« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

キャロットとシルク

一口馬主掲示板では普段は自分の入っているクラブの分しか読んでいませんが、このところキャロット、そしてシルクのスレの伸びが凄いことになっています。
9月はこの2つのクラブの募集時期であるためですが、ざっと眺めての感想。

キャロットでは、1次募集の結果発表がありましたが、非会員には全く理解できない複雑な決定方法です。
掲示板のスレや知り合いのブログなどを見ても希望通り獲得できたりできなかったりで悲喜こもごも。
ノーザンファームの良血馬への人気集中だけかと思っていたら、幅広く申し込みもあるようです。
ここで申し込む会員は一体どのくらいいて、何頭、何口くらいに申し込んでいるのでしょうか。また、申し込み者の平均像はどうなんでしょうか。
やはり本家と言われる社台・サンデー会員はもちろん、本当の馬主さんが結構いて大口で何頭も買い漁っているのでしょうか。
土曜日に阪神競馬場に行ってもキャロット馬が勝って口取りではにぎやかで、数多の一口馬主クラブのうち、目下最大の人気クラブのようですが、会員数を含め実像がよくわかりませんね。

次に、今やノーザンファーム系のクラブとなったシルクでは現在申し込み中のようですが、今年から募集方法を過去3年間の実績制に変更したため、この関係での書き込みが増えているようです。
キャロット以上に会員層が幅広く、当たり前のように10口単位で申し込む人もいれば、大多数は1口で申し込んでいるようで、そのあたりの格差が相当あるようです。
ラフィアンでも永久実績制が導入された時に、年に2,3頭の零細会員ではいつまでたっても高実績者に太刀打ちできないと怒り心頭でしたが、過去3年間でも毎年100万円以上ぶちこむような会員が沢山いれば、多数口クラブの大多数の零細会員では歯が立たないでしょう。
まだ歴史も浅く、キャロットのように元クラブ馬の産駒がいるわけでもないので、文字通りノーザンファームのアウトレットクラブかと思いますが、今後どうなるのでしょうか。

ところで、公式ホームページをみると、私の元出資馬のアンソロジーの14年産駒が募集されていました。
12年産駒のフェイマスワーズ、13年産駒のベストワークスとサンデーで募集されて出資しましたが、その下は募集されずにどうなったかと思っていましたが、シルクからの募集になっていたようです。
成績良好のポップスの産駒もキャロットから募集されているように、今後は元出資馬の産駒もキャロット、シルクと募集されることが多くなりそうです。
シルクに入会してまでアンソロジーの産駒には出資しないつもりですが(笑)

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62380016

この記事へのトラックバック一覧です: キャロットとシルク:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »