« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー4着敗退

レイクマッケンジー、船橋競馬野崎崎特別ダート1700mに出走しました。

前走の復帰戦で久々の着外に終わったレイクマッケンジー、そのまま地元船橋競馬での復帰後2戦目を迎えます。体調を整えて、勝ち負けを期待したいところ。
夕方のレースのため、仕事中に休憩してネット観戦。

レイクマッケンジー、馬体重は前走比-9キロの476キロ。
競馬ブックの予想は本紙二重△とまずまずの評価。
人気の方は単勝6.2倍の4番人気とまずまずの人気。

さてレース、レイクマッケンジーは好スタートから先行争いをみせ、2番手につけてレースを進めます。
向正面もそのままの位置取りでレースを運び、3~4角を周って直線へ。
直線で先頭の3号馬と叩き合いを見せますが、一杯となったところで、後続から1頭、さらにもう1頭にも抜かれ、最終4着で入線しました。

良い展開を見せましたが、最後の直線で及ばず、逆に1番人気の馬にあっさり抜かれてしまい敗退。
まだ本調子ではないようで、次走さらなる上昇を願うばかりです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
2月16日(火)船橋12R・野島崎特別・B2(二)組以下・距離1700m戦へ57kg真島騎手で出走しました。馬体重はマイナス9kgの476kg、張り艶は良好も、踏み込みが浅く力強さに欠け、まだ良化途上の感がしました。レースでは好スタートから押していき、2番手につけて1コーナーを回りました。向正面中ほどで後続馬が迫ってくると2番手の位置を確保しながら追走し、3コーナーから仕掛けていきました。4コーナー手前から真島騎手のステッキが入って直線に向くと、人気馬4頭の叩き合いとなりましたが、残り100mで脚色が一杯になってしまい1.1秒差の1分50秒8の4着に終わりました。
真島騎手からは「まだ完調手前なのでしょう。道中、力んで走っていて脚がたまる感じがありませんでした。このため、最後に伸び切れず負けてしまいました。今日は良いスタートが切れたので2番手から強気に乗りましたが、もう一列後ろ(ジーニアスプリンスの位置)で競馬をしたほうがいいかもしれません。」と、川島正一調教師からは「相手も強かったのですが、まだ良い時と比べると7分くらいの状態でした。申し訳ありません。次も船橋を予定しています。」とのコメントがありました。

|

« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/63227897

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー4着敗退:

« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 出資馬近況 »