« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー3勝目

レイクマッケンジー、川崎競馬第6Rダート1400mに出走しました。

これまで月1走の大事な使い方でしたが、前走の復帰戦から中1週での出走、初めての船橋競馬以外の遠征となりました。
これからこのような使い方が増えてくると思われるだけに、ここではきっちり成績を残しておきたいところ。
全日本2歳優駿の開催日だったので見に行きたかったのですが、休んでばかりもいられず、職場で携帯で知ったレース結果は見事優勝、自宅に帰ってネットでレース観戦。

レースは好スタートから先行、先頭から4,5番目につけてレースを運びます。
そのままレース進行、3~4角から上がっていき、直線で先頭争いをみせ、最後は1番人気の3号馬と競り合い、ハナ差で制して優勝しました。

まずは復帰2戦目、叩いてのレースでしっかり勝つことができて一安心。
これからは下位の条件戦が続くので、着実に成績を残し、賞金を加算して上位クラスに進んでほしいものです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
12月17日(水)川崎6R・C1(五)(六)組・距離1400m戦へ56kg澤田騎手で出走しました。馬体重はマイナス6kgの482kg、馬体が絞れて歩きが素軽くなり、好気配でした。単勝は4.1倍の2番人気。レースでは好スタートから押していき、4、5番手で1コーナーを回りました。向正面では馬場の外目を気合いをつけながらの追走で、3コーナーから仕掛けていきました。4コーナーで2番手集団の外まで上がると、直線では馬場の真ん中から追い込み、ゴール前では1番人気の馬との叩き合いとなりましたが、ハナ差競り勝って快勝し通算3勝目を飾りました。時計は1分32秒2でした。
澤田騎手からは「前走で良い感触を得ていましたし、状態も上がっていたので自信を持って乗りました。道中、フワフワするところがあり、止めないように必死で追ったため、馬よりも乗っているほうが疲れました。それでも、休む前よりは気性的に大分成長していますので、これで体がしっかりしてくれば上のクラスでも好勝負できると思います。」と、川島正一調教師からは「初コースで物見していたのと、1600mから1400mで道中のペースが違ったため、少し戸惑っ ていましたが、体力のある澤田騎手が気を抜かせないようにびっしり追ってくれました。これで、次のレースでの反応が違ってくると思います。心身ともに幼く完成途上で、これから大きく変わってくる馬です。もっと上を目指しますので、来年の活躍を期待してください。」とのコメントがありました。

|

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/60830383

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー3勝目:

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »