« 出資馬近況  | トップページ | ラフィアン出資申し込み »

ラフィアン出資馬検討

今年度のラフィアンの募集が今週末で締め切られます。
あいかわらず大量に売れ残っており、満口馬は1次募集馬中11頭、2次募集馬中1頭しかいません。
残っている馬の多くは残口半分以上、2次募集と特別募集ではほとんど売れ残っていると言っていい程です。
このところ同じようなことばかり言っていますが、一部の特定の馬が売れてそれでお終いという感じです。

さて、私の出資申し込みですが、マイネソーサリスの13の様子見を決め込んでいましたが、特に情報がありません。
近況ではどの馬も同じような内容ばかり、よく見ると目立った内容の馬もいるようですが、マイネソーサリスの13は、坂路調教は進んでいるものの毎回物足りない感じで、晩成なのでこれから、という内容です。

判断のしようがないので、クラブ事務所に電話をかけてマイネサーリスの13の評判と牧場のお勧め馬を聞いてきましたが、やはり同じような内容の回答でした。ちなみにお勧め馬は4頭ほどいましたが、関東馬ばかりでした。

マイネソーサリスの13はステイゴールド産駒なので期待したいところですが、自家生産馬にもかかわらず牝馬で2400万円と随分高額なのが難点。
確か昨年7月末頃に61口となったのを最後にピタリと残口数が動かなくなり、秋に2口売れただけ、今月で2口売れて、残り57口。
さすがに元出資者も様子見から手をださなくなっているようです。

ラフィアン所属馬の成績が低下する一方、逆に募集価格は高くなる一方と会員にとっては全く出資意欲がなくなるこの頃ですが、さて募集締め切りまで残りわずか、どうしたものでしょうか。

|

« 出資馬近況  | トップページ | ラフィアン出資申し込み »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/61051247

この記事へのトラックバック一覧です: ラフィアン出資馬検討:

« 出資馬近況  | トップページ | ラフィアン出資申し込み »