« インペカブルデビュー戦出走 | トップページ | 出資馬近況 »

マトリョーシカ復帰2戦目は惨敗

マトリョーシカ、阪神競馬第8R牝馬限定ダート1800mに出走しました。

前走復帰戦では果敢にハナにたってレースを引っ張り、最後は7着に終わったものの見所一杯だったマトリョーシカ、牝馬限定のこのレースなら上位争いを期待したいところ。
地元阪神競馬での社台・サンデー2頭出しでしたが、仕事で現地観戦できず、テレビ録画観戦。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走変わらず494キロ。
競馬ブックの予想では本紙△とまずますの評価。
これを受けて単勝18.8倍の5番人気。

さてレース、マトリョーシカはスタートでやや出遅れ、集団半ばに位置取り。
その後も中団のままレースを進行。
3~4角を内で進みますが、集団についていけず後退。
直線に入っても後方のままで、優勝馬から2.8秒差離された14着で入線しました。

期待していただけに14着の惨敗にはがっかり。
前走は先頭に立ってレースを進めたのですが、このレースではスタートで出遅れて、集団半ばでレースを進めた時点でお終いだったようです。
勝ったレースは先行しているので、先行できないと難しい馬のようです。

サンデー公式サイトによる出資馬のレース解説。

◆マトリョーシカ
12/14(日)阪神8R・ダート1800m(牝)戦に高倉騎手で出走、馬体重は前走から増減なしの494kgでした。少々遅れたスタートから馬なりで進んでいき、道中は中団の内を追走しました。3~4コーナーでもロスなく内めを運びましたがやや置かれ気味となり、直線での挽回に期待しましたが、最後まで目立つ末脚は繰り出せず、勝ち馬と2.8秒差の14着で入線しています。
レース後、高倉騎手は「ゲートのタイミングが合わず出遅れてしまいました。道中は窮屈なポジションだったこともあって突っ張ったような走り方をしていました。今日に関しては内枠はあまり良くありませんでした。また、前走ではチークの効果がうかがえましたが、今日はあまり利いていないような感じでした」とコメントしていました。

|

« インペカブルデビュー戦出走 | トップページ | 出資馬近況 »

マトリョーシカ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/60830348

この記事へのトラックバック一覧です: マトリョーシカ復帰2戦目は惨敗:

« インペカブルデビュー戦出走 | トップページ | 出資馬近況 »