« ラフィアン明け1歳馬募集開始 | トップページ | フレスコ特別戦出走登録 »

ベストワークス2走目出走

ベストワークス、京都競馬第4R芝1400mに出走しました。

新馬戦9着とパッとしない成績に終わったベストワークス、中3週で距離を短くしての2走目出走。叩いての2走目で上位進出を期待したいところ。
地元の京都競馬なので現地観戦に。

パドックのベストワークス、馬体重は前走変わらず454キロ。
競馬ブックの予想は△が一つあるだけの本紙△。
パドックが始まった頃は10倍台だった人気は徐々に下がって、単勝45.6倍の8番人気とイマイチの人気。

さてレース、ベストワークスはまずますのスタートから先行争い、3番手から2番手につけてレース進行。
3~4角を周るところでは3頭並んで直線に。
直線勝負、ベストワークスは一旦先頭に立ちましたが、直線半ばで脚がなくなり後退、最終的に6着で入線しました。

先行して好位につけて直線に入ったのでこれは勝ち負けかと思いましたが、早いところで脚がなくなってしまいました。
デビュー戦と違って見せ所はあったので、距離を短くして次走に期待したいところ。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ベストワークス
11/28(土)京都4R・芝1400m戦に松山騎手で出走、馬体重は前走から増減なしの 454kgでした。五分のスタートから行き脚がついて好位2番手を追走しました。4コーナーでは3頭が横並びになった形になり、真ん中の位置で直線へ入ると一旦は先頭に立ちましたが、手応えが怪しくなってしまい、最後は勝ち馬から1.0秒差の6着での入線でした。
レース後、松山騎手からは「ゲートを上手く出られていいポジションで競馬が出来ました。ただ勝負どころで後続に迫られてスッと反応できませんでした。その分が着差に出てしまいました。芝でも悪くはありませんが、ダートがいいかもしれません」とのコメントがあり、羽月調教師は「手応えよく回ってきてたのですが最後の脚色がよくなかったですね。次走は距離を短縮して1200m戦にするか、騎手の進言どおりダート戦を試すか、検討します」と話していました。

ダートの前にまずは芝1200mで出走と願いたいものです。

|

« ラフィアン明け1歳馬募集開始 | トップページ | フレスコ特別戦出走登録 »

ベストワークス」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62768447

この記事へのトラックバック一覧です: ベストワークス2走目出走:

« ラフィアン明け1歳馬募集開始 | トップページ | フレスコ特別戦出走登録 »