« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の31件の記事

社台の凋落

早くも2月が終わり、今年も2/12が過ぎました。
今年に入って一口馬主掲示板で話題になっているのは、何と言っても社台TCの成績低迷。
クラブ所属馬の中央競馬での勝ち星が1月3勝、2月2勝の合計5勝と、ラフィアンもびっくりの成績低迷で、話になりません。
同じグループのサンデーTCが1月20勝、2月13勝の合計33勝なので、その落差がより際立っています。
サンデーTCに加えてキャロット、シルクのアウトレットクラブの成績も好調で、さらに個人馬主の成績も合わせて、ノーザンファームと社台ファームの生産牧場の成績格差も著しくなっており、名門社台はいずこへといった感があります。

勝ち星ではなく、獲得賞金であれば、まだリーディング争いはマシなようですが、その獲得賞金のリーディング争いをみると、2010年頃から、両者の関係は逆転し、その後は格差が開く一方で、これほどの競馬界の栄華と凋落が同じクループ内で見られるとは思いもしませんでした。
私が批判を重ねているラフィアンでは入会した2001年当時はサンデーTCの上を行っていたのですが、今となっては笑い話のようです。

今後の社台TCと社台ファームはどうなるのでしょうか。
個人的には、自身最高額馬のプレリュードフィズがデビューを果たしたものの、成長を期して山元トレセンに放牧に出されており、身を持って社台TCの凋落振りを感じているので、再起を願いたいものですが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
3/12(土)阪神・ダート1800m牝馬限定戦に国分優騎手で出走を予定しています。それに備えて3/1(火)の栗東TC入厩が決まりました。

| | トラックバック (0)

フレスコ特別戦出走登録

フレスコ、次週の小倉競馬の呼子特別に出走登録しました。
登録頭数は31頭、前走入着のフレスコですが、同様に入着の馬が多く、出走できるかどうかわかりません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
この中間は周回コース2周と坂路コース2本をハロン16~17秒ペースで乗りながら、週2日は坂路コースでハロン13~15秒ペースの速めキャンターも乗っています。既定のメニューは順調にこなしているものの、動きの良化が依然としてスローな印象です。一段の進境を示してくれることを期待しつつ、しっかりと乗り込みを続けていきます。現在の馬体重は443kgです。

| | トラックバック (0)

ベストワークス1番人気も5着止まり

ベストワークス、阪神競馬第2Rダート1200mに出走しました。

連続入着と調子が上がってきたベストワークス、この日は相手関係をみると実績上位で勝ち負けを期待したいところ。
地元阪神競馬出走なので、現地観戦に。

パドックのベストワークス、馬体重は前走変わらず456キロと好馬体を維持。
競馬ブックの予想は◎もある印の厚い本紙二重△の好評価。
これを受けて、人気は単勝3.4倍の1番人気。

さてレース、ベストワークスはゲートで後手を踏んで集団半ばに位置取り。
そのまま内につけてレースを進行。
直線で伸びて上位勢に迫り、何とか5着で入線しました。

レース後のパトロールビデオをみると、ゲートオープンで大きく躓いてしまい出遅れてしまったようです。
先行馬のこの馬にとって、これでこのレースはお終いの感。
最後によく伸びて入着までもっていただけに、好位置につけていたらと余計に思わせるレースでした。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ベストワークス
2/27(土)阪神2R・ダート1200m戦に和田騎手で出走、馬体重は前走から増減なしの456kgでした。もっさりしたスタートから中団のインコースにつけて追走しました。そのままの位置取りで勝負所をまわり、直線でも馬場の内から追い出されると、じわじわと伸びて前へ接近していきましたが、最後は勝ち馬から0.3秒差の5着での入線でした。
レース後、和田騎手からは「ゲート内の駐立は問題なかったのですが、出たところで躓いてしまい、落馬しそうになったほどでした。なんとか辛抱できましたが、スタートで後手を踏んだ不利は大きかったですね。道中は馬群の中でも問題なく、直線でも狭いところを割ってよく伸びてくれていたのですが、最後は届き切りませんでした。五分にスタートを切ることができていたら、結果はまったく違っていたと思います。未勝利を勝つ力は、じゅうぶんに持っている馬です」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
すぐに乗り出しており、周回コース2000mを軽めキャンター中心のメニューで乗っています。傷腫れの跡は残っていますが、乗る分には問題なく、馬体を緩めないようにしています。3/12(土)阪神・ダート1800m牝馬限定戦への出走を前向きに考えており、その場合は週明けに栗東TCへ入厩します。現在の馬体重は519kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。中間も順調で、通常メニューに戻してからも問題なく進められています。梅田調教師は「前走からの回復も早く、コンディションは安定しています。25日(木)の追い切りでもしっかり動けていました。輸送はありますが、来週の小倉に十分に対応できる状態です。3月5日(土)小倉の呼子特別・芝2600mを視野に入れて進めています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。レース明けの今週は馬体の回復を促すことに重点がおかれています。水野調教師は「使った後も問題ありません。食欲や疲れの取れ具合も見ながら次走を検討していきたいと思いますが、いずれにしても距離は長めの方が良いでしょう」と述べていました。

◆マイネソーサリスの14
マイネソーサリスの14は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間は順調にペースが上げられています。主任は「一時期感じられた歩様の硬さは改善され、以前見られたもたれる面も解消されてきました。良くなってきていますね」と話していました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は3月7日(月)からの船橋開催での出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

ベストワークス出走確定

ベストワークス、出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬近況。

◆ベストワークス
2/27(土)阪神2R・ダート1200m戦に和田騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。

出馬表をみると、二桁着順の馬ばかりで、連続5着のべスワークスでも成績上位。
この時期の手薄なレースだけに勝ちあがりを目指して頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ベストワークス
今週2/27(土)阪神・ダート1200m戦に和田騎手で出走する予定です。本馬は前走5着以内の優先出走権があり、確実に出走が可能です。本日2/24(水)は坂路コース併せ馬で追い切られ、半マイル53.8-39.5-25.6-12.9の時計をマーク、併走相手と同入しました。しっかりと負荷をかけて良いタイムが出ましたし、近走の内容からも大きく崩れることはないと思われます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆パラノーマル
大野騎手「初めての騎乗でしたので特に先入観を持たずに臨みました。競馬では、道中、手ごたえに余裕はあったのですが、いざ追い出してからがさっぱりです。返し馬の感触では今日のような重い馬場はあうように感じたのですけれど、ここまで伸びなかったことを考えれば、もしかしたら本質的には良馬場のほうがいい タイプなのかもしれませんね」

水野調教師「牧場から厩舎へきて、飼い食いがそこまで良くはなかったのですけれど、それでも必要な量は平らげていました。それだけに、この馬体重の減り方は想定外。返し馬などの動きは良く、体重減がどこまでレースに響いたのかはなんとも評価しにくいですが、影響があったのかもしれません。今後については、まずは上がった状態をよく見たうえで検討したいと思います」

| | トラックバック (0)

パラノーマル復帰戦は惨敗

パラノーマル、東京競馬第9Rフリージア賞芝2000mに出走しました。

昨年8月デビュー、2戦目で早くも勝ちあがり、9月の昇級戦を走った後はラフィアンでは珍しく無理をせずに休養に入ったパラノーマル、熱発や外傷など色々あって時間がかかりようやく帰厩し、約5か月振りのレースに挑みます。
復帰初戦、牡馬相手だけにどこまで走れるかに注目。

パドックのパラノーマル、馬体重は前走比-12キロの416キロと長期休養明けにもかかわらず大幅な馬体減。ただし、細め感はあまりありません。
競馬ブックの予想は◎もある本紙△とまずまずの評価。
しかし、人気は全くなく単勝56.6倍の10番人気。

さてレース、パラノーマルはスタートで出遅れ、集団後方でレース進行。
そのまま向正面を通過、3〜4角を周る時には集団差がなくなり、ひとかたまりとなって直線へ。
長い直線の叩き合い、パラノーマルはしばらく踏ん張りますが、やがてついていけずに後退、最後は11頭中9着で入線しました。

復帰初戦でどこまでできるかと思いましたが、残念な結果に終わってしまいました。
成長を期待しての休養だったはずなのに、熱発などがあったにしろ大幅な馬体減となっていた時点で大疑問符。
早い時点で勝ちあがったので、この春は期待していましたが、ここからどこまで立て直しできるか、早くも心配になってしまいました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
懸念していた、傷腫れの症状も軽症で安心しています。短期間の予定で、2/18(木)にNFしがらきへ放牧にでています。こちらでもしっかりと調整を行って、3/12(土)阪神・ダート1800m(牝)戦への出走も視野に入れることになりました。

軽症だったようで一安心。予想通りまた放牧に出します。
さすがに東上することはあきらめたようですが、吉村調教師は自分で調整する気は全くないようです。
社台・サンデーの厩舎で、こんな調教師がいるとは思いもしませんでした。

◆ベストワークス
2/18(木)は坂路コースで追い切り、半マイル54.9-39.7-25.2-12.4の時計をマークしました。

状態は上がってきたようです。調教では川須騎手が乗っていましたが、本番は和田騎手ですよね…

| | トラックバック (0)

パラノーマル出走確定

パラノーマル、出走が確定しました。

◆パラノーマル
東京競馬 2月20日(土) 9R フリージア賞 芝2000m 大野拓弥 11頭

比較的小頭数のレースとなりました。
ラフィアン系では3番手の騎手ですが、上位進出を目指して頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
レース後、左前脚に腫れの症状がみられたため、本日2/17(水)に念のためエコー検査を行いましたが、腱の異常は認められませんでした。傷腫れとの診断で、腫れそのものも治まりつつあります。このあとはいったん放牧を挟むかこのまま続戦するか、しばらく馬の状態を確認した上で判断しますが、いずれにしても精神面の問題が大きく、いろいろと工夫していく必要がありそうです。

冒頭文を目にして、一瞬このまま引退かと思いました。
大事ないようですが、うまくいかないと悪循環に陥ってしまいます。
何もできないまま再放牧となりそうです。

◆ベストワークス
この中間の状態に変わりなく、今週は2/18(木)に追い切りを行います。2/27(土)阪神・ダート1200m戦への出走を予定しており、前走同様に和田騎手が騎乗いたします。

出走レースが決まったようです。前進を願いたいものです。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー4着敗退

レイクマッケンジー、船橋競馬野崎崎特別ダート1700mに出走しました。

前走の復帰戦で久々の着外に終わったレイクマッケンジー、そのまま地元船橋競馬での復帰後2戦目を迎えます。体調を整えて、勝ち負けを期待したいところ。
夕方のレースのため、仕事中に休憩してネット観戦。

レイクマッケンジー、馬体重は前走比-9キロの476キロ。
競馬ブックの予想は本紙二重△とまずまずの評価。
人気の方は単勝6.2倍の4番人気とまずまずの人気。

さてレース、レイクマッケンジーは好スタートから先行争いをみせ、2番手につけてレースを進めます。
向正面もそのままの位置取りでレースを運び、3~4角を周って直線へ。
直線で先頭の3号馬と叩き合いを見せますが、一杯となったところで、後続から1頭、さらにもう1頭にも抜かれ、最終4着で入線しました。

良い展開を見せましたが、最後の直線で及ばず、逆に1番人気の馬にあっさり抜かれてしまい敗退。
まだ本調子ではないようで、次走さらなる上昇を願うばかりです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
2月16日(火)船橋12R・野島崎特別・B2(二)組以下・距離1700m戦へ57kg真島騎手で出走しました。馬体重はマイナス9kgの476kg、張り艶は良好も、踏み込みが浅く力強さに欠け、まだ良化途上の感がしました。レースでは好スタートから押していき、2番手につけて1コーナーを回りました。向正面中ほどで後続馬が迫ってくると2番手の位置を確保しながら追走し、3コーナーから仕掛けていきました。4コーナー手前から真島騎手のステッキが入って直線に向くと、人気馬4頭の叩き合いとなりましたが、残り100mで脚色が一杯になってしまい1.1秒差の1分50秒8の4着に終わりました。
真島騎手からは「まだ完調手前なのでしょう。道中、力んで走っていて脚がたまる感じがありませんでした。このため、最後に伸び切れず負けてしまいました。今日は良いスタートが切れたので2番手から強気に乗りましたが、もう一列後ろ(ジーニアスプリンスの位置)で競馬をしたほうがいいかもしれません。」と、川島正一調教師からは「相手も強かったのですが、まだ良い時と比べると7分くらいの状態でした。申し訳ありません。次も船橋を予定しています。」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

パラノーマル特別戦出走登録

パラノーマル、復帰戦として次週の東京競馬フリージア賞に出走登録しました。
登録頭数は17頭、このまま出走できそうです。
ラフィアンらしいといえばそいうですが、帰厩からわずかで、乗り込みもまだまだのようですが…

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

レイクマッケンジー、予定とおり出走が確定しました。

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月16日(火)船橋12R(16時50分発走)・野島崎特別・B2(二)組以下・距離1700m戦へ57kg真島騎手で出走します。14頭立ての5枠7番です。追い切りは2月12日(金)にケルヴィンサイドの外で5Fから65.6-50.9-38.2秒の時計を馬なりでマークし0.2秒遅れています。川島調教師からは「前走後から多田厩務員に変えて調整し、必勝態勢です。最終追い切りも指示通リの時計で、無理せず馬なりで流しました。」とのコメントがありました。

鞍上が真島騎手に戻りました。鞍上強化で今回は頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

フレスコ入着

フレスコ、小倉競馬第6R芝2600mに出走しました。

前走で期待を裏切り着外に終わったフレスコ、体調自体は問題ないので、中2週で距離を伸ばして出走。上位進出を目指して頑張ってほしいところ。
別の用事のため、帰宅後グリーンチャンネル録画観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比-4キロの488キロ。
競馬ブックの予想は△などがちらほらある程度の本紙無印の低評価。
これを受けて人気は単勝24.8倍の9番人気と低人気。

さてレース、フレスコはまずまずのスタートから先行争いも、下がってしまい、中団に位置取りしてレースを進行。
向正面から上位勢の差がなくなり、集団一塊になって3~4角へ。
ここでフレスコは内から上がっていきますが、周りを囲まれた感じでなかなか前に進めません。
しかし、最後に割って上がっていき、優勝馬から0.3秒差の5着で入線しました。

直線で激しい上位争いとなったレースでしたが、何とか追走し、入着を果たすことができました。
囲まれていなければ、勝ち負けもあったのではないかと思います。
頭数の少ないレースや面子に恵まれれば、再度勝ちあがりも期待したいところです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
丸山騎手「さほどズブさを見せずに追走できたと思います。出していけばもっと前で流れに乗れたかもしれませんが、自身のリズムを優先してあの位置からになりました。徐々に差を詰めて直線へ。インコースで周りに馬がいたために伸び伸び走らせられませんでしたが、渋太く脚を使ってくれています。いくらか余しているくらいですし、外を回ってくる競馬でも良さそうに感じました。馬場はもっと悪化した方が良いかもしれませんが、小倉は合っていると思います」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
この中間からさらに調教を進めており、周回コース2周と坂路コース2本をハロン16~17秒ペースで乗っています。現在の馬体重は443kgまで回復しており、見た目の細さは特に気にならなくなりました。雰囲気はもう少しピリッとしても良さそうに思いますが、それはこの血統特有の奥手な部分なのかもしれません。今後は速め調教も取り入れてどんどん乗り進めていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ連続殿負け

マトリョーシカ、東京競馬第12Rダート2400mに出走しました。

前走で1番人気を裏切るタイムオーバーの最下位に終わってしまい、またも放牧に出されたマトリョーシカ、約2か月振りのレース出走。
走ってみないとわからない気性難の馬ですが、今回は真面目に走って上位進出を目指してほしいところ。
いくら考えても納得できない下級条件馬の東京遠征続き、仕方ないので、自宅でグリーンチャンネルのテレビ観戦。

パドックのマトリョーシカ、馬体重は前走比+4キロの494キロ。
入厩直前に540キロ台だった馬が1月もたたないうちに何故これほど馬体減りするのか理解できません。
競馬ブックの予想では前走度外視としながらも印の薄い本紙△の低評価。
JRA-VANではとんでもない低評価の最下位予想。
人気は割れた人気となって、単勝17.3倍の8番人気。

さてレース、マトリョーシカはまずまずのスタートから先行争いをみせて、集団3番手につけてレースを進めます。
しかし、向正面あたりから徐々に下がりだし、3角前には手応えも怪しくなり、先行勢についていけず、3~4角を周って直線に入る頃には集団後方に下がってしまい、直線では全く脚がなくなり、前の馬とは大差、優勝馬から5.9秒差の最下位で入線しました。

スタートはまずまずで先行できたのですが、向正面で早くも手応えが怪しくなって、大差をあけられてまたも最下位に終わってしまいました。
難しい馬だとはわかるのものの、そこを何とかするのが調教師等の腕の見せ所だと思うのですが、同じことの繰り返しでした。
11月の復帰戦ではちゃんと入着しており、まだまだ充分にいける馬だと思うので、まずは手元できっちり体調を整えて、不可解な遠征はやめて、勝っている地元の1800mで立て直してほしいものです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
2/13(土)東京12R・ダート2400m戦に出走、馬体重は494kg(+4)でした。五分のスタートを切ると軽く手綱を押して先行し、3~4番手の好位につけました。道中はややポジションを下げたものの、6番手くらいで流れに乗っていたのですが、3コーナーからの反応が今ひとつで、徐々に遅れ始めました。直線は完全に失速してしまい、勝ち馬と5.9秒差の15着とシンガリ負けを喫しています。
騎乗したフォーリー騎手からは「途中まではいいリズムで走れていたのですが、3コーナーあたりから手応えが悪くなってついていけなくなってしまいました」とのコメントがありました。また、吉村調教師は「3コーナーで周りの馬が動いてペースが上がったときに、無理をしてでも一緒についていってほしかったです。あの形になってしまうと、集中が切れてやめてしまう馬なので…。ジョッキーにもしっかりと指示は出していたのですが…。これまでの失敗を繰り返したくなかったのですが、またもこのような結果になってしまい申し訳ありませんでした」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

マトリョーシカ、予定とおり出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
2/13(土)東京12R・ダート2400m戦にフォーリー騎手で出走が確定しています。このレースは15頭立てになりました。

外国人騎手に乗り替わり、マトリョーシカも変わり身を見せてほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

フレスコ、予定とおり出走が確定しました。

◆フレスコ
小倉競馬 2月14日(日) 6R 500万下 芝2600m 丸山元気 16頭

前走は負け過ぎ。鞍上も替わって、今回は頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月16日(火)船橋12R(16時50分発走)・野島崎特別・B2(二)組以下・距離1700m戦への出走を予定しています。

予定とおり船橋競馬に出走します。東京湾カップ以来の1700mのレースになります。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定など

サンデー公式サイトによる出資馬の出走予定など。

◆マトリョーシカ
今週2/13(土)東京・ダート2400m戦にフォーリー騎手で出走する予定です。想定からは除外はありません。本日2/10(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル53.9-39.6-25.5-12.6の時計をマークしました。今回はフリンカーを外して、チークピーシズ装着でレースに臨みます。気分次第の面があってアテにしずらいタイプですが、少なくとも前走のようなことはないはずです。

近況とおり東京競馬に出走します。
体調面は問題ないかと思いますが、気性面かどうか。
外国人騎手の騎乗に期待するしかありません。

◆ベストワークス
この中間も変わりなく順調で、今週末に少し時計を出すかもしれません。2/27(土)阪神・ダート1200m戦か、2/28(日)阪神・ダート1400m戦への出走を予定しています。

中3週での出走予定。鞍上はどうなるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
小倉競馬 2月14日(日) 6R 500万下 芝2600m 丸山元気

近況とおり小倉競馬に出走します。丹内騎手ではないだけで何だか嬉しい。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月15日(月)からの船橋開催での出走を予定しており、2月6日(土)に4Fから60.5-45.1秒の時計を馬なりでマークしています。

| | トラックバック (0)

2歳共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる2歳共有馬の近況。

◆グラップユアハートの14
この中間も順調で、周回コースで軽めキャンターを乗られた後、直線ダートコースでハロン16~17秒のキャンターを1本消化しています。気性面の成長が課題でしたが、ようたく落ち着いてきました。騎乗者に対して素直になり、ゴールまで集中した走りを見せています。現在の馬体重は438kgです。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆ルミナスポイントの14
週3日は屋内坂路コースで2本乗って、後半の1本をハロン16秒にペースを上げています。ほかの日は角馬場でしっかりとフラットワークを行っています。ペースを上げてもカイバ食いが落ちることもなく、安定した走りで背中の使い方も上手です。調教中に他馬が近づくと耳を絞って、ハミをしっかりと取るシーン は、競走馬としての資質を生まれながらに持っているようです。馬体面では、トモのボリュームに比べて薄めの肩周りの筋肉がもっとほしいところです。また、血統的に気性面には特に注意して、コントロールが難しくならないように気をつけます。現在の馬体重は506kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。次走に向けて今週からペースアップを始めています。梅田調教師は「3日(水)の坂路での追い切りでは余裕を持って動けていましたし、引き続き良いコンディションが維持できていると見ています。14日(日)小倉の芝2600mを視野に入れています」と話していました。

状態は引き続いて順調で、早くも出走予定も明示。今度は丹内騎手が乗らないように願いたいものです。

◆パラノーマル
パラノーマルは、中間も真歌で順調に調整され、4日(木)美浦の水野厩舎に入厩しました。今後の状態も確認しながら復帰レースを選択していくことになりますが、20日(土)東京のフリージア賞・芝2000m、27日(土)中山の牝馬・芝1800mが候補に挙がっています。

ようやく入厩しました。時間がかかったので、どこまで状態が戻っているのか定かではありませんが、復帰レースも一応明示。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間も順調で、来週2/13(土)東京・ダート2400m戦にフォーリー騎手で出走する予定です。明日2/4(木)はフォーリー騎手騎乗で速めを行います。前走が大敗だったこともあり、今回はブリンカーを着けずにレースに臨むつもりです。チークピーシズの装着はまだ流動的です。

◆ベストワークス
レース後変わりありません。中2~3週くらいで続戦していく予定で、引き続きダートの短い距離のレースを狙っていきます。

| | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »