« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

社台・サンデー・地方競馬オーナーズ申込み

牧場見学ツアーに参加し、事前に考えていた募集馬を中心に見てきたので、最終的にどのように申込むのか検討しました。

ツアー前の中央競馬ファンドの候補馬は次のとおり。

61 スティンガーの14 ハービンジャー 牝馬
さすがの良血馬で好馬体。ただ細くはないのですが、全体的に小さめです。
母親高齢がどうなのか、ハービンジャーがどうなのかも懸念材料。

78 マルカキャンディの14 シンボリクリスエス 牝馬
こちらも良血馬で好馬体。やや大きめの印象。牧場では眠いのか大人しい感じ。
こちらも母親高齢がどうなのかが懸念材料。

172 ルミナスポイントの14 クロフネ 牝馬
実は候補馬No.1。夕食会の推奨馬にもあげられていました。
カタログコメントとおりすっきりした馬体で、トモも薄い。スタッフの話ではまだ背中が弱いとのこと。というように全般的にダート血統らしからぬ感じが懸念材料。
日曜日に半姉が勝って、人気が上がっているようです。

173 アメジストリングの14 シンボリクリスエス 牝馬
地味ながら好馬体の印象。ツアーでは人気はありませんでした。
シンボリクリスエスの牝馬が懸念材料。

ツアーではこの他に、スカーレットレディの14なども興味を持ちましたが、1頭あたりの予算を広げるとキリがないので、当初の候補馬のなかから、ルミナスポイントの14に申し込むことにしました。
一般的にダート血統は嫌われるようですが、結果さえ出せば気になりません。
マトリョーシカ並みに勝ってくれて、牝馬交流重賞路線に乗ってくれると大満足です。

続いて地方競馬オーナーズ、まずはゴールドアリュール産駒から。

308 グラッブユアハートの14 ゴールドアリュール 牝馬
実は候補馬No.1。体高が数字以上に低く、小さく感じました。
地方競馬で走るには全体的に少し華奢にみえるのが難点。
4月末生まれなので、これからの成長に期待したいところでしょうか。

305 ルカダンスの14 ゴールドアリュール 牝馬
現地でスタッフに聞いた評判馬。この時期とは思えない好馬体の雰囲気。
とはいうもののやや小さく感じました。出来すぎの印象もあります。

312 ブリージーウッズの14 ゼンノロブロイ 牝馬 
ララベルなどきょうだいが走って大人気。馬体は大きめで好馬体の印象。
高くなった値段が難点といえば難点。

331 レイクサイドカップの14 マルカシェンク 牝馬
まずまず好馬体の印象ですが、レイクマッケンジーを見ているせいか小さく見えました。
やはりマルカシェンクというのが懸念材料。

募集頭数も一気に増えたので迷うとキリがない地方競馬募集馬ですが、血統重視もあって、初志貫徹でゴールドアリュール産駒のグラッブユアハートの14に申し込むことにしました。

さて、公式サイトでは申込状況が発表されており、最終発表時点で、ルミナスポイントの14はサンデー12位の第1希望44票。
今年は想像以上のサンデー募集馬への人気集中で、この時点で早くも40票突破。
最終的に何票になるのかとも思いますが、高実績層がダートの格安の部類の馬に申し込むこともないだろうし、私の実績であればまあ大丈夫だと思います。

一方で、グラッブユアハートの14は地方競馬オーナーズ9位の6票。
全般的に申し込み数が少なく、第1次募集で満口まで至らないかもしれません。

ということで、牧場見学ツアーに参加しましたが、カタログで気に入った馬をそのまま第1希望にして、第2希望以下は書かず、今年の申し込みは終了です。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/61781498

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデー・地方競馬オーナーズ申込み:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »