« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー4着敗退

レイクマッケンジー、船橋競馬第11R神無月特別1600mに出走しました。

この2走はちぐはぐな内容で3着敗退が続いたレイクマッケンジー、デビュー以来乗り続けてきた澤田騎手からついに乗り替わり、8か月振りに地元船橋競馬に出走と、気分一新の出走となりました。
相手関係は近走で好走の馬が多く、なかなか厳しいようですが、勝ち負けを期待したいところ。

パドックのレイクマッケンジー、馬体重は前走比-2キロの488キロ。2人引きで好気配の印象。
競馬ブックの予想ではちらほら印がある程度で本紙無印と評価は低く、これを受けて単勝17.3倍の7番人気と人気薄。

さてレース、レイクマッケンジーはスタートで躓いて出遅れ。押していきますが、中団後方に位置取り、12号馬レガルスイが先行するレース展開。
向正面12号馬が集団を大きく引き離して縦長の展開となりますが、レイクマッケンジーは中団後方のまま。
3~4角を周っての直線で、先行する12号馬は楽々先頭のまま優勝。
続いて後続勢から1番人気の7号馬が抜け出して2着も確定。
そのあと、後続勢がゴールになだれ込みますが、レイクマッケンジーは外目から一気に追い込んで3着争いからハナ差の4着で入線しました。

スタートで出遅れた時点で残念ながらレース終了。
早いペースに中団後方のままで追走するのがやっとで、これは惨敗かと思いましたが、最後の直線で良く追い上げて3着争いをみせ、能力があることは立証できました。
終わってみれば、多少ともなり上位につけていれば勝ち負けに至ったのではないかというスタートが全てのレースでした。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
10月9日(金)船橋11R・長月特別・B1(二)組以下・距離1600m戦へ56kg真島騎手で出走しました。馬体重はマイナス2kgの488kg、今日は硬めの歩様も張り艶は良く、まずまずの気配でした。レースではスタートでバランスを崩した後、押してていき中団後方よりの8番手で1コーナーを回りました。レガルスイが速いペースで飛ばす縦長の展開の中、1番人気のハッピーウェーブと並んで中団から仕掛けていきました。3、4コーナーで置かれましたが、直線で馬場の外目へ持ち出すと良い脚で追い込み、3着争いに加わったところがゴールとなり、ハナ差で惜しくも4着に終わりました。勝ち馬からは1.9秒差、時計は1分42秒3でした。
真島騎手からは「この馬、強くなりますよ。初めて跨ったのですが、背中の感触は凄く良かったです。スタートで躓いたため、予定より後ろからになってしまいました。瀧川騎手の前につけたかったです。道中は内へささりっぱなしで、手前を中々替えてくれませんでした。ゴール前でようやく替えてくれたら伸びてきました。砂を被っても問題ないので、道中は動かずに馬群の中で我慢して終いの脚を伸ばす競馬が合っていると思います。先行するとおそらく、じりじりになってしまう感じがしました。」と、川島正一調教師からは「澤田騎手から真島騎手に替えて、この馬の新たな面がわかりました。今日のような競馬で、馬群の中から追い込む競馬がベストかもしれません。この後については、かなり使い込んできたため、獣医師に診てもらい疲れがあれば、放牧に出すことも検討させてくださ い。」とのコメントがありました。

レース結果は残念でしたが、やはり能力はあり、評価自体は下がらないようです。
鞍上も好印象のようで、このまま乗り続けてもらいたいものです。
使い詰めなのは確かですが、地方競馬では異例の月1回ペースの出走だけに、問題さえさければ続戦希望で、賞金がB1手前で足踏みしているので、勝って休養といきたいところです。
ところで、スタッフのS氏はずっとレース名を勘違いしていますね(笑)

|

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62443946

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー4着敗退:

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »