« フレスコ出走結果 | トップページ | 朝日杯FS観戦 »

産駒連名簿

社台から年末恒例のカレンダーと産駒連名簿が郵送されてきました。

カレンダーはいつもは生産馬のGI優勝馬揃いなのが、今年はクラブ馬中心でただの重賞や特別勝ちが多くなっています。何か掲載方針の変更でもあったのでしょうか。

さて、待望の産駒連名簿、これで来年の募集馬発表まで、社台・サンデーから募集されるかどうか、募集されたらどのくらいの募集価格になるのか等々勝手に想像して楽しむことができます。
毎年念頭に入れているようなおなじみの牝馬がいるので、そういった産駒中心に暇つぶししたいと思っています。

ちなみに元出資馬の産駒はというと、
アンソロジー エイシンフラッシュの牝
アスペンアベニュー ハーツクライの牡
クリスマスキャロル ノヴェリストの牝
ボルボレッタ エイシンフラッシュの牝

出資馬のきょうだい産駒はというと、
ラタフィア ロードカナリアの牝
インコグニート ヴィクトワールピサの牡
アイスドール ノヴェリストの牝
マンハッタンフィズ キングカメハメハの牝
ルミナスポイント ロードカナリアの牝
グラッブユアハート ゴールドアリュールの牝

こんなところでしょうか。一目瞭然牝馬が多いですね。
クリスマスキャロルの産駒が社台関西から募集されれば考えてもいいかもしれません。
マンハッタンフィズの産駒は何といってもプレリュードフィズ次第でしょう。

なお、産駒連名簿の種牡馬を見ると、今更ながら名の通った高額種付け料の種牡馬ばかり。
安い価格で募集されそうな馬は産駒数自体が少ないように思います。
今日の新設重賞ターコイズステークスで社台の人気薄2頭がワンツーフィニッシュを決めましたが、2着馬はマトリョーシカ出資時に迷ったダンスオールナイトの11(父サクラバクシンオー)。こんなバクシンオー産駒のように安価で確実な馬はいないものでしょうか。

|

« フレスコ出走結果 | トップページ | 朝日杯FS観戦 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/62902055

この記事へのトラックバック一覧です: 産駒連名簿:

« フレスコ出走結果 | トップページ | 朝日杯FS観戦 »