« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の27件の記事

フレスコ特別戦出走登録

フレスコ、中京競馬栄特別芝2000mに出走登録しました。
登録頭数は47頭、とても出走できないと思います。

| | トラックバック (0)

ベストワークス2走目出走

ベストワークス、京都競馬第4R芝1400mに出走しました。

新馬戦9着とパッとしない成績に終わったベストワークス、中3週で距離を短くしての2走目出走。叩いての2走目で上位進出を期待したいところ。
地元の京都競馬なので現地観戦に。

パドックのベストワークス、馬体重は前走変わらず454キロ。
競馬ブックの予想は△が一つあるだけの本紙△。
パドックが始まった頃は10倍台だった人気は徐々に下がって、単勝45.6倍の8番人気とイマイチの人気。

さてレース、ベストワークスはまずますのスタートから先行争い、3番手から2番手につけてレース進行。
3~4角を周るところでは3頭並んで直線に。
直線勝負、ベストワークスは一旦先頭に立ちましたが、直線半ばで脚がなくなり後退、最終的に6着で入線しました。

先行して好位につけて直線に入ったのでこれは勝ち負けかと思いましたが、早いところで脚がなくなってしまいました。
デビュー戦と違って見せ所はあったので、距離を短くして次走に期待したいところ。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ベストワークス
11/28(土)京都4R・芝1400m戦に松山騎手で出走、馬体重は前走から増減なしの 454kgでした。五分のスタートから行き脚がついて好位2番手を追走しました。4コーナーでは3頭が横並びになった形になり、真ん中の位置で直線へ入ると一旦は先頭に立ちましたが、手応えが怪しくなってしまい、最後は勝ち馬から1.0秒差の6着での入線でした。
レース後、松山騎手からは「ゲートを上手く出られていいポジションで競馬が出来ました。ただ勝負どころで後続に迫られてスッと反応できませんでした。その分が着差に出てしまいました。芝でも悪くはありませんが、ダートがいいかもしれません」とのコメントがあり、羽月調教師は「手応えよく回ってきてたのですが最後の脚色がよくなかったですね。次走は距離を短縮して1200m戦にするか、騎手の進言どおりダート戦を試すか、検討します」と話していました。

ダートの前にまずは芝1200mで出走と願いたいものです。

| | トラックバック (0)

ラフィアン明け1歳馬募集開始

BRFグループの会報誌が郵送されてきました。
ここでラフィアンからのお知らせとして、来年1月から明け1歳馬の募集を行うことが発表されました。

ラフィアンでは今年から募集時期の締め切りが年内12月と早められなりましたが、あわせて募集方法変更を予定しているとしていました。
普通の感覚であれば2歳馬、例えば2歳セールの購入馬でも募集するのかと思っていましたが、全くの逆で、1歳馬を早期募集するようです。

これまで通りBRFで生産、育成された馬を募集するのでは全く意味がありません。
となれば当歳セレクトセールで購入した馬を募集するのでしょうか。
昨年セレクトセールでBRFが購入した当歳馬は4頭いるようですが…

社台・サンデーですら募集馬を2歳入厩の時期まで売り切ろうと頑張っているように、他のクラブでは2歳までの募集が当たり前であるのに、ラフィアンがその逆をいって募集時期を早める動きはさっぱり理解できません。

特にラフィアンでは血統よりも育成により成績を残してきた実績があり、会員もそれを期待しており、できるだけ最後まで見てから購入するという根強い習慣があります。
クラブの特性とそれに伴う会員の性向を全く度外視した今回の1歳馬の早期募集は一体全体何を考えているのかと言わざるをえません。

今年の募集馬は例年以上に売れ行きが落ちており、現時点で、1次募集では満口馬は9頭、2次募集では満口馬なし、過半数以上売れた馬もなし、特別募集に至っては売れたのはわずか6口という惨憺たる状況です。
成績不振が売れ行き低下の最大要因だと思っていますが、成績不振から脱却できず、クラブ運営が迷走しているのではないかと一会員として不安視せざるをえません。
一言で、「このクラブ大丈夫か」と本気で心配になってきました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。馬体チェックで異状なく、戻ってからも順調です。梅田調教師は「前走は着順は物足りませんでしたが、展開が向かなかったもので、ラストでは自身の脚は使っていて、状態は悪くなかったと見ています。レース後も特に気になる点はなく続戦の予定。中京、阪神の芝の2000m以上のレースを視野に入れて進めていきます」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。予定どおりに中間から追い切りを始めています。主任は「中間、熱発がありましたが1日で治まっています。念のため数日間、騎乗を控えて体力の回復を促しました。体調に問題なければ追い切りを再開していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
11/26(木)は坂路コースで追い切り、半マイル59.2-43.9-28.5-14.0の時計をマークしました。

