« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー4連勝ならず

レイクマッケンジー、川崎競馬第10R夏祭り特別ダート1600mに出走しました。

目下3連勝で一気にB2クラスまで上がって絶好調のレイクマッケンジー、1開催を挟んで、川崎競馬への出走で、4連勝といきたいところ。
私は夏季休暇をとって急遽現地観戦してきました。

パドックのレイクマッケンジー、馬体重は前走比-2キロの487キロで、好馬体を維持。
予想は競馬ブックでは◎も打たれて本紙▲、デイリースポーツでは本紙◎の好評価。
人気は上位4頭で分かれた単勝4.1倍の2番人気と好人気。

さてレース、レイクマッケンジーは好スタートから先行争いで3,4番手につけてレース進行、人気馬の一角の10号馬がハナにたってレースを引っ張ります。
この日の川崎競馬では6Rから先行逃げ切り勝ちの展開ばかりで、ここで嫌な雰囲気。
向正面では先頭馬との差が広がりますが、何とかついていって3~4角を周って直線へ。
直線勝負、先頭の10号馬がさらに引き離して勝負あり、レイクマッケンジーは一時2番手まであがりましたが、後続馬に交わされてしまい、最終的に3着で入線しました。

連勝中は直線に入ったところで先頭に立ち、後続勢を引き離して勝つという展開でしたが、この日は先頭馬についていけず、完敗の内容。
先行有利の展開のうえ、先頭馬が速過ぎたのですが、残念至極。
連勝ストップからの次走巻き返しを期待したいところです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
8月19日(水)川崎10R・夏祭り特別・B1(二)B2(一)組・距離1600m戦へ55kg澤田騎手で出走しました。馬体重はマイナス2kgの487kg、少し体が硬くなって迫力に欠けましたが、張り艶は良く見え、まずまずの気配でした。レースでは好スタートからダッシュ良く飛び出した後、外へ持ち出して3、4番手からの競馬になりました。逃げた馬が3馬身ほど離す展開の中、2番手集団の外目を手応え良く追走し、3コーナーから差をつめていきました。4コーナーで単独2番手に上がって、直線では馬場の真ん中から懸命に追われましたが、伸び切れず0.8秒差の1分43秒9の3着に終わりました。
澤田騎手からは「スタートは良かったのですが、2ハロン目からペースが上がって少し追走に苦しみました。そこで離されてしまい、2番手の今野騎手も追いかけていかなかったため、逃げ馬を楽にさせてしまいました。3コーナーから上がっていく脚はあったのですが、今日はそこで終わってしまった感じです。申し訳ありませんでした。」と、川島正一調教師からは「B1クラスへ一気に上がって相手強化のうえ、勝ち時計も速すぎました。昨日10Rの交流、11RのA2以下の特別より速いので相手が悪かったです。おそらく早めに追いかけて行っても同じ結果になっていたでしょう。悲観することはなく、確実に力をつけていますので、次は自己条件の交流戦を予定しています。」とのコメントがありました。

|

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62122745

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー4連勝ならず:

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »