« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | フレスコ出走予定 »

レイクマッケンジー復帰戦着外

レイクマッケンジー、船橋競馬第12R西船橋小松菜杯ダート1600mに出走しました。

休養明けで約3か月振りの出走となったレイクマッケンジー、今年最初のレースで、ランクアップを目指して、幸先いいスタートを切りたいところ。
夕刻のレースのため、帰宅してからネットでレース録画観戦。

レイクマッケンジー、馬体重は前走比-3キロの485キロ。
競馬ブックの予想は本紙△と案外の低評価。
人気の方は単勝7.4倍の4番人気とそれなりの人気。

レースは、まずまずのスタートから先行争いを見せて集団3番手につけます。
向正面もそのままの位置取りでレースを進行。
3~4角から直線に入りますが、ここで動けず、最後にようやく伸びたものの6着と着外に終わりました。

東京湾カップでは着外に敗れましたが、それ以外では着を外したことがなく、13走連続入着中だったので、優勝馬から1.0秒差とはいうものの、着外の結果にはがっかり。
休養明けということで割り引いて、叩いての次走に期待するしかありません。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
1月20日(水)船橋12R・白富士盃・B2(二)組以下・距離1600m戦へ57kg中野騎手で出走しました。馬体重はマイナス3kgの485kg、もう少し体全体に筋肉がついてほしい感じでしたが、太目感はなく、休み明けとしてはまずまずの仕上がり状態でした。単勝は4番人気。レースでは五分のスタートからダッシュ良く先頭に立つ勢いで、3番手につけて1コーナーを回りました。向正面に入ると手綱を引いて脚をためながら追走し、3コーナーから仕掛けていきました。4コーナー手前から手応えが悪くなり、直線で馬場の外目へ持ち出しましたが、じりじりと伸びてきたところがゴールとなり1.0秒差の1分45秒7の6着に終わりました。
中野騎手からは「気を抜く馬だと聞いていたので、スタートから仕掛けていきました。3コーナーまではスムーズに追走できたのですが、外から馬がきて砂を被ると、かなり嫌がって止まろうとしました。バテているわけではないので、直線は盛り返して伸びてくれたのですが、4コーナー手前のロスが痛かったです。休み明けの影響もあったと思いますので、このクラスなら次は楽に勝てると思います。」と、川島正一調教師からは「見た目は仕上がっていましたが、追い切り本数が少なく中身ができていなかったです。このひと叩きで変わる馬ですのもで、次の船橋開催での勝利を期待してください。」とのコメントがありました。

|

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | フレスコ出走予定 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/63096328

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー復帰戦着外:

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | フレスコ出走予定 »