初時計を記録しました。特に良くも悪くもないようです。
繰り返しになりますが、このまま順調にいきますように。

◆ベストワークス
11/28(土)京都4R・芝1400m戦に松山騎手で出走が確定しています。このレースは15頭立てになりました。

出走が決まりました。
厳しい相手揃いですが、上位進出を目指して頑張ってほしいものです。
ところで、小牧騎手は下ろされたのかと思ったら、橋口厩舎の良い馬に乗るようです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
入厩後も飼葉食いは安定しており、明日11/26(木)には15-15を行う予定です。デビュー戦はまだ未定で、明日の動きなども踏まえて出走レースを検討していきたいと思います。

輸送による問題もないようで、このままデビューまで順調に進みますように。

◆マトリョーシカ
本日11/25(水)栗東TCへ入厩しました。12/13(日)中山・ダート2400m戦への出走を視野に入れて調整していきます。

こちらも予定通り出走態勢を整えています。
出走レースには不満ですが、出走する以上は万全の態勢で。

◆ベストワークス
今週11/28(土)京都・芝1400m戦に松山騎手で出走する予定です。想定からは除外はありません。本日11/25(水)はCWコース3頭併せで追い切られました。ひと叩きしての良化が見込めますので、前進を期待したいところです。

予定通り2走目を迎えます。このまま出走できるようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
ハロン15秒の調教は行っていませんが、順調に乗り込まれています。11/25(水)の栗東TC入厩が決まりました。

| | トラックバック (0)

フレスコ復帰戦惨敗

フレスコ、京都競馬第12R芝2200mに出走しました。

フレスコは降級後2走しましたが、ここから休養して、この日は4か月振りの復帰戦となりました。
降級馬なのですぐに勝ち上がってほしいところですが、叩き良化型なので、まずは復帰戦でどこまで走れるかが課題。
京都競馬出走でしたが、期待薄からこの日は自宅でテレビ観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比+10キロの490キロと馬体増。
競馬ブックの予想は全くの無印、これを受けてか単勝80.1倍の16番人気といくら何でもという低人気。

さてレース、フレスコはスタートで例によって出遅れて後方からの競馬となります。
集団最後から3番目あたりでレース進行。
そのまま向正面から3〜4角と周り、直線に入りますが、やや追い上げたものの12着と惨敗に終わりました。

終始後方のままで全くいいところがなく惨敗に終わってしまいました。
復帰戦とはいえ惨敗は残念ですが、叩いての次走に期待するしかありません。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
梅田調教師「ある程度の位置を取って流れに乗って欲しいと伝えていて、それでジョッキーもテンに出していってくれたのですが、スタート直後に両サイドから挟まれ、行けずに1コーナーを迎える時点でかなり後ろになったうえ、スローの厳しい流れ。隊列が横にばらけて、差を詰めながら直線を迎えられましたが、前が止まりませんでした。鞍上は、調子自体は良さそうだった、とコメントしていましたから、改めて次走に期待したいと思います」

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
今週11月17日(火)から馬場入りを再開しており、ダク1周とハロン20秒のキャンター1周を乗られています。千葉厩務員からは「休ませて背腰の疲れが とれて、大分ふっくらしてきました。1月18日(月)からの船橋開催から復帰できそうです。」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
状態に変わりなく、すぐに乗り出しました。坂路コース(800m)でハロン17秒のキャンターを乗っています。来週中に栗東TCへ入厩して、12/13(日)中山・ダート2400m戦に出走する予定です。現在の馬体重は542kgです。

やはり中山出走のようです。わざわざ遠征してダート長距離に出走する意味があるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、11月23日(月)京都12R・3歳以上500万下・芝2200mにA.シュタルケ騎手で出走します。7月の中京で出走後は北海道のビッグレッドファームで一息れて4か月ぶりのレースとなります。梅田調教師は「先週でも使える状態でしたが、1週待ったことで思ったとおりさらにコンディションを上げてきました。久々ですが、力が出せる仕上がりとジャッジしています。比較的京都コースは結果が出ていませんが、決して対応できないコースでないと見ています」と話していました。

◆マイネソーサリスの14
マイネソーサリスの14は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。坂路調教は問題なく進められていて、中間には今後に備えて一息入れたうえで騎乗を再開しています。現在は集団で走らせながらいろいろなポジションにつけることを学習させています。主任は「ラストを伸ばすメニューも課 していますが、動きはしっかりしていますね」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
11/19(木)に栗東TCへ入厩しました。ゲート試験は合格済みですので、デビューを目指し厩舎で進めていきます。

無事に入厩。まずはともかくこのまま順調に。

| | トラックバック (0)

フレスコ復帰戦出走確定

フレスコ、予定通り出走が確定しました。

◆フレスコ
京都競馬 11月23日(月) 12R 500万下 芝2200m A.シュタルケ 18頭

降級馬はフレスコ1頭のみで実績上位。久々の馬が多く、好走を期待したいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
ここにきて状態は上向いており、入厩態勢が整いました。そのため、11/19(木)に栗東TC・石坂厩舎への入厩が決まりました。

待ちに待った入厩が決まりました。このまま順調に。

◆ベストワークス
プールでしっかりと調整ができており、疲れも取れて心肺機能も上向いてきました。11/18(水)は坂路コースで追い切り、半マイル59.2-44.1-27.9-13.5の時計をマークし、場合によれば11/19(木)にCWコースでも追い切りを行うかもしれません。11/28(土)京都・芝1400m戦への出走を予定しており、松山騎手に騎乗依頼しました。

2走目の出走が明示。鞍上があっさり替わるようです。

| | トラックバック (0)

フレスコ復帰戦出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
京都競馬 11月23日(月) 12R 500万下 芝2200m A.シュタルケ

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
引き続き、坂路コースを1日2本、ハロン16~17秒ペースで乗っており、週2日はハロン12~14秒ペースの速めキャンターもこなしています。乗りながら馬体重は433kgと維持できており、動きはグングン良くなってきています。この調子でしっかり負荷をかけてトレーニングしながら入厩態勢を整えていきます。

土曜日でしたが、月2回の定期更新。
良化が進んでいるのでしょうか。であればそろそろ入厩してほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。1週延ばした方がより良い状態に整うとの厩舎サイドのジャッジで、今週は回避することになりました。梅田調教師は「今週でも使える状態でしたが、馬体に少し余裕があることも考慮して来週にまわったほうがいいと判断しました。23日(月)京都の芝2200mを目標にしています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、十分にリフレッシュできたことを受けて10月22日(木)に真歌トレーニングパークに移動して23日から坂路での乗り込みを始めました。主任は「騎乗開始後は順調に進められています。基礎固めを終え、来週から追い切りを始めていきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
レース後変わりありません。本日11/11(水)は運動のみで疲れを癒しています。ダートの長丁場のレースがベストの条件といえそうで、次走は12/13(日)中山・ダート2400m戦を視野に入れています。ただし、少しレース間隔が開くことから、明日11/12(木)にNFしがらきへ短期放牧へ出す予定です。

パーティーで吉村調教師から聞いたようにう中山出走のようです。
また、短期とはいえしがらきに出すようです。
馬を回転させることばかりで、厩舎で預かって調整することは念頭にないのでしょうか。
人気厩舎のようですが、これにはかなりがっかりです。

◆ベストワークス
この中間は少し疲れがうかがえることから、本日11/11(水)はプール調整を行いました。今週は速めはしない予定で、しっかりと馬体のケアを行いながら、今後の方針を検討していきます。

まだ次走は決まらないようです。あまり詰めて使えないのでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
11月4日(水)から厩舎のまわりで、曳き運動をはじめています。現在の馬体重は498kgです。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・G1会員の集い

「社台・サンデー・G1会員の集い」が京都で開催されたので、参加してきました。

関東と関西で隔年で開催される「会員の集い」ですが、今年はいつものホテルニューオータニ大阪と違い、ホテルグランヴィア京都で開催されました。

パーティーは、3クラブの社長あいさつから開会。
会場が例年よりも半分の面積なので、懸念していた通り、会場は参加者でびっしり一杯。宴会場前のスペースを使っても、テーブルにつけない人がいるくらい。
私はお知り合いの会員さんと合流してテーブルを確保しましたが、料理テーブルから離れ、参加人数からみてとても行列に並べそうになかったので、この日は料理は断念。前回と違いあまり食べることができませんでした。
いつもの会場が確保できなかったようですが、やはりこの狭さでは次回は見直してほしいものです。

さて、パーティーは途中で騎手の紹介などもあり、次第に騎手や調教師など関係者が来場したところで、私は関係者周り。

ノーザンファームの中尾さんがいたので、牧場見学のお礼などしたところ、私は見学を断られたことはないのですが、キャロット、シルクでは制限が厳しくなかなか見学できないようで、見学希望頭数が多く調整が大変なようです。

社台関係ではオーナーズの角南さんから声をかけてもらい、レイクマッケンジーは目下リフレッシュ中、前回騎乗した真島騎手の評価が高かったようで、今後の騎乗をお願いしたいものです。

調教師と騎手では、マトリョーシカの吉村調教師とは、出走期間が開きすぎると振ると、それほど身体は弱くないのですがと困ったような反応。ようやく復帰でき、次走予定は適鞍の姫路特別かと思いましたが、同日の中山ダート2400mも視野に入れているとのこと。遠征好きなんでしょうか。

いつものように宮本調教師と話しをし、未勝利引退のインペカブルの河内調教師は一昨年とは違い残念モード。なかなかうまくいかないようです。

そのインペカブルに乗った小牧太騎手がいて、先日ベストワークスの新馬戦の話を振ると、反応がイマイチ。調教でも乗っていたはずですが、よく覚えていないようでした。
騎手では若手騎手は結構残っているものの、主だった騎手は壇上あいさつを終えるとすぐに会場からいなくなってしまうのですが、小牧騎手は結構残っているようです。

調教師では佐藤哲三氏と一緒にいた佐々木調教師や何人もの方々がいましたが、お目当ての調教師は会場が人で一杯で、探すのも一苦労。
最後にようやく見つけた石坂調教師にプレリュードフィズのことを尋ねると、まだ幼い感じで、ゲート試験は受かっているので、年内には入厩させたいということでした。さすがの良血馬でよく尋ねられているようで、ちょっと困ったような感じでした。

「会員の集い」は、これで3回目の参加になりますが、非日常空間なので参加していて楽しいのですが、今回はやはり狭くてゆっくりできなかったのが残念でした。
なお、それほど飲んだつもりはなかったのですが、食事をあまり取らなかったせいか、結構酔いが回ってしまい、長い帰りもなかなか大変でした。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ復帰戦3着

マトリョーシカ、東京競馬第12Rダート2100mに出走しました。

マトリョーシカは3月末に勝ち上がってから、放牧して約4か月後に出走。ここで惨敗して、また放牧して4か月振りにようやく出走することになりました。夏負けしたものの特に大きな故障をした訳でもないのに、この出走間隔はあまりにもという感じ。
ここでは、降級レースなのでさっさと勝ち上がってほしいのですが、帰厩してからわずかで、乗り込み不足もあって太目残りのようなので、ここはまずは叩いて次走に期待といったところ。
相手関係から判断して、東京で出走したようで、レースは録画観戦。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走比+2キロの500キロとすっきりした馬体で、びっくり。きっちり仕上げてきたようです。
競馬ブックの予想は△がいくつかあるだけの本紙無印と、降級馬ながらも低評価。
人気は大きく分かれて単勝14.5倍の8番人気。

さてレース、マトリョーシカはまずまずのスタートから先行争い、集団3番手につけてレース進行。
向正面そのままに位置から、3角手前から2番手にあがり、3~4角を周って直線へ。
長い直線勝負、先頭の7号馬につけて追走。粘りに粘ったところで、後から来た2頭に交わされたものの、3着で入線しました。

長い休養明けで、どこまでいけるか疑問視していましたが、3着入着と内容、結果とも上出来のレースとなりました。
ここで叩いてからの次走への期待が大きく高まりました。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
11/7(土)東京12R・ダート2100m戦にC・デムーロ騎手で出走、馬体重は前走から+2の500kgでした。五分のスタートからジワジワと行き脚をつけながら内を進んでいきました。1~2コーナーでは単独3番手を追走し、3コーナー手前から前1頭を交わして上がっていきました。気合いを入れながら2番手で直線に入ると、内めの馬場からしぶとく脚を使って粘り込みを図りました。最後は勝ち馬に0.5秒差及びませんでしたが、3着に踏ん張っています。
レース後、吉村調教師は「ジョッキーによればズブさがあって真面目に走らない面もあるとのことです。今回はチークピーシーズをつけてレースに臨みましたが、ブリンカー装着の方が効果はあるかもしれませんね」と話していました。

| | トラックバック (0)

1歳出資馬等近況

サンデー公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆ルミナスポイントの14
現在は周回コースでハッキングキャンター2400mと、週3日は屋内坂路コース(900m)でハロン20秒のキャンターを1本消化しています。調教量に比例して人を乗せることにも慣れて、前向きさが出てきました。馬体がひとまわり大きくなって筋肉の厚みが増し、到着時と比べてたくましくなりました。カイバ 食いも良好で、調教が身になる理想的な流れができています。基礎体力を付けることを念頭に置いて、今後ペースを上げても対応できる土台作りをしっかりしておきます。現在の馬体重も481kg。

調教、成長ともに順調のようです。
書いているように土台作りをしっかりとしてほしいものです。

社台グループオーナーズ公式サイトによる1歳共有馬の近況。

◆グラッブユアハートの14
夜間放牧でのリフレッシュ期間を経て、騎乗調教を開始しました。常歩3000mの後、周回ダートコースに入ってダク運動を1200m、軽めキャンターを2000mを乗られています。まだ走るフォームがかたまっていないためか、重さが感じられますが、素直で扱いやすい馬とのことです。現在の馬体重は 438kgです。

こちらは書くことがないような簡単なコメントで、内容通りまだまだのようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。入厩後も順調に進めらていて、3日(水)には坂路で追い切られました。梅田調教師は「少し馬体に余裕があるので、なるべく動かすように心がけて進めています。順調に行けば、来週には状態が整うと見ていて、14日(土)福島の芝2600mを視野に入れています」と話していました。

無事に入厩。ラフィアンらしく早くも復帰戦が明示されました。
福島ということは当然ながら騎手もいつものお抱え騎手になるので、期待薄です。

| | トラックバック (0)

会員の集いの予習

この11月8日(日)に京都で社台・サンデー・G1会員の集いがあります。
私は参加予定で、調教師の方々に自分の出資馬のことを聞いてまわるのが目的の一つです。

山元TCからなかなか入厩しないプレリュードフィズのことを尋ねようと、石坂調教師について予習していたところ、管理している2歳馬のうち牝馬はプレリュードフィズ含めて6頭。その成績はというと、新馬勝ち2頭、2戦目勝ち1頭、新馬戦2着2頭と判明。
プレリュードフィズのことを聞くのが恥ずかしくなってきました…
もっとも、牝馬は凄いの一言ですが、牡馬は沢山いるものの、勝ったのは1頭だけです。

なお、土曜日出走予定のマトリョーシカの吉村調教師は管理頭数も多くないうえ、マトリョーシカでも成績上位なので、こちらの方は自信を持ってお話しできそうです。もっと使ってほしいくらい言えるかな(笑)

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ出走確定

マトリョーシカ、予定通り、出走が確定しました。
しがらきで乗り込んではいたものの、入厩後わずかで乗り込み不足の感。
どこまで走れるか疑問ですが、前走のようにならないように頑張ってほしいものです。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
11/7(土)東京12R・ダート2100m戦にC・デムーロ騎手で出走が確定しています。このレースは12頭立てになりました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
11/7(土)東京・ダート2100m戦にC・デムーロ騎手で出走を予定しています。このレースは11頭立てとなる見込みです。11/4(水)に周回コースで追い切りを行いました。今回は牧場でも十分に乗り込まれており、休み明けながら好走を期待しています。

◆ベストワークス
レース後変わりありません。前走は緒戦としてはまずまずの内容といえ、ひと叩きしての上積みが見込めると思われます。優先出走権はとれませんでしたが、状態をみながら続戦していくつもりです。

| | トラックバック (0)

競馬情報料

一口馬主の方々は競馬情報料に毎月どれくらいかけているのでしょうか。
私はPC・タブレットのJRA-VAN NEXT、レーシングヴューワーとテレビのグリーンチャンネルに契約しているので、定額で毎月2700円支払っています。
一口馬主の方々で加入している人が多いであろう一口馬主DBの有料会員には入っていません。
競馬観戦に行ったときは競馬専門紙を購入しているので、その都度お金がかかります。
週刊競馬ブックなどはいつも立ち読みですませています。

ここ数年、出資馬のレース観戦ばかりで、普通に競馬観戦に行ったり、今日のように天皇賞などの大きなレースをテレビで見たりすることが随分と減っており、馬券もほとんど買わなくなっているので、こんなに支払う必要があるのかなと思っています。

特にレース映像は今年の春からJRA公式サイトで全レース映像を見ることができるようになったので、何でレーシングヴューワーを有料で払っているのかよくわからなくなっています。
そもそもJRA-VANでレース映像を見ることができるようになってから、レーシングヴューワーに入ってる意味がわからなくなっているのですが、ダラダラと加入したままです。
レーシングビューワーは、出資馬の過去の全レース映像を見ることができるので、確かに重宝しているのですが、グリーンチャンネルで録画保存しているので、やはり意味がないような気がします。

実は、競馬情報以外にも、ネットや携帯の有料情報サイトにいくつか入っているので、それぞれ月に300円から500円程度の情報料ですが、積もり積もればで、見直す必要があるように思っています。
新規契約時によくわからないまま入っているオプション契約も同様でしょうね。

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »