« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の40件の記事

2歳出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
7/31(金)ゲート試験に合格しました。当面の目標が達成できたので、このあとは来週中に社台Fへ放牧に出します。ひと息入れてから秋の栗東TC入厩を目指します。

無事にゲート試験に受かりました。
これで最低目標はクリアできたので、デビューに向けて成長してほしいものです。

◆ベストワークス
周回コースと坂路コースで1日置きに乗られ、周回ではハロン20秒のキャンター2000m、坂路でハロン15秒前後のキャンターを1本消化しています。ずいぶんと後肢がしっかりとしてきて、順調な成長ぶりをみせています。前向きな気持ちも増しているので、折り合い面やオンとオフの切り替えをしっかりさせた いと思います。現在の馬体重は476kgです。

前回の近況から、順調に進んでいるようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆リコルド
マイネルリコルドは、8月1日(土)小倉6R・3歳未勝利・芝2000mに高倉稜騎手で出走します。前走で、やや物足りない結果だったことを受けて、鉾田に出て軽くリフレッシュ。その後は問題なく進められて、入厩後も順調に追い切りを消化できました。先週、先週末としっかりやって、29日(水)の追い切りを軽めにしたのは、この方が良い状態でレースに臨むことができるとの、陣営のジャッジです。立て直した効果に期待しています。

小休養を挟んでいよいよ最後の挑戦です。
状態は上向きなので、まずは最低でも入着、勝ち負けを期待したいものです。

◆パラノーマル
パラノーマルは、8月2日(日)新潟5R・2歳新馬・芝1600mに柴田大知騎手で出走します。最終追いきりは楽な手ごたえのままパートナーを楽に突き放す内容でした。水野調教師は「ここまですごく順調にきましたし、動きも納得できるものです。良いものをもっているとみています。楽しみです」と述べていました。騎乗する柴田大知騎手は「決して新馬向き、という感じはしないのですけれど良い走りをします。先々の成長が楽しみな馬ですね」と評価していました。

いよいよデビュー戦です。
調子は良いようなので、新馬戦、その後の活躍に期待したいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

インペカブル、予定通り出走が確定しました。

◆インペカブル
8/1(土)小倉6R・芝2000m戦に小牧騎手で出走が確定しています。このレースは18頭立てになりました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

リコルド、パラノーマル、予定通り出走が確定しました。

◆リコルド
小倉競馬 8月1日(土) 6R 3歳未勝利 芝2000m 高倉稜 18頭

◆パラノーマル
新潟競馬 8月2日(日) 5R 2歳新馬 芝1600m 柴田大知 16頭

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
今週8/1(土)小倉・芝2000m戦に小牧騎手で出走予定です。想定段階では、このレースはフルゲート16頭にたいして14頭の出走表明にとどまっており、除外の心配はありません。7/29(水)は坂路コースで追い切り、半マイル53.8-38.9-25.4-12.6の時計をマークしました。好時計をマークしており、休み明けをひと叩きして状態はよさそうなだけに、出走枠に入ることができれば楽しみです。

いきなり出走予定。何とラフィアンのリコルドと同じレースに出走するようです。
同一レース2頭出しは2008年3月9日の中京競馬第12R瀬戸特別以来2回目ですが、何もこんな時期の未勝利戦で対決しなくても…
折角の2頭出しなので現地観戦したいのですが、翌日は新潟競馬観戦なので、検討中です。

◆フェイマスワーズ
8/8(土)小倉・芝1800m戦でのデビューを予定しており、北村友騎手に騎乗依頼しました。この中間の状態に変わりなく、7/29(水)はCWコースで併せ馬で追い切られ、5ハロン67.7-52.9-37.3-12.1のタイムをマークしています。あと1~2本の追い切りでデビューに向けて進めていきます。

厩舎では順調に乗り込んでおり、鞍上も確定、このままデビューできそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆リコルド
小倉競馬 8月1日(土) 6R 3歳未勝利 芝2000m 高倉稜

◆パラノーマル
新潟競馬 8月2日(日) 5R 2歳新馬 芝1600m 柴田大知

近況とおりの出走予定。このまま出走できるようです。
リコルドは成績が低下しラフィアンお抱え騎手になりつつある高倉騎手、パラノーマルはいつもの専属騎手です。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬近況。

◆レイクマッケンジー
この中間は順調に調教が進められており、特に疲れも感じられないため、8月17日(月)からの川崎開催での出走を検討しています。

もう少し休ませるのかと思っていましたが、一開催空けただけで、次開催で出走するようです。

| | トラックバック (0)

ラフィアン出資馬申込み

ラフィアン第一次募集も、後期募集となり、先着順申し込みになっています。
募集馬の申込み状況は公式サイトで日々刻々と更新されていますが、全般的に順調に売れているとは言い難い状況です。

そんななか、現時点では1頭満口となって、計5頭が満口になっていますが、様子見を決め込んでいたマイネソーサリスの14が、前期募集締め切り時の残口39口から順調に申込み数を伸ばしています。
今日になって残口が二桁を切りそうだったので、ネットで予約申込をしておきました。

まさか7月中に申し込むことになるとは思いもせず、通常とおり7月中に申し込んで出資が確定するのは、なんと5年振りのことです。
馬代金の一括支払い割引と補償の代替のマイレージなるものが加算されるのは初めてになります。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
7/24(金)は坂路コースで追い切り、半マイル55.7-40.3-26.3-13.3の時計をマークしました。

現地観戦するかどうか早めに決めたいので、小倉の目標レースを定めてほしいものですが…

◆マトリョーシカ
到着後の状態にも変わりありません。いまはウォーキングマシンの運動で調整しています。次走は8/29(土)新潟・麒麟山特別(ダート1800mハンデ)を予定しています。現在の馬体重は514kgです。

まとめて観戦しやすいように小倉で走ってほしかったのですが、新潟競馬出走を目指すようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。到着後の馬体チェックでも脚元を含めて問題はなく、ウォーキングマシンで歩かせて体調を整えています。体調も良好で、近日中に北海道に向かって出発します。

わずか2走しただけの休養はラフィアンらしくないので不満ですが、決まった以上は仕方ないので、これを機にさらに成長してほしいものです。

◆リコルド
マイネルリコルドは、栗東に滞在中。先週末からペースをアップを始めていて、22日(水)には坂路で計測開始地点の前からスピードに乗せる追い切りを消化して負荷をかけています。鉾田でもしっかり乗り込まれていたので問題なく対応できていて、8月1日(土)小倉の芝2000mを視野に入れて進められています。

復帰戦が決まったようです。残り時間はわずか、最低でも入着を目標に頑張ってほしいものです。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。23日(水)にウッドコースでしっかり追いきられました。騎乗した柴田大知騎手(競馬ブック社提供の調教時計で柴山騎手騎乗となっているのは誤りです)は「いいですね。追ってからきっちり反応してくれます。奥がありそうにも感じました」と評価していました。水野調教師は「意図していたとおり十分に負荷をかける稽古ができました。暑いさなかに輸送があることを考えればレース当該週は軽めの追い切りにしておきたいですから、今週、びっしりやっておけてよかったです。動きを見るかぎり、来週のデビューを視野に入れていいでしょう。距離は1400mの牝馬限定戦もありますけれど、最初はマイルくらいから使っていきたいと考えており、2日(日)の新潟の芝1600mを目指していきます」と述べていました。

こちらはデビュー戦が決まったようです。順調にレースに臨めますように。
久々の2歳夏のデビュー戦なので、現地で観戦予定です。

| | トラックバック (0)

園田競馬観戦

今日は仕事が終わってから園田競馬場に行ってきました。

目的の一つは有馬騎手と北野騎手の引退セレモニー。
ともに先日発表されたとおり調教師試験に合格し、騎手を引退することになり、ファンの前でお別れ会が催されることになったので、これは是非にと思って見に行きました。

有馬騎手は中津競馬から、北野騎手は高知競馬からの移籍でしたが、ともに相当の実績を持ちながら、一年間厩務員生活を強いられるという苦労をしての移籍でした。
小牧騎手と岩田騎手の園田競馬を代表する騎手が中央競馬に移籍し、その後を、川原騎手とあわせて2000勝ジョッキーが3人も移ってきてビッグネームを埋めたような感じでした。

しかし、既にベテランの域に達していた有馬騎手はある程度やりとげた感がありますが、北野騎手は騎乗にも恵まれず、思っていたような成績を上げられなかったので残念に思います。
有馬騎手は私よりも年長なので、これでまた年長の騎手がいなくなってしまいました。
ともに調教師としての第二の競馬人生で頑張ってほしいものです。

次の目的はメインレースの兵庫サマークイーン賞の観戦。
元はただのローカル重賞でしたが、GRANDAME-JAPANの一つとして行われるようになり全国交流重賞として開催され、船橋競馬など他場の馬も出走しました。

レースはかなりの強敵揃いかと思いましたが、地元のエーシンサルサが連覇を果たしました。
1番人気の名古屋競馬のピッチシフターが出遅れて3着に破れ、2番人気と3番人気の組み合わせでも好配当を楽々獲得できました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
レース後の回復も順調に進んでおり、次走に向けて今週末ぐらいから徐々にペースアップしていきます。前走で着順による優先出走権を確保できなかったため、次走については流動的ですが、今のところ小倉の芝の中距離戦への出走を目指すつもりです。

毎日芝の中距離レースはありますが、除外となっては意味がないので、目標は柔軟的な対応を願いたいものです。

◆プレリュードフィズ
函館競馬場入厩後も順調で、馬場入りしながらさっそくゲート練習を開始しています。まだダッシュが今ひとつですが、来週くらいにはゲート試験を受けられるかもしれません。少し敏感な面があるものの、飼い葉食いは良好です。

デビューはまだ先とゲート練習などしていなかったと思われるので、時間がかかるかもしれません。
さっさと合格してデビューに向けての調教に戻ってほしいものです。

◆フェイマスワーズ
この中間も順調で、本日7/22(水)はCWコース併せ馬で5ハロン69.2-54.1-39.8-12.8の時計を馬なりでマークしました。しっかりと乗り込まれることで、徐々に良化がうかがえます。今のところ8/8(土)小倉・芝1800m戦でのデビューを視野に入れており、態勢を整えます。

目標レースが定まりました。何はともあれ順調に進んでデビューできますように。

| | トラックバック (0)

マンハッタンフィズ産駒

日曜日の函館記念でダービーフィズが優勝しました。
この馬にとって通算25走目、重賞10走目での初の重賞優勝でした。

このダービーフィズ、いまさらですが、母親がマンハッタンフィズで、昨年私が出資したプレリュードフィズの半兄になります。
ということで、現時点でのマンハッタンフィズ産駒の獲得賞金と主な成績を確認してみました。

06年産 コロンバスサークル 117,980,000円 5勝
07年産 アプリコットフィズ 187,200,000円 4勝 クイーンC、クイーンS
08年産 クレスコグランド 100,100,000円 3勝 京都新聞杯
09年産 シャンボールフィズ 6,670,000円 2勝
10年産 ダービーフィズ 14,000,000円 5勝 函館記念
12年産 マンハッタンキング 4,360,000円 未勝利

一つ上のマンハッタンキングがいまだに未勝利で悪戦苦闘してしますが、他の馬は全て勝ち上がり、さらに勝ちあがった馬はジャンボールフィズ以外は1億円以上の賞金を獲得しています。
いまさら言うまでもなく素晴らしい成績の一族なので、私の出資馬のプレリュードフィズもこれまでの兄姉に続いてほしいと、あらためて祈念した次第です。
もっとも、心配なのが走っていない馬2頭ともにキングカメハメハ産駒であること。
この春からマンハッタンキングが勝ちきれないので不安が募っています・・・

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
昨日掲載が抜けていましたが、昨日のレースでタイムオーバーの規定により、1ヵ月の出走制限の処分が下されています。

タイムオーバーの追加記事ですが、はやくもしがらきで立て直し。小倉競馬出走どころではないかもしれません。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ復帰戦惨敗

マトリョーシカ、中京競馬第10Rインディアトロフィーダート1900mに出走しました。

3月末に1000万円下で勝ち上がってから休養に入ったマトリョーシカ、勝つと休養してしまう馬で、今回は約4か月振りの復帰戦です。
降級初戦で勝って同条件のレースに出走ですが、牝馬限定戦ではなく、ハンデ戦とはいえ牡馬相手のレースで、なかなか厳しい感。
まずはこれまでと同じようなレース運びができるかどうか、できればあっといわせてほしいところ。
あまりレース自体観戦していないので、中京競馬ですが、現地で観戦してきました。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は-4キロの498キロ。
休み明けとはいえ、きっちり仕上げてきた感じのスッキリした馬体。
元々大きい馬なので、この馬体減は大歓迎。
競馬ブックの予想は本紙△と穴馬扱いで、人気は単勝31.6倍の9番人気の人気薄。

さてレース、マトリョーシカはまずまずのスタートから先行、集団の4番手につけてレースを進めます。
1~2角を周って、向正面も位置取り変わらず。
3~4角を周るところで、早くも後退、直線であっという間に最後方まで下がってしまい、優勝馬から7.1秒差の大差で最下位に終わりました。

好スタートから好位置でレースを進めましたが、直線どころか3~4角で脚がなくなってしまいました。
負けるときは惨敗する馬ですが、この惨敗にはがっかり。
現地で見ていたのですが、3~4角では見えないので、集団が直線に入ったところで、後方を走っていたのにはびっくり。
どこか故障でもしたのかとそちらの方が心配になったレースでした。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
7/18(土)中京10R・インディアT(ダート1900m)に川須騎手で出走、馬体重は前走から-4の498kgでした。五分のスタートからダッシュをつけて先行勢に取りついていきました。しかし、勝負所からペースが上がると追走が苦しくなり、直線を迎える場面ではすでに余力をなくしていました。最後は勝ち馬と7.1秒差の16着で入線しています。
レース後、川須騎手は「休み明けですが具合いは良かったです。ただ、前半からペースが速く、この馬も出していったのですが、道中で溜めが利きませんでした。理想としてはスッと好位につけて流れに乗る競馬だったのですが、そういう競馬ができませんでした。3コーナーあたりでは馬が苦しくなって、最後は一杯になってしまいました」とコメントしており、吉村調教師は「今日は展開が厳しかったですね。レース後はそのままNFしがらきへ放牧に出しますが、放牧期間は2~3週間の短期の予定です」と話していました。

検量所前で川須騎手が調教師に長い間身振り手振りで話をしていました。
どうやら馬が全く動かなかったと訴えていたようですが、特にそのことは触れられていません。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常はありませんでした。次走はレース間隔をあける予定です。

ごく短い近況です。このまま厩舎で休ませるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
引き続き常歩3000m、ダク1200m、周回コースで軽めキャンター1200mの後、直線ダートコース(1000m)1本をハロン16~17秒ペースで乗っていました。また、週2日は周回外回りからの長め調教も交え、ラスト3F43~45秒ペースで乗っていました。加えて、入厩後のゲート試験がスムーズに進むように、この中間は簡単なゲート練習も並行してきました。全体的にはまだ良化の余地を残すものの、デビューを前にまずはゲート試験だけでもパスしておきたい考えで、昨日7/16(木)に函館競馬場・石坂正厩舎へ入厩しました。牧場で最後に計測した馬体重は425kgでした。

何とびっくり突然入厩しました。
もちろん入厩=デビューではありません。
ゲート試験を受けるためだけのようで、社台ではこのようなことがよくあるのですが、ゲート試験など入厩してデビュー前に受けてパスすればいいだけのはずなので、何でわざわざ早い時期に入厩させてまで受験させるのかわかりません。

◆ベストワークス
馬体全体に筋肉がついてきて、この夏場を上手く越えてくれそうな予感がしています。週3日は周回コースでハロン20秒のキャンターを2000m、残りの週3日は坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを継続しており、いい手応えで終点まで駆け上がっています。ここまで順調に進められていますが、必要に応じてどこかで短期リフレッシュを挟むかもしれません。現在の馬体重は470kgです。

ここにきて状態が上がってきたようです。
このまま順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、まとまった休養を挟まずに使ってきているので、このタイミングで一息入れることになりました。レースの疲れをしっかり取ってから北海道のビッグレッドファームに向かいます。近日中にビッグレッドファーム鉾田に移動して、体調を整えてから北海道に向かいます。

全出資馬稼動態勢でしたが、あえなく1頭離脱。
2走しただけで休養することになりました。
約2か月鋒田に短期放牧に出したのは何だったんでしょうか。

◆リコルド
マイネルリコルドは、鉾田で順調に調整され、「到着時に比べれば状態は確実に上がっている印象で、体も絞れてシャープになっています」と主任。15日(水)栗東の宮厩舎に入厩しました。再来週から始まる小倉開催を目標に進めていきます。

ようやく帰厩しました。
小倉で最後の挑戦に挑みます。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。先週に引き続き15日(水)にウッドコースで追いきりを行いました。馬なりでサッと流した前回よりも今回はしっかり追って負荷をかける、というのが厩舎サイドの狙いです。動きを確認した水野調教師は「併せた相手が遅れたため、ラストは1頭になったせいか気を抜くようなところがありましたけれど、動きはまずまずだったと思います。来週はさらに強く追う予定です。その走りをみてデビューを新潟の開幕週にするか2週目にするか判断したいと考えています」と述べていました。

間もなくデビューです。順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走確定

マトリョーシカ、登録とおり出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
7/18(土)中京10R・インディアT(ダート1900m)に川須騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
レース後変わりありません。前走は勝てなかったものの内容は悪くなく、芝の走りに目処が立ちました。優先出走権は取れませんでしたがこのまま厩舎で調整して、小倉開催の芝レースへの出走を目指すことにします。

次走は芝のままのようです。
これで入着できなければラストチャンスになると思います。

◆フェイマスワーズ
ゲート試験合格後も順調で、7/12(日)にCWで少し速めを行いました。7/15(水)もCWコースで追い切られ、半マイル56.8-41.0-13.0の時計をマークしています。念願のデビューへ向けて、今後は追い切る距離を延ばして進めていくことになりました。

追い切りをしていますが、まだまだ遅い時計です。
脚元などに不安を抱えているので厳しい調教についていけるかどうか。

◆マトリョーシカ
7/18(土)中京・インディアTに川須騎手で出走を予定しています。フルゲート16頭立てとなりますが、本馬は出走間隔から除外の心配はありません。7 /15(水)はCWコースで追い切りを行いました。このレースを目標に仕上げられており、ハンデを活かしての好走を期待したいところです。

週刊競馬ブックやギャロップではそれなりの評価を受けています。
ただし、54キロとそれほど軽いハンデでもないので、このコメントはどうかと…

| | トラックバック (0)

ラフィアン申し込み状況結果

ラフィアンの第1次募集の前期募集が終了しました。
公式サイトでの募集馬の最終申込み状況は次のとおり。

No.25 マイネプリンセスの14
【お申込総数】 173
【出資可能なポイント数】 24,747ポイント

No.26 マイネレーツェルの14
【お申込総数】 105
【出資可能なポイント数】 3,883ポイント

No.35 コスモミールの14
【お申込総数】 113
【出資可能なポイント数】 4,805ポイント

No.36 ピノブランの14
【お申込総数】 122
【出資可能なポイント数】 5,824ポイント

ということで、満口馬は4頭。

マイネプリンセスの14はツアーで岡田繁幸氏が推奨していたので人気が集中、母親出資者優先権もあるので、出資ポイントがとんでもなく高騰しました。
なお、一昨年岡田繁幸氏が激賞していたマイネルベルセルクが未出走のまま、この日引退決定。
岡田氏推奨の馬は走らないというジンクスがありますが、この馬はどうなるでしょうか。

過半数以上売れた馬はこの他に5頭、50口近く売れた馬が3頭なので、今後満口馬は12頭くらいになると思われます。
なお、50口募集馬は最も売れた馬でも6口、全くもって売れていません。
全般的にこのところ同じような申込み状況に終わりましたが、これほど売れない状況が続いて大丈夫なんでしょうか。

さて、出資することにしているマイネソーサリスの14は申込み数61口と予想よりも申込みがありました。
やはり関西入厩予定で比較的安いことから人気があったものかと思われます。

| | トラックバック (0)

ラフィアン出資馬検討

牧場見学ツアーにも参加しましたが、遅ればせながらラフィアンの出資馬検討です。

ツアーでは私の出資基準である関西入厩馬を中心に見てきました。
この中から事前に関心を持っていた馬の感想は、次のとおり。

06 コスモキララの14 牡馬 グラスワンダー 1800万円
まずまずの繁殖に、ラフィアンでは相性のいいグラスワンダー産駒。
カタログでも華奢に見えましたが、実馬は数字以上に細い馬体で、これでは…

07 コスモベルの14 牡馬 ステイゴールド 2400万円
活躍馬ラッフォルツァートの半弟で、期待のステイゴールド産駒。
事前発表の馬体重が軽く、実馬はさらに小さく、これでは…

09 ジェネロジーの14 牡馬 スクリーンヒーロー 1800万円
産駒が活躍しており人気急上昇のスクリーンヒーロー産駒。
購入してきた馬ですが、兄姉は全く駄目で、この馬もそれほど良くは見えず…

23 マイネソーサリスの14 牡馬 マンハッタンカフェ 1700万円
ゆかりの馬が関西入厩馬になって一気に注目。
成績が悪くなっているとはいえ、これまでの産駒に比べて随分と募集価格が安くなっているのが不可解ですが、特に悪いところもなさそうに思えました。

ということで、今年は出資するかどうか自体決めかねていましたが、募集価格も安く、関西入厩馬になったので、マイネソーサリスの14に申し込むことにしました。

ラフィアン公式サイトでは、申込み状況が日々更新されていますが、前期募集締め切り間際の現時点で満口馬はようやく2頭。
全くもってひどい売れ行きですが、さすがというかマイネソーサリスの14は上位人気で、申込み数が過半数を超えました。
それでも楽々様子見できるので、満口近くになってから申し込もうと思っています。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ特別戦出走登録

マトリョーシカ、予定通り、次週中京競馬のインディアトロフィーに出走登録しました。
登録頭数は26頭、久々なので出走できるはずです。
今日中京競馬場に行ったばかりですが、来週も行くことになるのかな。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走結果

フレスコ、中京競馬第8R500万円下芝2200mに出走しました。

前走短期休養明けの降級初戦で4着とまずまずの結果だったフレスコ、中1週での出走。
皐月賞に出走した4号馬が強敵ですが、1000万円下での入着経験もあるので、前走以上の好走を期待したいところ。
インペカブルとの2頭出しで、中京競馬場で現地観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は+2キロの480キロ、ややうるさい感じを見せての周回。
競馬ブックの予想は○もある本紙△。
人気は4号馬が単勝1.7倍の一本被りで、フレスコは単勝16.9倍の7番人気。

さてレース、フレスコはそれほどの出遅れもなく、集団の真ん中あたりに位置取りしてレース進行。
そのまま位置取り変わらず、1~2角、向正面とレース進行。
3~4角を周っての直線勝負、最後まで集団半ばのまま変わらず、結局9着で入線しました。

前走同様にそれほどの出遅れもなく、集団半ばでレースを進めましたが、終盤全く伸びず、ほとんどそのままの位置で敗退してしまいました。
人気馬が実力を発揮して優勝しましたが、フレスコは残念ながら全く内容のないレースでした。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
和田騎手「前回で乗せてもらったときは行きっぷりが案外でズブさも見せていました。何もしないと進んでいかない可能性がありますから、今回はテンにハミを掛けて促していったのです。あれだけやっても引っ掛かっていく様子はなく、淡々とマイペースでしたが、良い位置は取れました。ですが、直線では思いのほか 伸びなかったです。中京の馬場は時計を要するので合っているとは思うのですが、他馬が苦にする分、渋った方がなお向いているようにも感じています」

| | トラックバック (0)

インペカブル復帰戦出走結果

インペカブル、中京競馬第6R牝馬限定未勝利戦芝2000mに出走しました。

年末年始に3走して6着、7着、7着と可もなく不可もなく、ぱっとしない成績のまま、馬体減りから休養に入ったインペカブル、せいぜい2~3月の休養かと思いましたが、何と半年間も休養して、寒い時期から暑い時期になってようやく復帰線を迎えることになりました。
残り時間はわずか、まずは入着して出走権を確保しながら調子を上げていってほしいところ。
新馬戦が仕事で現地観戦できないなど、これまでロクに観戦していないので、復帰戦でのいきなりの好走は疑問でしたが、中京競馬場まで行って現地観戦してきました。

パドックのインペカブル、馬体重は前走比+8キロの444キロ。
パドックで実馬を見るのは初めてですが、すっきりした馬体。
半年かけても馬体の成長はほとんどなく、この時期まで戻さなかった訳がわかったように思います。

競馬ブックの予想は△が一つあるだけの低評価。
惨敗続きではないのでもう少しは評価されて良さそうなものかも。
これを受けて人気は単勝38.2倍の8番人気。

さてレース、インペカブルは好スタートから先行、集団の3、4番手につけて、正面、1~2角とレースを進行。
向正面で仕掛ける馬がいて集団の位置取りも変わりながら3~4角へ。
最後の直線勝負、先行馬についていき、前が開いてさあこれからと思いましたが、それほど伸びず、逆に外から一気に後続勢に抜かれてしまい、最後は7着で入線しました。

先行して好位置で直線に入ったので、崩れずにいけば勝ち負けもと思いましたが、それほ脚がなく、これまでと同じような成績に終わってしまいました。
まずは最低目標の次走優先出走権がとれずがっかり。
芝かダートかはっきりしない馬なので、走れるところで数を使っていくしかないようです。

社台公式サイトによるレース解説。

◆インペカブル
7/12(日)中京6R・芝2000m(牝)戦に出走、馬体重は444kg(+8)でした。五分のスタートを切るとジワッと前をうかがい、3番手のインを追走しました。勝負どころでもジッと脚を溜めると、直線は一瞬伸びそうな場面がありました。しかし、最後は脚色が鈍ってしまい、勝ち馬と0.8秒差の7着に敗れています。
騎乗した小牧騎手からは「内でうまく運べたのですが、良馬場発表ながら馬場が荒れていたこともあり、直線で弾けませんでした。パンパンの良馬場なら通用しそうな感触はあります」とのコメントがありました。

随分と簡単なレース解説、見るべきところもなかったのでしょうか…

| | トラックバック (0)

社台・サンデー2次募集終了

社台・サンデーの1.5次及び2次募集が終わりました。

中央競馬ファンドでは、社台の関東馬・関西馬で20頭・13頭、サンデーの関東馬・関西馬で11頭・8頭と都合52頭と大量に売れ残りました。
このところ年々売れ残りが多くなっていますが、やはりというか特に社台の売れ残りが増えています。
これから来年の締め切りまでどれだけ売れるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、7月12日(日)中京8R・3歳以上500万下・芝2200mに和田竜二騎手で出走します。前走である程度の体力を消費したと思われますが、回復が早く馬自身も元気にしていて、今週の出走に至りました。8日(水)は坂路で追い切られ、前半は控えてラスト2ハロン重点の内容。中1週でもあり、それほど強い負荷は必要ないとの判断です。さらに前進を期待しています。

中1週で復帰2戦目に出走、頑張ってほしいものです。

◆リコルド
マイネルリコルドは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間からハロン15秒までペースを上げる追い切りを始めました。「当初よりも落ち着いて走れるようになり、走るフォームも良くなってきました。仕上げに入っていて、さらに強い負荷をかけていきます」と主任。来週、再来週の入厩が有力です。

ようやく帰厩しそうです。逆算して残り何回走れるでしょうか。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。9日(木)にゲート試験を再受検し、合格しました。ただ、先週よりは良くなっているとはいえまだダッシュは速いほうではありません。水野調教師は「デビュー前にもう一度練習が必要かもしれませんね。とはいえ、まずはデビューへの第一関門を突破できてよかったです。これからピッチを上げて乗り込んでいきます。8月の新潟でのデビューを視野に進めて行きます」と述べていました。また、騎乗した松岡騎手は「たしかにゲートからの出は速くありませんが、出ようとする意識はありますからよくなってくると思いますよ」と評価していました。続けて翌10日にはウッドで追いきりを消化。72.1-56.1-40.6-13.3のタイム(数字は調教師のもの)を馬なりでマークしており順調です。

ゲート試験に合格というか、一度落ちていたようです。
ゲート出が悪いようなので心配ですね。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬申込み状況

ラフィアンで募集馬の申し込み状況が発表されています。

ツアー後の先週2日から発表されていますが、1週間たってもあまり売れていません。
現時点で最も募集口数が多いのは、マイネプリンセスの14の78口で、いまだに満口に至っていません。
過半数以上申込みがあるのは、マイネレーツェルの14の61口、ピノブランの14の53口、コスモミールの14の52口と、あわせてわずか4頭。
申込み数30口以上まで広げても、この4頭を含めてたった10頭。
発表から1週間たっても昨年の当初発表時と同じような申込み状況でしかありません。

また、100口募集馬では申込み数10口以下が21頭、50口募集馬では全8頭中7頭が5口以下しか申込みがありません。
早い話、募集された馬のうち半分の馬が1割も売れていません。

どうせ売れ残るから締め切り間際まで様子見しようという会員もいるとはいえ、これらの申込み数は全くもって酷い状況です。

牧場側は走ろうが走るまいがクラブに売り渡せばそれでいいのでしょうが、クラブ側でこれほど売れ残っていては経営的に心配です。
よく批判されるようにクラブ運営のコストカットばかりに熱心なのもやむを得ないように思いますが、会員にとってはこれでは困るので、経営的にも立ち直ってほしいのですが・・・

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
7/12(日)中京6R・芝2000m(牝)戦に小牧騎手で出走が確定しています。このレースは18頭立てになりました。7/9(木)は坂路コースで追い切り、半マイル53.9-38.8-24.9-12.5の時計をマークしました。

出走が確定しました。
このレースでデビューする馬や二桁着順ばかりの馬もおり、相手関係に恵まれた感。
約半年振りの出走で、時間をかけてきた成果をみせて頑張ってほしいものです。

◆フェイマスワーズ
7/9(木)にゲート試験を受けて、無事合格しました。今後はデビューに向けて、本格的な追い切りに移行していきます。

すんなりゲート試験合格、これからデビューに向けて調教についていけるかどうか。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

フレスコ、出走が確定しました。

◆フレスコ
7月12日(日) 中京競馬 8R 3歳以上500万下 芝2200m 和田竜二 16頭

出馬表を見ると、降級馬はフレスコ含めて3頭、1000万円下で入着経験もあるフレスコは実績上位なので、頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
今週7/12(日)中京・芝2000m(牝)戦に小牧騎手で出走することになりました。想定で同レースにはフルゲート18頭に対して19頭が出走を表明していますが、前走からの出走間隔が長い本馬に除外の心配はありません。左前脚の状態はもう心配なく、明日(木)に最終追い切りを行って出走態勢を整えます。入厩後からレースに使うまでに時間を要しましたが、その分じっくり乗り込みを消化してこれました。走法からは芝・ダートを問わない印象で、今回はダートに戻すことになりますが、脚質的にも直線の長い中京コースは合いそうですし、これまで以上の結果を求めたいところです。

ようやく復帰戦を迎えることになりました。
何やらコメントが変ですが、芝に戻して頑張ってほしいものです。
調教でも岩崎騎手が乗っていたのでうんざりしていましたが、小牧騎手で鞍上強化。

◆マトリョーシカ
この中間の状態に変わりなく、7/8(水)はCWコースで川須騎手が騎乗して追い切りを行いました。7/18(土)中京・インディアTに川須騎手で出走を予定しています。

期間を置いたことで順調に復帰戦に臨めそうです。

◆フェイマスワーズ
この中間もゲート練習中心の調整を行っており、7/9(木)にゲート試験を受けることになりました。

まずはゲート試験。いまさらゲート難などは勘弁したいもの。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
7月12日(日) 中京競馬 8R 3歳以上500万下 芝2200m 和田竜二

