« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジーまた着外敗退

レイクマッケンジー、川崎競馬第10R花吹雪特別ダート1500mに出走しました。

復帰後は入着もままならないレイクマッケンジー、当初予定を変えて今月2回目の出走で、得意の川崎競馬で上位進出を狙いたいもの。

レイクマッケンジー、馬体重は前走比+1キロの481キロ。
競馬ブックの予想は3号馬が大本命で、単勝1倍台の一本被り人気。
一方レイクマッケンジーは◎がポツンとある本紙△の低評価で、人気も単勝14.6倍の5番人気。

さてレース、レイクマッケンジーはまずまずのスタートも、人気の3号馬が一気にハナに立ちレースを引っ張ります。
向正面、3号馬が先頭で縦長の展開となり、レイクマッケンジーは集団半ばから後方に下がります。
3~4角を周って直線に入いり、3号馬が後方勢を突き放して楽々優勝、レイクマッケンジーはやや追い上げたものの6着で入線、またも着外に終わりました。

近走同じように、先行できず、追い上げる脚もなく、いいところなく着外に。
復帰してからこれほど良化に時間がかかるとは思いませんでした。
まだ5歳になったばかりなので、年齢のせいではないと思いたいのですが…

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
3月30日(水)川崎10R・花吹雪特別・距離1500m戦へ57kg笹川騎手で出走しました。馬体重はプラス1kgの481kg、前脚の出が硬く見え、張り艶も良い時と比べると良化途上でした。レースでは好スタートから馬なりのまま、中団内目につけて1コーナーを回りました。断然人気の馬が速いペースで飛ばす縦長の展開の中、向正面中ほどから笹川騎手のステッキが一発入って追い上げ態勢に入りました。しかしながら中々先頭との差をつめられず、後方3番手で4コーナーを回ると、直線では馬群の中から良い脚で追い込み6着でゴールしています。逃げ切った勝ち馬からは1.2秒差(2着馬からは0.3秒差)、時計は1分37秒2でした。
笹川騎手からは「指示通り、中団で脚をためる競馬に徹しました。最後は凄い脚で伸びてくれたので、差す競馬が合っていると思います。初めて跨ってみて、次への手応えを感じました。ズブい馬で勝負どころで動けなかったのが痛かったです。」と、川島正一調教師からは「今日のような競馬を試したかったのですが、笹川騎手が指示通り乗ってくれて、今後につながる競馬でした。馬の状態は緩やかに上昇してきていますので、次あたりが勝負ですね。期待してください。」とのコメントがありました。

|

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/63417941

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジーまた着外敗退:

« レイクマッケンジー出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »