故障も治り、坂路入りを始めたようですが、じっくりいくしかないようです。

続いてノーザンファームイヤリングに行って、今年出資したアンソロジーの13と対面。
6月のツアーからあまり印象は変わっていませんが、牡馬らしく傷だらけになっていました。
馴致を始めたところで、今のところはスタッフ氏も何ともコメントしようもないようでした。

続いてスタリオンステーションに行って、種牡馬の見学。
この日は案内スタッフ氏が熱心で、詳しい解説やら感想を話してくれたので、1時間半もかかりました。それでも一部の馬を見ただけですが。

ノーザンホースパークでの昼御飯をはさんで、午後からまず追分リリーバレーの見学。
地方共有馬のソレイユドールの13と対面。今回も売れ残りの募集馬を見せてもらいました。見せてもらうと、欲しくなってしまうのですが、さすがにもう無理でしょう。

次にインペカブルと対面。
春までは順調だったのですが、近況では徐々にトーンダウン、今では入厩の雰囲気すらありません。
気性の悪い血統ですが、どうやらこの馬は大人し過ぎるようです。
また、馬体自体は綺麗な馬体ですが、やや緩いようです。
河内調教師も気にかけているようなので、早いうち入厩してくれるといいのですが。

最後に社台ファームの見学。
今年出資したマンハッタンフィズの13と対面。
ツアーでも感じましたが、改めて見ると、やはり小さいうえに、馬体も薄い。これからの成長に期待するしかありません。
期待の超良血馬なので、スタッフ氏に写真を沢山撮ってもらいました。

地方共有馬のブリージーウッズの13と対面して見学終了。
やはり好馬体の印象で、欲しくなりましたが、もう無理(笑)

この日は社台グループの出資馬と共有馬を雨のなか1日で見て周りました。
先月見学したマトリョーシカ以下都合6頭、こんなに沢山持つことになるとは思いませんでした。
現時点で全頭休養・育成中というのは気にしないでおきます。

|

« 門別競馬場観戦 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/60192629

この記事へのトラックバック一覧です: 社台牧場見学:

« 門別競馬場観戦 | トップページ | 出資馬近況 »