茶臼山高原特別に出走登録していますが、平場のレースに出走するようです。
鞍上はいつもの関西ジョッキーで一安心。

| | トラックバック (0)

フレスコ特別戦出走登録

フレスコ、次週中京競馬の茶臼山高原特別芝2000mに出走登録しました。
登録頭数は22頭、前走入着なので出走できます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
この中間も順調に調教メニューをこなしています。常歩3000m、ダク1200m、周回コースで軽めキャンター1200mの後、直線ダートコース(1000m)1本をハロン16~17秒ペースで乗る通常メニューに加え、週2日は周回外回りからラスト3F43~45秒ペースで駆け抜ける長め調教も消化しています。動きはシャープでキレを感じさせます。ただ、現状ではまだ馬力が不足している感が否めません。もう少し腰に幅が出れば加速はもっと楽になりそうで、今後も日々のトレーニングを通じて体幹を鍛えていき、腰を含めた馬体の各部の強化を図っていきたいと思います。現在の馬体重は424kgです。

ここにきて馬力不足の致命的なコメント。要は成長していないということだと思いますが、先行き不安です。

◆ベストワークス
週3日は周回コース2000mをハロン20秒、他の3日は坂路コース(800m)でハロン14~16秒のペースで乗り込んでいます。体力が備わってきたので、坂路コースでも最後まで手応えよく走って動きに成長が感じられます。馬体も少し体高が伸びて、順調に成長しています。夏場はしっかりと鍛えて、秋の入厩を目指します。現在の馬体重は476kgです。

一方で、まだまだと思っていたベストワークスに入厩の言葉。順調に成長することを願います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。レース後も特に気になる点はなく、戻ってからは軽めのメニューで体調が整えられています。次走も同じような条件のレースを予定しており、今週から始まる中京開催の芝2000m以上のレースを視野に入れています。

この時期なので芝2000m、2200mのレースは毎週あります。
目標を絞って頑張ってほしいものです。

◆リコルド
マイネルリコルドは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。当初は行きたがっていましたが、徐々に慣れてコントロールしやすくなっています。来週あたりには追い切りが始められる見込み。8月1日から始まる小倉開催が目標になりそうです。

思っていた以上に時間がかかり、8月復帰となりそうです。
復帰戦がいきなり勝負、ここで頑張らないと後がないですね。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークで調整が進み、2日(木)に美浦の水野厩舎へ移動しました。特にアクシデントはなく無事に到着しています。水野調教師は「早速、3日から運動を開始してゲート練習を行っています。自分が騎乗したのですが、きょうは出がいまひとつでしたね。ただ、牧場でしっかり出られていたのは確認していましたので、慣れてくれば問題ないでしょう。牧場で見た際に良い走りをしていた馬で入厩するのを楽しみにしていました。まずはゲート試験合格を目指していきます」と述べていました。

無事に入厩しました。ゲート出が懸念材料で、まずは試験合格を。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・地方競馬オーナーズ申込結果

社台・サンデー・地方競馬オーナーズの申込結果が発表されました。

公式サイトでのお知らせは、
中央ファンド馬・・・ルミナスポイントの14 ○
地方共有馬・・・グラッブユアハートの14 ○
ということで、無事に2頭とも申込み通り決定しました。

ルミナスポイントの14は、サンデー7番人気の109票で、心配していましたが、問題なく確保。
社台・サンデーでは安い馬の部類で、募集価格×4の実績があれば大丈夫という話は間違いないようです。
着実に走りそうな馬に出資するという当初の目的通り確保できて何よりでした。

さて、クラブ全体の現時点の満口状況ですが、社台は関東・関西馬が12頭・25頭の計37頭、サンデーは関東・関西馬が23頭・33頭の計58頭が満口となりました。
予想とおり社台馬が大量に残りました。あとは1.5次と2次でどれだけ売れるかに注目でしょうか。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ申込み状況発表

社台・サンデー・オーナーズの公式サイトで現時点での募集馬の申込み状況が発表されました。

社台では50口以上申し込みがあったのが11頭、41口~49口が3頭の合計14頭の満口確定。
サンデーでは50口以上が28頭、41口~49口が8頭の合計36頭の満口確定。
事前の予想とおり、圧倒的なサンデー人気となりました。
申し込み数も圧倒的な差で、下記の上位人気5頭でみても倍ほどの違いがあります。
これほど両クラブで大きな違いが出たのは全く記憶にありません。
実際の満口頭数では相当の差がでることが予想されます。

<社台>
サプレザの14 87
スタセリタの14 83
モンサンミッシェルの14 83
ドバウィハイツの14 82
アドアードの14 78

<サンデー>
シャーペンエッジの14 156
ラヴズオンリーミーの14 148
マジックストームの14 135
タンザナイトの14 131
ハッピーパスの14 122

さて、私が申し込んだルミナスポイントの14は、サンデー7番人気の申込数109票。
まさか申込数が100票を超えるとは思ってもみませんでした。
実績は、地方競馬オーナーズと合わせると345なので、多少人気になっても大丈夫と思っていましたが、かなり心配になっています。

ところで地方競馬オーナーズでは申込数までは発表されず、満口状況のみ。12頭が満口になりました。
私が申し込んだグラッブユアハートの14は満口近しにも至らず、購入が確定しました。

いよいよ明日は第1次募集の結果発表です。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー3連勝!

レイクマッケンジー、川崎競馬第10Rア・フラッド・オブ・サークル賞B2(二)B3(一)ダート1600mに出走しました。

前走で連勝、B2クラスに昇級したレイクマッケンジー、得意の川崎競馬で中2週での出走。
昇級初戦で相手強化も、勢いをかって勝ち負けを期待したいところ。
晴れのメインレース出走で、現地観戦したいところですが、北海道遠征を続けたばかりなので自宅でネット観戦。

パドックのレイクマッケンジー、馬体重は前走比+3キロの589キロと好馬体を持続。
予想は競馬ブックでは○、デイリースポーツでは◎と好評価、これを受けてさすがの単勝2.9倍の1番人気。

さてレース、レイクマッケンジーは好スタートから押して先行争い、やや控えて4番手あたりにつけてレース進行。
そのまま向正面まで進みますが、3角手前から一気に上がっていき、3〜4角を周ったところで1号馬と並んで先頭に立ちます。
直線勝負、並んだ1号馬には脚がなくあっさり差をつけ、さらに後続勢の追い上げも抑えて、見事に3連勝を果たしました。

昇級初戦で相手強化も、前走よりは比較的相手関係に恵まれ、勝ち負けを期待していましたが、これに応えて勝って嬉しい限りです。
ここに来て特別戦3連勝で大きく賞金を加算し、楽々Bクラスに安定、さらに上を目指せそうです。

先日の牧場見学ツアーにも来場していた、調教をつけている川島厩舎の山下調教師の話では、馬がよくなり先行できるようになり、自分でレースを作れるようになったのが大きいようです。
5月のレース観戦の際にも、川島調教師が社台の良血馬なので成長力があり上を目指したいと話していましたが、今後が楽しみです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説です。

◆レイクマッケンジー
7月2日(木)川崎10R・ア・フラッド・サークル賞・B2(二)B3(一)組・距離1600m戦へ57kg澤田騎手で出走しました。馬体重はプラス3kgの489kg、いつもより体が硬く踏み込みが浅いように見え、落ち着きすぎていましたが、張り艶は文句なく好気配でした。単勝は2.9倍の1番人気。レースでは好スタートから追っつけていきましたが、1コーナーから控えて4番手からの競馬になりました。先行する3頭が飛ばす縦長の展開の中、5番手の外目を追走してレースの流れに乗り、残り600m手前から手応え良く上がっていきました。4コーナーでは手綱を引っ張ったまま単独先頭に躍り出ると、直線では馬場の真ん中から力強く抜け出して3/4馬身差で快勝、3連勝を飾りました。勝ち時計は1分45秒5でした。
澤田騎手からは「クラスは上がっていましたが、前走強い競馬ができたので自信を持って乗りました。相変わらず最初の1、2コーナーでスピードを落とす癖がありましたが、それ以外は完璧な内容でした。先行勢を馬なりのまま競り潰す内容の競馬で、少し仕掛けが早かったのですが、最後までバテることなくしっかりした脚で伸びてくれました。本当に一戦毎に強くなっていくので、毎朝、調教で乗るのが楽しいです。今はBクラスですが、来年正月の報知オールスターカップへ出走できるように頑張ります。」と、千葉厩務員からは「いきなりのB2クラスで、これだけの競馬ができて凄い成長力です。最近、落ち着いてきたのもいいのでしょう。無駄な体力を使わない賢い馬になっています。まだまだ上を目指せる4歳馬なので、今後もしっかりと育てていきたいです。夏場は無理をせず、獣医師、オーナーサイドと相談して次のレースを決めましょう。」とのコメントがありました。

さすがに3連勝で嬉しいコメントばかり。
なお、レースが続いていたのでここでしばらく休ませそうな感じですね。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
7月2日(木)川崎10R(20時15分発走)・ア・フラッド・サークル賞・B2(二)B3(一)組・距離1600m戦へ57kg澤田騎手で出走します。14頭立ての5枠8番です。追い切りは6月28日(日)に4Fから54.6-40.1秒の時計を馬なりでマークしています。

昇級初戦となり相手関係は厳しくなりますが、近走二桁着順続きなど明らかに調子落ちの馬もおり、強そうな馬は数頭。
得意の川崎競馬で、勢いをかって上位進出、勝ち負けを期待したいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆インペカブル
7/1(水)は坂路コースで追い切り、半マイル58.2-40.8-25.7-12.5の時計をマークしました。終いはまずまずだったものの、全体の時計としてはもう少ししっかり追いたかったところです。先週と今週の追い切りの動きを踏まえ、もう少し乗り込んでから出走させたいため今週は使わず、来週以降のレースに向かうことにします。脚元はもう気にしておらず、引き続きしっかりと乗り込んで出走態勢を整えていきます。

どこまでもじっくりと出走態勢を整えます。さて残り何回走れるか。

◆マトリョーシカ
この中間も順調で、本日7/1(水)は坂路コースで半マイル54.3-39.1-25.6-12.9の時計をマークしました。7/18(土)中京・インディアTへの出走を目指して、しっかりと態勢を整えていきます。

調教は順調のようです。万全の態勢でレースに臨めますように。

◆フェイマスワーズ
輸送の疲れもなく、すぐに乗り出しました。7/1(水)からはゲート練習も開始しており、出走態勢を整えていきます。

こちらも出走態勢を整えています。

社台・サンデーで出資馬3頭同時期に復帰、出走態勢とは初めてのことです。

| | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »