« 出資馬出走予定 | トップページ | 出資馬出走確定 »

14年振りの川崎競馬観戦

レイクマッケンジーのレース観戦のために川崎競馬場に行ってきました。
川崎競馬場は地方競馬場めぐりをしていた頃の2001年以来、何と14年振りの観戦でした。

前回は徒歩で遠回りして競馬場に辿り着いたのですが、この日は京急電鉄で最寄駅から入場。
久々の川崎競馬場、3~4角寄りのスタンドがなくなり、商業施設が建築中でした。
比較的手狭な競馬場なので、それなりに多い観客が入っているようでした。
意外と綺麗に思えたのですが、多少はリニューアルしたのでしょうか。

この日は馬主となっての入場でしたが、1号スタンド下の開催本部に入って、受付で馬主席のことを尋ねると、大井などの馬主会員か、1頭持ちか共有かなど質問され、社台の共有だというと、馬主席は用意できないので、特別観覧席の立見席券を交付されました。
館内エレベータで4階に上がって特別観覧席へ。
この競馬場では、元々馬主席エリアというものはなく、特別観覧席の一部が馬主席として確保されているだけの様子。
立派な馬主席があって、他場の馬主にも開放している船橋競馬とは大違いです。
指定席もないので、食堂でビールと夕食を取り、時間つぶし。

レイクマッケンジーの出走レースでは、馬主エリアに入ってパドック観覧。
川島調教師がいたので、一昨年厩舎見学させてもらったお礼をすると、覚えていたようでした。

本番のレースでレイクマッケンジーの快勝を見届けると、再び馬主エリアに入って、レイクマッケンジーが戻ってくるのを待って、川島調教師と澤田騎手からいろいろと話を聞くことができました。
話の内容は概ね社台のホームページのとおり。
このあたりは本来の馬主そのもので色々と体験できました。

口取り写真撮影などを行ったので、結構時間目一杯まで競馬場にいて退場しました。
駅までの徒歩の帰り道、前回に衝撃を受けた堀之内歓楽街は随分と寂れて様変わりしていました。

今回は昼から休暇をとってのナイター観戦でした。
最終レースまで見ると日帰りができないので、やむなく宿泊して、早朝の航空便で帰ったのですが、定時には余裕で出勤できました。
マイレージを使ったので、それほどお金もかからず、たまにはこんな遠征もいいかもしれません。
なお、天気が良かったので、飛行機から離陸~着陸と陸地が綺麗に見えました。

|

« 出資馬出走予定 | トップページ | 出資馬出走確定 »

一口馬主」カテゴリの記事

地方競馬」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/61589946

この記事へのトラックバック一覧です: 14年振りの川崎競馬観戦:

« 出資馬出走予定 | トップページ | 出資馬出走確定 »