« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の36件の記事

ちょっと成績回顧

私が一口馬主となってから今年で15年目を迎えます。
ラフィアンでそのまま15年目、社台・サンデーで11年目です。
年度末でもあり、ちょうど2週連続して出資馬が勝って、気分がいいところで過去の成績を回顧します。
最近ホームページの更新をしていないため、自分でもわからなくなっているので(笑)

これまで地方共有馬1頭含めて38頭に出資しており、3頭が2歳育成馬、1頭が3歳未出走馬なので、34頭がレースに出走しました。
年に2、3頭しか出資していないので、年数の割に出資頭数は少ないと思います。

通算成績は394戦37勝、間もなく400戦目を迎えます。
勝ち星の内訳は中央で32勝、地方交流戦で2勝、地方で3勝。
通算勝率は1割に達しておらず、あまり自慢できた成績ではありません。

最多勝利馬は5勝馬のソーサリス、3勝馬がカレッシュ、トラヴェル、ラロンハ、クリスマスキャロル、ドリームマジシャン、レイクマッケンジーに今回のマトリョーシカで7頭。
獲得賞金1億円馬はソーサリス1頭のみ、5千万円馬でもクリスマスキャロル、ドリームマジシャンの2頭しかいません。
重賞優勝はソーサリスの愛知杯のみで、気がつけばこの優勝も10年前。
一口馬主2年目に出資したソーサリスがいつまでたっても最も活躍した馬というのもそろそろという気がします。

収支的には、獲得賞金が募集価格を超えたのは12頭で、実際の収支で黒字となったのは6頭。
総収支は最近集計していませんが、1500万円程度費やしてして回収率は60%くらいだと思います。

勝った競馬場は中央10場中8場で、まだ東京と福島で勝ったことがありません。
通算37勝のうち、口取りはこれまで27回、6場で経験しました。
競馬場ごとの勝利数と口取り回数は、阪神10回(口取り9回)、京都 9回(口取り9回)、中京 5回(口取り5回)、小倉 2回(口取り1回)、札幌 2回(口取り2回)、中山 2回(口取り1回)。
口取りしていないのが、新潟 1回、函館 1回、名古屋 2回、船橋2回、川崎1回です。
勝利数の割に口取り回数は多いのは自慢のひとつですが、その陰には数多くの無駄足がありました。
先日地元開催で初めて口取りを逃しましたが、改めて残念に思えます。

さて、何でも10年以上続ければそれなりの経験を積んできたといえるかと思います。
一口馬主を始めた頃に、何十頭も出資している会員さんのホームページを見てすごいなあと思っていましたが、私の成績はどんなもんなんでしょうか。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

レイクマッケンジー、予定通り川崎競馬への出走が確定しました。

社台グループオーナーズ公式サイトによる近況。

◆レイクマッケンジー
4月2日(木)川崎10R(20時50分発走)・若草特別・C1(二)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走します。12頭立ての4枠4番です。追い切りは3月29日(日)に澤田騎手が跨り、単走で5Fから65.2-50.4-37.6秒の時計を一杯に追われてマークしています。千葉厩務員からは「沈み込むようなフットワークで駆け抜け、素晴らしい動きでした。前走はアクシデントで負けてしまいましたが、川崎コースは合っていると思いますので期待しています。」とのコメントがありました。

騎手を替えるのではなかったのかな…
成績が安定している12号馬あたりが強敵でしょうか。
賞金の高いレース、何とか勝って賞金を加算してB級に昇格といきたいものです。

| | トラックバック (0)

フレスコ2勝目

フレスコ、阪神競馬第7R500万下芝2000mに出走しました。

近走連続して入着と好調のフレスコ、勢いに乗って中1週で今月3回目の出走に挑みます。
比較的小頭数のレースで、上位進出を狙いたいところ。
私は年度末の仕事で出勤のため現地観戦できず、ネットでレース観戦。

フレスコ、この日の馬体重は前走変わらず480キロ。
パドックでは引き続いて好馬体の印象。
競馬ブックでは本紙△、人気は大きく割れて単勝9.0倍の5番人気。

さてレース、フレスコはいつものようにスタートで出遅れ、3頭が先行するなか先頭から5,6番手につけてレース進行。
向正面では先行勢との差は縮まりますが、3角前で前が詰まったのかやや後退。
それでも3~4角と外目に出して先行勢をしっかり追走。
直線に入ってからはじりじりと伸びて先行勢に追いつき、さらに伸びて先頭に踊り出て、最後方から一気に上がった7号馬をクビ差で凌いで先頭で入線、2勝目を上げました。

フレスコは、昨秋に復帰してから二桁着順が続き、これでは先もないかと思いましたが、地方交流戦に出走してからは、初勝利をあげた頃と同様にしっかりと伸びるようになって入着を繰り返し、今回は小頭数、好騎乗も合って、見事に2勝目をあげることができました。
まだまだ素質を活かしきれていないと思われるので、今後さらに永長することを期待したいものです。

昨年と同じようにマトリョーシカに続く連勝で、2頭の相性がいいようです。
これでマトリョーシカに続いて募集価格を超えました。

なお、このレースは地元阪神競馬出走ながら現地観戦できませんでした。
これまで出資馬にある程度の予想印があり、上位が期待できそうなら、必ず現地観戦して口取りをしてきましたが、初めて地元出走で口取りできませんでした。
これが一口馬主の最大の楽しみなもので、先週マトリョーシカで口取りしたばかりですが、やはり残念なものです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
バルジュー騎手「ズブいときいていましたが、実際に騎乗してみるとそんな印象は受けませんでした。もたれ癖についても許容範囲のレベルです。勝負どころでゴーサインを出すときっちり伸びてくれました。最後も見た目以上に余力があり(着差以上に)余裕のある勝ち方だったと思います。具合の良いタイミングで乗せてもらったのでしょう。ありがとうございました」

梅田調教師「使ってきたことによる良化を感じていました。調教でも気合を乗せる工夫をしてきたことが良い結果につながったのだと思います。夏の降級前に1つ勝てたのは大きいですね。問題なければこのまま使っていくつもりですが、勝てたことですしダメージがあるようなら無理せずひといきいれることも検討します」

前走の岩田騎手といい、それほど気性難ではないという評価です。
調子もいいのでしょうが、やはり騎手次第という気もしますね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
現在は周回コースでのキャンター1800mのあと、坂路コースでハロン18秒ペースの普通キャンターを1本というメニューをベースに、週末の坂路調教では終いをハロン15秒ペースで乗られています。徐々にペースアップをはかってきていますが、速めキャンターの息遣いにはまだ良化の余地を残していますので、もう少ししっかりと乗り込んで、さらなる成長を目指していく方針です。この中間はカイバ食いに問題はなく、現在の馬体重は440kgです。

そろそろ帰厩の目処を立ててほしいものですが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、3月29日(日)阪神7R・4歳以上500万下・芝2000mにD.バルジュー騎手で出走します。梅田調教師は「左回りの方が合っているとは思うのですが、阪神のメンバーの方が手薄になりやすいと見てこちらへ投票しました。気合を乗せたく、追い切りは終いをびしっとやる内容。疲れもないですから、間隔を詰めても問題ないでしょう。丸山騎手も岩田騎手も、もたれるけれど大したことはなく、通常のハミでも問題ないとの認識でした。もう少し考えて実戦でどの種類にするか検討します」とコメントしていました。

◆リコルド
マイネルリコルドは、滋賀県甲賀市のグリーンファームに滞在中。ウォーキングマシンによる運動で楽をさせ、坂路での乗り込みを再開しています。「前走はタフな競馬でしたからね。このタイミングにしっかり英気を養わせたいと思います」と宮調教師。次走は今のところ4月下旬~5月上旬が有力です。

◆マイネソーサリスの13
マイネソーサリスの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も順調に進められていて、先日のハロン15秒前後までペースを上げる追い切りでは、あまり余力が残っていませんでした。主任は「ステイの産駒はタイムがでない馬が多いですね。乗り心地がいい馬で、時計はあまり気にしなくてもいいでしょう」と話していました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
4月2日(木)川崎10R(20時50分発走)・若草特別・C1(二)組・距離1500m戦への出走を予定しています。

出走レースが明らかに。特別戦で賞金の高いレース、12月に勝った川崎競馬での好結果を期待したいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

フレスコ、阪神競馬の出走が確定しました。

◆フレスコ
阪神競馬 3月29日(日) 7R 500万下 芝2000m D.バルジュー 10頭

中1週で今月3回目の出走、ラフィアン所属馬の本領発揮といったところでしょうか。
意外にも比較的小頭数のレース、仕事で現地観戦できませんが、好走を期待。

| | トラックバック (0)

社台地方競馬オーナーズの活躍馬

今日浦和競馬で行われた桜花賞で社台地方競馬オーナーズの共有馬であるララベルが優勝しました。
ララベルは南関東牝馬クラシック三冠レースの一つ目を勝って、これで通算5戦4勝、南関東重賞も3連勝で、獲得賞金が5000万円を突破しました。

これからさらに活躍することが充分に期待され、獲得賞金は一体いくらになるのか想像もできません。
先日ここで書いたように社台地方競馬オーナーズでは同じような成績の馬ばかりで、大活躍する馬は年に1頭いるかどうか。
2012年産駒でその大活躍馬はララベルとなりそうです。

さてこのララベル、募集時はブリージーウッズの12(種牡馬ゴールドアリュール)。
実はこの年の牧場見学ツアーはもちろん、9月に一人で牧場見学に行った時に売れ残っていたので見せてもらった馬です。
フェイマスワーズとインペカブルの中央ファンド馬2頭に出資したので、さすがにもういいかと結局申し込みしませんでした。
いまさらですが、後悔先に立たず。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
レース後は変わりありません。前走の勝ち方からも準オープンクラスでも通用するとみています。3/24(火)にNFしがらきへ放牧にでており、除外かもしれませんが、4/14(火)船橋・マリーンC(Jpn3・牝・ダート1600m)への登録を検討しています。なお、除外となった場合は、4/26(日)京都・上賀茂S(ハンデ・ダート1800m)に目標を切り替えます。

次走出走予定を明示。予想通りハンデ戦となりそうです。
一方で、早くも交流重賞への出走も検討。
牝馬限定重賞は中央ではダート戦がないので出走するとなれば地方交流戦。
層が厚いため、今回はさすがに除外となると思いますが、いつかは出走したいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
阪神競馬 3月29日(日) 7R 500万下 芝2000m D.バルジュー
中京競馬 3月29日(日) 7R 500万下 芝2000m 未定

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ復帰戦快勝

マトリョーシカ、阪神競馬第12R牝馬限定戦ダート1800mに出走しました。

約半年間の休養から秋に復帰したものの、わずか2走でまたもや放牧に出されたマトリョーシカ、約3か月振りの待ちに待った出走を迎えます。
前走は惨敗でしたが、スタートが出遅れただけで度外視。
調子が悪い訳でもなく、調教でもまずまずの動きで、この復帰戦からいきなりも期待したいところ。
地元の阪神競馬なので現地観戦に。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走比+8キロの502キロと休養の割りに増えておらず、きっちり仕上がった好馬体の印象。また良い雰囲気で周回。

競馬ブックの予想は◎もある厚い印で本紙▲の好評価。
これを受けて人気も高くパドック開始時は2番人気。
もっとも、徐々に下がってしまい最終は単勝8.9倍の5番人気。

さてレース、マトリョーシカはスタート後に少し躓いてしまいます。
しかし、行き脚は良くすぐに先頭集団に追いつき3番手に位置取りし、道中もそのままの位置で周回。
3〜4角を周っての直線勝負、残り200あたりからじわじわと抜け出して先頭に立ち、最後は後続勢を突き放して勝ち上がりました。

