« 共有馬近況 | トップページ | ラフィアン2015年成績 »

とある金融ファンドの破綻

ここで書くか書くまいか迷いましたが、大ショックのことがありました。

ワインのファンドを運用していた会社(株式会社ヴァンネット)に対して、関東財務局から、金融商品取引法に基づき、第二種金融商品取引業の登録の取消処分及び業務改善命令が出されました。
実は、私はこのファンドに投資しておりまして、今日会社から通知が郵送されてきて、この事実を知り、大ショックを受けた次第。

将来の値上がりを期待してプリムールワインを買い付けて運用するというファンドで、いくつかのちゃんとした雑誌で紹介されていたので、余剰金の運用の一つとして、出資していましたが、今回の登録取消処分の理由をみると、新たな出資資金を配当に回すという自転車操業の典型だったようです。

ワインを飲むので、プリムールワインのことは多少は知っており、確かにここ数年の値上がりは著しいので投資したのですが、まんまと騙されてしまいました。
ファンドは解散され、出資資金が返還されることになると思いますが、運用実態があったのかなかったのか、出資資金はどれだけ残っているのか等々心配なことが多々ありますが、最悪の事態も覚悟する必要がありそうです。ここ数年の資金運用が好調で儲かった分が消えてしまいました…

ところで、ネットでこの事件を検索すると、このファンドを推奨していた評論家もいたようで、正直なところ一定の情報で体裁が整えられたファンドに素人が真贋を判断するのは難しいかと思います。
第二種金融商品取引業というと一口馬主もそうですが、今更ながらこちらの方が余程ファンドとは言えない代物ですね(笑)

|

« 共有馬近況 | トップページ | ラフィアン2015年成績 »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62978957

この記事へのトラックバック一覧です: とある金融ファンドの破綻:

« 共有馬近況 | トップページ | ラフィアン2015年成績 »