« マトリョーシカ復帰戦3着 | トップページ | 共有馬近況 »

社台・サンデー・G1会員の集い

「社台・サンデー・G1会員の集い」が京都で開催されたので、参加してきました。

関東と関西で隔年で開催される「会員の集い」ですが、今年はいつものホテルニューオータニ大阪と違い、ホテルグランヴィア京都で開催されました。

パーティーは、3クラブの社長あいさつから開会。
会場が例年よりも半分の面積なので、懸念していた通り、会場は参加者でびっしり一杯。宴会場前のスペースを使っても、テーブルにつけない人がいるくらい。
私はお知り合いの会員さんと合流してテーブルを確保しましたが、料理テーブルから離れ、参加人数からみてとても行列に並べそうになかったので、この日は料理は断念。前回と違いあまり食べることができませんでした。
いつもの会場が確保できなかったようですが、やはりこの狭さでは次回は見直してほしいものです。

さて、パーティーは途中で騎手の紹介などもあり、次第に騎手や調教師など関係者が来場したところで、私は関係者周り。

ノーザンファームの中尾さんがいたので、牧場見学のお礼などしたところ、私は見学を断られたことはないのですが、キャロット、シルクでは制限が厳しくなかなか見学できないようで、見学希望頭数が多く調整が大変なようです。

社台関係ではオーナーズの角南さんから声をかけてもらい、レイクマッケンジーは目下リフレッシュ中、前回騎乗した真島騎手の評価が高かったようで、今後の騎乗をお願いしたいものです。

調教師と騎手では、マトリョーシカの吉村調教師とは、出走期間が開きすぎると振ると、それほど身体は弱くないのですがと困ったような反応。ようやく復帰でき、次走予定は適鞍の姫路特別かと思いましたが、同日の中山ダート2400mも視野に入れているとのこと。遠征好きなんでしょうか。

いつものように宮本調教師と話しをし、未勝利引退のインペカブルの河内調教師は一昨年とは違い残念モード。なかなかうまくいかないようです。

そのインペカブルに乗った小牧太騎手がいて、先日ベストワークスの新馬戦の話を振ると、反応がイマイチ。調教でも乗っていたはずですが、よく覚えていないようでした。
騎手では若手騎手は結構残っているものの、主だった騎手は壇上あいさつを終えるとすぐに会場からいなくなってしまうのですが、小牧騎手は結構残っているようです。

調教師では佐藤哲三氏と一緒にいた佐々木調教師や何人もの方々がいましたが、お目当ての調教師は会場が人で一杯で、探すのも一苦労。
最後にようやく見つけた石坂調教師にプレリュードフィズのことを尋ねると、まだ幼い感じで、ゲート試験は受かっているので、年内には入厩させたいということでした。さすがの良血馬でよく尋ねられているようで、ちょっと困ったような感じでした。

「会員の集い」は、これで3回目の参加になりますが、非日常空間なので参加していて楽しいのですが、今回はやはり狭くてゆっくりできなかったのが残念でした。
なお、それほど飲んだつもりはなかったのですが、食事をあまり取らなかったせいか、結構酔いが回ってしまい、長い帰りもなかなか大変でした。

|

« マトリョーシカ復帰戦3着 | トップページ | 共有馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62648302

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデー・G1会員の集い:

« マトリョーシカ復帰戦3着 | トップページ | 共有馬近況 »