« 共有馬近況 | トップページ | フレスコまたまた惨敗 »

インペカブル出走結果

インペカブル、京都競馬第1R牝馬限定戦のダート1800mに出走しました。

12月のデビューから6、7着と入着を逃す惜しいレースが続くインペブル、ここで芝からダートに変えての再挑戦となりました。
ここで上位進出、最低でも次走優先出走権確保のために入着を果たしたいところ。

これまで現地観戦できなかったので、この日は競馬場に向かったのですが、高速道路が故障渋滞のため遅れてしまい競馬場に到着したのはパドックが終わったころ。
あわただしい中での観戦となりましたが、このようにトラブルがある時には、出資馬は好走するというジンクスがあるので、期待してのレース。

インペカブル、馬体重は前走比-8キロの436キロとさらに細化。
予想は専門紙の優馬では◎もある厚い印の本紙△。
人気は大きく割れて、6番人気の単勝10.0倍。

さてレース、インペカブルはまずまずのスタートから集団前方から6番手あたりにつけてレースを進めます。
3~4角で上位に上がっていき、4、5番手で直線に入ります。
これからと思いましたが、先行する3号馬が後続勢を一気に引き離して勝負あり。
インペカブルは何とか入着はと思いましたが、後続勢との競り合いの中交わされて、最終的に7着に終わりました。

ダートに変わっても、内容、着順ともにこれまでとあまり変わりはありませんでした。
大きく敗退している訳でもないので、いつかはと期待したいところですが、次走優先出走権を確保できず、厳しい戦いが続きます。

社台公式サイトによる詳しいレース解説。

◆インペカブル
1/24(土)京都1R・ダート1800m(牝)戦に△52kg岩崎騎手で出走、馬体重は8kg減の436kgでした。好スタートから、少し押していきましたが、道中は馬群の中ほどからのレースとなりました。ダートの走りはよく、4コーナーでは勢いをつけて進出していきました。直線では馬群の中からジリジリと伸びてきましたが、前に迫るほどの伸び脚ではなく、勝ち馬から1秒2差の7着での入線でした。
騎乗した岩崎騎手は「いいスタートを切ることができたのですが、外枠ということもあって、好位につけるまでに少し脚を使ってしまいました。また、3~4コーナーで前の馬が下がってきたときに、その馬を気にしているところがありました。ただ、ダートの走りはよかったですし、ダートの競馬に慣れてくればもっとやれると思います」とコメントしています。また、河内調教師は「ダートの走りは悪くなかったですが、次走への優先権を取ることができなかったのと、少し 馬体が減っていることもあり、このあとはいったん放牧に出すことを検討します」とコメントしています。

|

« 共有馬近況 | トップページ | フレスコまたまた惨敗 »

インペカブル」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/61033934

この記事へのトラックバック一覧です: インペカブル出走結果:

« 共有馬近況 | トップページ | フレスコまたまた惨敗 »