調教での動きもよく、復帰戦から期待していましたが、私の期待と専門紙の予想通り好走し、見事に勝ち上がりました。
これで7戦3勝、堂々の成績で、準オープンとなりました。
これから出走するレースは厳しくなると思いますが、まだ底を見せておらず昇級しても充分やっていけるものと期待しています。
少々駄目でも夏には降級で立て直しもでき、充分今後が楽しみになってきました。
賞金を積み重ねて、牝馬交流重賞に出走できるようになってほしいものです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
3/22(日)阪神12R・ダート1800m(牝)戦に出走、馬体重は502kg(+8)でした。まずまずのスタートを切ると少し躓きましたが、すぐに行き脚がついて3番手からの競馬となりました。道中は手応えよく追走すると、直線に向いてジワジワと前に迫りました。残り1ハロン辺りで先頭に立つと、そのまま後続の追撃を寄せ付けず1着でゴール。嬉しい3勝目を挙げています。勝ちタイムは1.53.1、2着馬とは1馬身1/2差でした。
騎乗したシュタルケ騎手からは「ゲートの中で潜ろうとしていて、それもあって出てからすぐに躓きました。それでもスッ行けましたし、道中の手応えも良かったです。直線でも最後までしっかりと伸びてくれました。このクラスでは力が上で、スタートで躓かなければもっと楽に勝てたかもしれません。砂を被らずに運べたのも良かったのでしょう」とのコメントがありました。また、吉村調教師は「休み明けでまだ良化の余地を残しての競馬でしたが、いい走りをみせてくれました。レース後の状態を確認して、今後の予定を検討します」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。レース後も順調に乗り込まれています。「使った後もこれといった疲れは見られません。あくまで今後の様子も見てからですが、肉体的に問題がなければ、間隔を詰めて使った方が良い結果につながりそうな印象を受けています。もたれていたことも踏まえ、中1週の出走を考えています」と梅田調教師。今のところは29日(日)阪神と中京に組まれている芝2000mへの出走が有力です。

◆リコルド
マイネルリコルドは、今週の半ばに滋賀県甲賀市のグリーンファームへ移動しました。リフレッシュも兼ね、いったん近郊の牧場にて調整を進めることに。宮調教師は「中1週で使った疲れもあるでしょう。まずは一息入れて軽く楽をさせます」と話していました。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬名決定

ラフィアン公式サイトでにようやく2歳競走馬名が発表されました。

私の出資馬のマイネソーサリスの13は、パラノーマル(Paranormal オランダ語で超常現象)。
最近流行りの読みづらいイタリア語やフランス語ではなく、かなりベタな名前です。
また、これまで魔女っ子シリーズでしたが、おどろおどろしいオカルトになりました。
もう少し女の子らしい名前にしてあげてよかったような気がします。

さて、ラフィアンでは牝馬から冠名がなくなりましたが、私としては初めての冠名がないラフィアン出資馬です。
馬名のとおり、神がかりの異次元の走りをみせてほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/22(日)阪神12R・ダート1800m(牝)戦にシュタルケ騎手で出走が確定しています。このレースは15頭立てになりました。

待ちに待った復帰戦の出走が確定しました。
前走の内容は度外視して、まだまだ実力は未知数。
3か月振りの出走は頑張ってほしいものです。

◆フェイマスワーズ
周回コース2500mをハロン15~20秒のキャンターで乗り込んでいます。これまでの経緯があるので、より慎重に調教の負荷をさらに高めるタイミングを計っています。いまのところ脚元は落ち着いており、ここからの後戻りだけは避けたいところです。現在の馬体重は469kgです。

まだ坂路入りができません。思い切って踏み出さないことには…

| | トラックバック (0)

御神本騎手免許不合格

昨日のニュースですが、地方競馬全国協会が、大井競馬の御神本訓史騎手が免許試験で不合格となったことを発表したそうです。

御神本騎手は現在騎乗禁止処分中ですが、これまでにも数々の不祥事を起こし、その都度処分を受けており、今回何もなければ更新されるはずの免許試験で不合格というのは、形式上は取り消しではないものの、事実上の取り消し処分ではないかと思います。

御神本騎手といえば平成11年に益田競馬でデビューし、2年目には早くもリーディングジョッキーに。
私も平成14年の益田競馬廃場日に観戦に行きましたが、既に地方競馬では大人気ジョッキーとなっていたものです。
廃場に伴い異例の形で大井競馬に移籍、それからも活躍はしていましたが、素行不良で不祥事ばかり起こしていました。
腕のいい騎手だとは思いますが、早いうちから活躍したせいか、騎手以前に社会人として一人前ではなかったようです。

来年受験し直して再合格させてくれるほど甘い世界ではないと思います。
園田競馬で何年か厩務員をまじめやればそのうち認められることもあるかもしれませんが、もう国内で乗ることは難しいとでしょう。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
3月30日(月)からの川崎開催での出走を予定しており、この中間はハロン17~20秒のキャンター3200mを乗られています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/22(日)阪神・ダート1800m牝馬限定戦にシュタルケ騎手で出走を予定しています。想定ではフルゲートに満たない14頭が出走意思を表明しています。3/18(水)CWコースで併せ馬を行い、83.9-67.5-52.8-38.4-12.2の時計で同入しました。前走ではゲート内でゴトゴトしたため、中間は駐立の練習を行いました。追い切りの動きも良好で、きっちりと仕上がってレースを迎えられます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆リコルド
柴田大知騎手「直線で踏ん張れなかったのは、道中のペースが速かったためだと思います。番手に控えて手綱を引くとかえってハミを強く取ってしまうところがあり、それでは持ち味が削がれてしまうと考え、1コーナーで先頭へいったのですが、そこで追い抜いた相手に抵抗され、脚を使ってしまったために余計でし た。聞いていた物見は全然なかったのですが、うまくいかなかったです」

宮調教師「途中からハナヘ行った判断は悪くなかったと思うのですが、相手に張られてオーバーペースでした。今後は2、3週間の予定でいったん近郊の牧場へ出す予定でいます」

やはりオーバーペースだったようで、結果論ですが、普通に走ればこれまで同様に脚は持ったのにと思います。
ここで一旦休養は残念。早期復帰を願うばかりです。

◆フレスコ
岩田騎手「聞いていた通り、じわじわとしか伸びないですが、渋太いですね。もたれることはもたれますが、さほど気になりません。前へ行くほどではないですが、ゲートを出てからの行き脚も悪くありませんでした。もう少しですね」

梅田調教師「鞍上は大したことはないと言っていましたが、ラストは少し追いにくそうにしていました。もたれ癖をほとんど見せていませんでしたから、最近はずっと普通のハミだったのですが、矯正力の強いものに戻しても良いかもしれません。まっすぐ走れていれば3着も、という内容だっただけに」

少々強引にでも馬を扱う岩田騎手ならではの騎乗だったようです。
やはり走りが安定してきたようで、次走が楽しみです。

| | トラックバック (0)

フレスコ連続入着

フレスコ、阪神競馬第7R500万下芝2400mに出走しました。

復帰以降3走連続二桁着順から地方交流戦を経て入着とようやく成績を上げてきたフレスコ、調子に乗って中1週で阪神競馬に出走。
鞍上が何と岩田騎手、おのずと期待が高まり、上位進出を願って阪神競馬場で観戦。
もっとも午前中に別の用事があって、競馬場に到着したのはパドックも最後の周回時。

この日のフレスコの馬体重は前走比+8キロの480キロと使っているのに馬体増。
競馬ブックの予想は低いものの、人気は小頭数もあって単勝6.9倍の5番人気。

さてレース、フレスコは出遅れもなくまずまずのスタートから集団後方に位置取り。
正面から向正面と小頭数それほど差のない状態でレース進行。
3~4角を周っての直線勝負、フレスコは外に持ち出してジリジリと上がっていきます。
激しい先頭争いにもしっかりついていきましたが、及ばず5着入着に終わりました。

これで2走連続して入着、それも優勝馬から0.3秒差と、着順、内容とも良くなってきました。
昨年の初勝利前の安定した走りに戻ってきたようで、スタートさえ決めて、真っ直ぐに走ってくれれば、2勝目も充分期待できそうです。

| | トラックバック (0)

リコルド惨敗

リコルド、中京競馬第5R未勝利戦芝2200mに出走しました。

この2走連続してハナにたつレースから入着と成績が上向きのリコルド、中1週で中京競馬に出走。
鞍上が和田騎手から柴田大騎手と弱化しましたが、初勝利を期待したいところで、私は遠征して現地観戦。

パドックのリコルド、馬体重は前走比-2キロの498キロ。
競馬ブックの予想は相変わらず良く、印の厚い本紙○。
これを受けて人気は単勝7.0倍の3番人気。

さてレース、リコルドは大外からこの日も先行、ハナにたってレースを進めます。
早いペースで正面、そして向正面とハナのまま通過。
3~4角を周って直線、どこまで持つかと思いましたが、あっという間に脚が止まってしまいずるずると後退、10着と惨敗に終わってしまいました。

この2走は勝ちこそ譲ったものの、大きく崩れず粘って入着しましたが、この日は全く脚がなくなってしまいました。
終わってみれば早めのペースがたたったのかもしれません。
立て直して次走に期待するしかないようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
この中間は周回コースでのフラットワーク1800mと坂路コースを1本をハロン18秒ペースで登坂するメニューを消化しています。飼葉食いが改善されたことで馬体重は441kgまで回復しました。それでも今後のペースアップを考慮すればさらにフックラさせておいきたいところで、もうしばらくは馬体増を促しながら調教を行っていきます。

そろそろ帰厩してほしいものですが、もう少しかかりそうです。

◆マンハッタンフィズの13
4/17(金)に行われる第1回産地馬体検査を受検する予定です。

産地馬体検査を受けるようです。
受検に一喜一憂する人もいるようですが、私は何の意味もないことは経験済みです。

◆アンソロジーの13
馬名が「ベストワークス」Best Works(最高の作品)に決まりました。なお本馬は、4/16(木)に行われる第1回産地馬体検査を受検する予定です。

馬名が決まりました。
なかなか立派な名前で、名前負けしないように頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、3月15日(日)阪神7R・4歳以上500万下・芝2400mに岩田康誠騎手で出走します。直前の追い切りは54.6秒。競馬ブック提供の調教タイムの脚色は一杯の表記ですが、「まだ余力を残していました。中1週になりますから、オーバーワークにならないように注意しました」と梅田調教師。続けて「間隔を詰めて使った方が良さそうに感じています。前走の疲れもなく、それでここを使うことにしました。今回も鞍上に気を抜かせないように伝えておきます」と述べていました。

中1週で岩田騎手騎乗で出走することになりました。
鞍上強化で好走を期待したいものです。
地元阪神競馬なので現地観戦の予定です。

◆リコルド
マイネルリコルドは、3月14日(土)中京5R・3歳未勝利・芝2200mに柴田大知騎手で出走します。宮調教師は「中1週のレース間隔を踏まえて追い切りはセーブしていますが、元気で何ら問題のない状態。もう1週待って来週の阪神あたりで使っても良かったのですが、Aコースでの開催が続いて荒れてくるでしょうし、それならと思って開幕週のこちらを選択しました。さらに前進できれば」と話していました。

こちらの鞍上はいつものラフィアンお抱え騎手に戻ってしまいました。
とはいえ好結果が続いているので、好走を期待したいものです。
初勝利を願って遠征して観戦予定です。

◆マイネソーサリスの13
マイネソーサリスの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。以前よりもトモに張りが出てきたように感じられ、トレーニングの効果が見られます。与えられたメニューを問題なく消化できていて、主任は「折り合いの問題がなく、反応がいいですね」と話していました。

徐々に良くなってきたようです。早期入厩を期待したいものです。
なお、ラフィアンでは馬名はまだ決まっていないようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/12(木)はCWコースで追い切られ、6ハロン84.2-68.4-53.4-39.3-12.7のタイムを強めでマークしました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

リコルド、フレスコ、予定通り出走が確定しました。

◆リコルド
中京競馬 3月14日(土) 5R 3歳未勝利 芝2200m 柴田大知 18頭

◆フレスコ
阪神競馬 3月15日(日) 7R 500万下 芝2400m 岩田康誠 10頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
来週3/22(日)阪神・ダート1800m(牝)戦にシュタルケ騎手で出走予定です。今週は明日(木)に追い切りを行う予定です。若干馬体に余裕を感じますが、あと2~3本の追い切りでちょうど良い仕上がりになるのではないかとみています。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆リコルド
中京競馬 3月14日(土) 5R 3歳未勝利 芝2200m 柴田大知

◆フレスコ
阪神競馬 3月15日(日) 7R 500万下 芝2400m 岩田康誠

リコルドは予定通り中京競馬出走。鞍上はいつもの騎手です。
フレスコは中1週で阪神競馬出走、何と岩田騎手騎乗。
岩田騎手騎乗となれば私の出資馬としては随分と久し振りのことです。
前走入着を受けて随分と破格の扱いになりました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は3月30日(月)からの川崎開催での出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆マンハッタンフィズの13
この中間も順調に調教を消化しています。現在は常歩3000m、ダク1200mを乗った後、周回コースで軽めキャンター1200mを消化しており、直線坂路コースでも1000mの距離を1本、ハロン16~17秒ペースで駆け上がっています。シャープな動きが持ち味で、いかにもキレそうな牝馬という印象です。乗り手の指示に対する反応も俊敏です。現在の馬体重は426kgで、飼い葉食いが細いわりには前回よりも増やしてきています。ただ、もっと増やしたいというのが本音で、カイバ食いが良くなれば毛ヅヤのほうも冴えてくるはずです。
なお、馬名が「プレリュードフィズ」(Prelude Fizz リキュールベースのカクテル名)に決まりました。

◆アンソロジーの13
問題なく乗り進められており、週3日周回コースでハッキングキャンター2000m、週3日は坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本消化しています。小柄ながらも素軽いキャンターで、坂路でも前へ前へという意識が強く、軽快なフットワークで上がっています。カリカリする面もありますが、調教に対する前向きな姿勢は何よりも強みで、今後もリラックスさせることを意識しながら、心身ともに成長を促していきます。現在の馬体重は442kgです。
※馬名につきましては、受付機関であるジャパン・スタッドブック・インターナショナルへ申請中となっております。後日正式に決定次第、情報更新いたします。お待たせして申し訳ありませんが、ご了承のほど、よろしくお願いします。

ともに順調に調教を進めており、コメント内容も良く、褒め過ぎの感も。
何はともあれ順調に進んで、できるだけ早く入厩、デビューまでいってほしいものです。
また、マンハッタンフィズの13は馬名も決定。
カクテル名つながりの馬名で、名を上げてほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。小倉競馬場より戻ってからも順調に調整されています。梅田調教師は「先週はがんばっていましたね。使った後の様子もい つもと変わりません。まだ使うレースははっきり決めていませんが、疲れた様子を見せていませんから、レース間隔はあけなくても大丈夫でしょう」と話してい ました。

◆リコルド
マイネルリコルドは、栗東に滞在中。レース後も順調に調整されています。「疲れがほとんどありません。飼い葉も食べていますし、この様子なら中1週の競馬 にも対応できるでしょう。内回りの方が良いタイプかもしれませんが、馬場の良い中京開幕週を本線に考えています」と宮調教師。14日(土)の芝2200m への出走が有力です。

リコルドは中1週で中京で出走するようです。成績は上向きなので頑張ってほしいものです。
ようやく結果を残したフレスコもレースを選んで万全の状態で臨んでほしいところ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/5(木)は坂路コースで追い切り、半マイル53.6-38.7-25.3-12.9秒の時計を併せ馬でマークしています。

◆フェイマスワーズ
この中間は、念のため左飛節のエコー検査を行いましたが、現段階では異常は見られませんでした。症状も治まり、周回ダートコースでハロン16~20秒のキャンター調教も継続できています。水冷治療などケアをしっかり行いつつ、しばらくは経過を見守りながら慎重に進めていきます。現在の馬体重は472kg です。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー完敗

レイクマッケンジー、川崎競馬第6Rダート1600mに出走しました。

なかなか勝てないレイクマッケンジー、場所を川崎に変えての出走となりました。
元中央所属馬で単勝1.3倍と人気集中のキタサンダイチが強敵。
仕事の休憩中に、携帯電話でレースを観戦しました。

レイクマッケンジーは出遅れて終始集団後方でレース進行。
直線で追い上げて何とか5着に入線するのがやっとでした。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
3月5日(木)川崎6R・C1(三)(四)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走しました。馬体重はマイナス9kgの483kg、筋肉が締まって脚捌きが軽くなったように見え、今日は気合い乗りも良く好気配でした。レースではスタートダッシュが悪く、後方2番手からの競馬になりました。道中は断然人気のキタサンダイチをマークしてか全く動かず、最後方で3コーナーを回りました。4コーナーでも後方のままで、直線でようやく追い出しを開始して馬群の中から良い脚で伸びてきましたが、態勢はすでに決しており、0.8秒差の1分46秒8の5着に敗れています。
澤田騎手からは「スローペースを予測していて、今日は逃げるキタサンの2、3番手で競馬をするつもりでした。ところが、スタート後にハミが口の中に入ってしまって抜けず、操縦不能になり動けませんでした。競馬をしたのは直線だけでしたが、良く伸びてくれていただけに悔やまれます。ブリンカーは効いていたと思います。」と、川島正一調教師からは「馬の状態は良く、キタサンダイチと一緒に先行しての一騎打ちになるとみていたのですが、キタサンも出遅れてしまい、おかしな競馬になってしまいました。毎日調教で乗っているため騎手を替えないできましたが、次は考えます。3月30日(月)からの川崎開催での出走になるでしょう。」とのコメントがありました。

スタート出遅れが全てでした。
もどかしいレースが続くので鞍上変更は大歓迎。
名の通った騎手に乗ってくれると嬉しいのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/22(日)阪神・ダート1800m牝馬限定戦に出走予定です。シュタルケ騎手に騎乗依頼しています。入厩後も順調で、今週は3/5(木)に追い切りを行う予定です。

復帰戦の鞍上が早くも決まりました。
順調にレースに臨めますように。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走予定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
3月5日(木)川崎6R(14時20分発走)・C1(三)(四)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走します。13頭立ての6枠9番です。追い切りは3月1日(日)に澤田騎手が跨り、単走で4Fから53.0-38.4秒の時計を馬なりでマークしています。

川崎競馬への出走が確定しました。
相手関係では近走入着級の馬が結構おり、元中央の馬が強敵でしょうか。
船橋からわざわざ出走することになったので頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
3月9日(月)からの船橋開催での出走を予定していましたが、相手関係を検討し、来週3月5日(木)川崎6R(14時20分発走)・C1(三)(四)組・距離1600m戦へ出走することになりました。

船橋競馬から一転して川崎競馬に出走することになりました。
12月に勝った競馬場なので必勝を期したいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆リコルド
和田騎手「3、4コーナーで物見をしていました。ためてキレるタイプではなく、引きつけるつもりはまったくなかったのですが、そこで他に気を取られて外へ逃避するような格好を見せている間に、後続に追いつかれてしまって。2番手以下を離していても、ペースとしては速くないと思っていましたから、同じリズムのままで行きたかったです。脚の回転は一定以上に速くなってこないのですが、それでも良いストライドで走りますし、今後のためにも早いうちに1勝目を手にしておきたい馬ですね。頼りないところは、すぐに解消するものではないでしょうが、現段階においての状態は良さそうです」

◆フレスコ
丸山騎手「初めてなので比較できないのですが、良くがんばっていたのではないでしょうか。道中、おおむね集中力できていました。このような悪化した馬場が合っているとはいえないまでも、時計がかかるという点ではプラスだったようにも思えます」

梅田調教師「以前とはハミ掛かりが違いますね。交流戦でびしっとやってもらったのが刺激になり、それでスイッチが入ったのでしょう。週明けの状態も見てからになりますが、問題なければ続けて使っていくつもりでいます」

| | トラックバック (0)

フレスコ出走結果

フレスコ、小倉競馬第10R呼子特別芝2600mに出走しました。

船橋競馬の交流戦に出走して、これから当分は交流戦に出走かと思いましたが、このレースは長距離だったためか出走頭数が減って、出走できることになりました。
最終的に出走頭数9頭の小頭数、上位に入って入着はしてほしいところ。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比+1キロの472キロ。
競馬ブックの予想は無印、人気はなく、単勝26.6倍の7番人気。

さてレース、この日のフレスコはまずまずのスタートから先頭集団に遅れることなくついていきます。
しばらくして集団後方まで下がりますが、頭数も少なくそれほどの差はない状態。
そのまま先頭から7番手の位置どりでレース進行、長いコースを周ります。
最後の3〜4角では外に出して上位まで進み、直線では先頭勢にしっかりついていき、4着で入線しました。

いつものようなスタートの出遅れがなく集団についていき、最後の直線でも追い上げ入着を果たすことができました。
復帰以降は惨敗続きでしたが、ようやく内容的にも着順的にも満足いく結果に終わりました。
これで何とか一安心、次走以降に期待が持てそうです。

| | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »