« 2歳出資馬近況 | トップページ | リコルド2走目は入着 »

ステイゴールド死亡

種牡馬のステイゴールドが大動脈破裂のため昨5日死亡しました。

競走馬としては、国内ではGIこそ勝てませんでしたが、2着ばかりの善戦馬として逆に人気を呼びました。
現役時代のイマイチの成績から社台SSではなく、ブリーダーズSSとBRFで種牡馬生活を送りましたが、三冠馬のオルフェーヴルやゴールドシップ等を排出、種牡馬として大きく成功しました。
21歳というそれなりの年齢ではありますが、急死の報にに冥福を祈ります。

さて、ステイゴールドはBRFの繋養種牡馬では、唯一といっていい成功馬。
近年の種付け料は上がる一方で、最後のBRF時期には600万円まで上がりました。
具体的な契約内容は知りませんが、単純計算では600万円×200頭で12億円の儲け。
ということで、間違いなくこの馬はBRFの屋台骨を支えていました。
肝心の競走馬の生産・育成ではパッとせずとも、種牡馬ビジネスで経営上はうまくいっていた訳ですが、この急死でBRFは今後どのようになるのでしょうか。

|

« 2歳出資馬近況 | トップページ | リコルド2走目は入着 »

中央競馬」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/61101146

この記事へのトラックバック一覧です: ステイゴールド死亡:

« 2歳出資馬近況 | トップページ | リコルド2走目は入着 »