« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の32件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、5月1日(日)新潟10R・荒川峡特別・芝2400mに丹内祐次騎手で出走します。梅田調教師は「去年の11月から、はや7戦を消化。ちょっと不真面目なところがある反面、体質や脚元は丈夫ですね。使ってきているわりには元気ですし、前走の疲れも感じられません。今週は京都にも長距離の番組が組まれていますが、福島に比べれば、こちらから新潟へのアクセスはずっと良いですからね。ここでも上位争いに持ち込んでくれるのでは」と述べていました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。レース明けの今週は馬体の回復を促すことに重点がおかれています。「飼い葉をバリバリ食べるタイプではないのですが、何とか必要分は口にできていますね。競馬のダメージはそれほど感じられません」と水野調教師。5月21日(土)東京のカーネーションC・牝馬限定・芝1800mへの出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
5月6日(金)船橋10R(20時15分発走)・SPAT4プレミアムポイント特別・B2(二)組以下・距離1600m戦への出走を検討しています。※5月9日(月)からの川崎開催で出走する可能性もあります。

| | トラックバック (0)

ベストワークス出走確定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ベストワークス
5/1(日)京都2R・ダート1200m戦にボウマン騎手(豪州)で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。新潟戦は除外の可能性がでてきたことから、京都戦に矛先を向けて、このレースに出馬投票を行っています。短期免許で来日する、ボウマン騎手の手綱に注目です。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、新潟競馬荒川峡特別への出走が確定しました。

◆フレスコ
新潟競馬 5月1日(日)10R 荒川峡特別 芝2400m 丹内祐次 13頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ベストワークス
5/1(日)新潟・ダート1200m戦に幸騎手で出走を予定しています。想定ではフルゲートが見込まれており、出走間隔から除外対象となっています。先週の情報では京都戦とお伝えしていましたが、いまのところ新潟戦を優先に考えています。ただし、5/1(日)京都・ダート1200m戦だと本馬の出走間隔でも出走できそうなことから、このレースに回る可能性もあります。4/27(水)は坂路コースで追い切り、半マイル55.8-41.4-27.5-13.8 の時計を単走馬ナリの手応えでマークしました。時計のかかる馬場状態でしたので、目立った時計ではありません。まずは五分のスタートを切ってほしいところです。

| | トラックバック (0)

特別戦出走登録

フレスコ、5月1日の新潟競馬荒川峡特別・芝2400mに出走登録しました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆パラノーマル
柴田大知騎手「他の馬が暴れて、入っていたゲートから出されてもう一度入ったところ、落ち着きすぎてしまいましたね。このままでは扉が開いた際に即座に反応できない、と考えて気合いをつけたのですが効果がなく、スタートで後手を踏んでしまいました。ダッシュもつかなかったため促しながら進めていったのですが、スピードに乗れません。それならばこのままじっとしていてペースが落ちたあたりであらためて動いていこう、としたのですが、今度はなにも指示していない1コーナー過ぎから急にかかってしまって。コーナーで外を回って上がっていってはロスが大きいのでなんとか我慢させようとしましたけれど、これまでのこの馬からは考えられないくらい行きたがっていました。直線、仕掛けてからの反応が良かったものの、良い脚が続かなかったのは行きたがってしまった分でしょう。今までむしろふわふわするくらいの馬でした。今回、ここまでかかった理由は現段階ではちょっとわかりません。具合が良かっただけに残念です」

水野調教師「1コーナーから急にハミをとってしまいましたね。前半、促していった分もあるのでしょうか。鞍上がなにもしないとふわふわして進まず、出していくと極端に行きたがる、なかなか難しいですね。この距離でペースが一気に遅くなったせいもあるのかもしれません。次走は距離を短くしてみるつもり。中3週で東京のカーネーションカップ、芝1800mの牝馬限定戦あたりを考えます。飼葉をしっかり食べているので体は増えているかと見ていましたが、体重は変化なし。それでもきちんと反応できていたように状態は良かったと考えています」

騎手、調教師ともに随分と長いコメントです。
いずれにせよ全く駄目だったことにはかわりありません。

| | トラックバック (0)

パラノーマルまたも完敗

パラノーマル、東京競馬第9R新緑賞芝2300mに出走しました。

復帰後完敗続きのパラノーマル、フローラSの出走を予定していましたが、除外となって、特別戦に出走。多少ともなり上位進出を目指したいところ。

パドックのパラノーマル、馬体重は前走変わらず422キロ。
競馬ブックの予想はポツンと△があるだけの本紙無印の低評価。
人気も全くなく単勝79.1倍の10番人気。

さてレース、パラノーマルはゆったりしたスタートから行き脚がなく、集団最後方に位置取りしてレースを進行。
そのまま向正面を通過、3~4角を周って徐々に上げていき、直線で上位に迫ろうとしますが、差は詰まらず、逆に最後に一気に離されて、9着に終わりました。

これまでの復帰後のレースと同様に、スタート後の行き脚なし、後方追走のまま、最後の追い上げもなしと、全く内容のレースでした。
復帰後3走目、変わり身もなく、このまま走らせても意味はないので、馬体の良化を期して休養させるしかないように思います。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は5月1日(月)からの船橋開催での出走を予定しています。

番組表を見ると5月6日(金)の新緑特別への出走かと思われます。前進を願うばかり。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
坂路コース(800m)2本をハロン17秒で乗っており、週2日はハロン15秒の速めの調教を開始しました。馬体もよくなってきたので、次走の番組を検討しながら、入厩の時期を計ります。現在の馬体重は547kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。先週末、今週と坂路で追いきりました。梅田調教師は「変わらずしっかり動けています。来週の出走も視野にいれたいと考えています」と述べていました。5月1日の新潟の荒川峡特別・芝2400m、もしくは同日の京都の芝2400mなど、引き続き芝の長めの条件への出走を予定しています。

◆パラノーマル
パラノーマルは、4月23日(土)東京9R・新緑賞・芝2300mに柴田大知騎手で出走します。24日(日)東京のフローラS・芝2000mに投票したものの、残念ながら除外に。あらためて前日の新緑賞に再投票しました。水野調教師は「追いきりの動きが良好でした。状態が上がっているだけになんとか重賞に使いたかったのですが、しかたありません。牡馬との勝負になりますけれど、東京コースになるのはこの馬にとってアドバンテージだと見ており、期待しています」と述べていました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。併せ馬による追い切りも取り入れて調教負荷がかけられています。主任は「コンスタントに追い切りを課していて、順調に消化できています。必要な体力が備わってくるようにさらにトレーニングを積んでいきます」と話していまし た。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ベストワークス
4/21(木)は坂路コースで追い切り、半マイル52.9-39.3-26.1-13.3の時計をマークしました。

| | トラックバック (0)

パラノーマル出走確定

パラノーマル、新緑賞への出走が確定しました。

◆パラノーマル
東京競馬 9R 新緑賞 芝2300m 柴田大知 12頭    

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ募集予定馬発表

社台グループから今年度の募集予定馬リストが送られてきました。
今年も経費明細と牧場見学ツアーの案内とは別便です。

募集予定馬リストは、4牧場別に、社台・サンデー・G1の各クラブと中央と地方のオーナーズ募集に区分けされています。なお、地方競馬ファンドの募集はないようです。

種牡馬別では、例によって綺羅星のごとく、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ダイワメジャー、ステイゴールド、オルフェーヴル等々の産駒がリストアップされています。 以前にも増して高額募集馬ばかりになりそうな雰囲気です。

私のゆかりの馬として、元出資馬の仔では、クリスマスキャロル×ノヴェリストの牝馬がG1から募集されます。
出資馬の弟妹では、ルミナスポイント×ロードカナロアの牝馬がサンデー、アイスドール×ノヴェリストの牝馬が中央オーナーズ、グラッブユアハート×ゴールドアリュールの牝馬がG1、レイクサイドカップ×マンハッタンカフェの牡馬が地方オーナーズ、インコグニート×ヴィクトワールピサの牡馬がG1から募集されます。G1が多いようですが、新たに入会してまでは…

さて、募集スケジュールも明示され、いよいよ今年の社台グループの募集もスタートしました。
大金をはたいたプレリュードフィズをはじめ、元々ぱっとしない出資馬の成績がさらに低迷、加えて資金運用で儲けたお金が消え去るなど、テンションが下がり、資金面でも厳しくなっているので、今年の応募をどうするのか一から考えて検討したいと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
レース後かわりありません。次走への優先権が取れませんでしたので、4/19(火)にグリーンウッドトレーニングへ短期放牧に出ています。緩めずに調整して、次走に備えていきます。

◆ベストワークス
入厩後の状態に変わりなく、今週は4/21(木)に追い切りを行います。なお、レースではゲートでの出遅れが堪えていたため、この中間はゲート練習も行っており、現時点では問題ありません。状態をみながら、5/1(日)京都・ダート1200m戦での出走を予定してお、幸騎手に騎乗依頼しています。

| | トラックバック (0)

パラノーマル特別戦出走登録

パラノーマル、予定とおり次週の東京競馬のフローラステークスと新緑賞に出走登録しました。

| | トラックバック (0)

プレリュードフィズ復帰戦も惨敗

プレリュードフィズ、阪神競馬第4R芝2000m牝馬限定戦に出走しました。

1月の新馬戦で11着と惨敗に終わり、山元TCに放牧に出されたプレリュードフィズ、約3か月振りの出走で、どれだけ良化したか注目の復帰戦。
地元阪神競馬場出走なので現地観戦。

パドックのプレリュードフィズ、馬体重は前走比-6キロの418キロと馬体減。
元々細めとはいえ、放牧明けで減っているようではと心配に。さらに周回では覇気を欠き頭を下げてとぼとぼ歩き、前の馬との差が開くばかりで、不安増大。
競馬ブックの予想は全くの無印、これを受けて人気は全くなく単勝52.4倍の8番人気。

さてレース、プレリュードフィズはまずまずのスタートから中団前目に位置取り。
向正面半ばから早くも気合を入れながらレース進行。
3~4角を周って直線に入りますが、先行勢に追走するのがやっとで、最後は10着で入線しました。

結局ほとんど集団半ばあたりでレースを進め、最後の伸びもなく、全く見所がないまま惨敗に終わってしまいました。
新馬戦は牡馬相手のレース、この日は牝馬限定戦ということで、牝馬相手ならと期待をかけ、また馬体の良化も望みだったのですが、能力不足だけが明らかになった感。
期待の高額良血馬でしたが、やはり当初から小さい馬体では厳しかったようで、この惨敗にはかなり落胆してしまいました。
わずか3か月の放牧は意外でもあったので、夏まで待って良化に一縷の願いをかけるしかないと思います。

社台公式サイトによるレース解説。

◆プレリュードフィズ
4/17(日)阪神4R・芝2000m(牝)戦に☆鮫島駿騎手で出走、馬体重は418kg(-6kg)でした。やや立ち上がるようなスタートでしたが、そこから行き脚をつけて、道中は中団前寄りの外目を追走しました。勝負処から鞍上が手を動かしていきましたが、手応えはあまりよくなく、直線で追い出してからもバテてはいないものの、いまひとつ伸びを欠きました。結局、勝ち馬から1秒7差の10着での入線でした。
騎乗した鮫島駿騎手は「とても乗りやすい馬で、道中の折り合いもついていました。ただ、今日は馬場が渋って力のいる馬場状態でしたので、非力なこの馬には厳しかったと思います。良馬場ならば、もっとやれると思うのですが……」とのこと、また石坂調教師は「競馬のセンス自体はいい馬なので、スッといい位置につけられますね。ただ、今日はやはり重馬場が影響してしまったと思います。次走への優先出走権を取ることができず、出走間隔を開けないと出られませんので、このあとは短期放牧に出す予定です」とコメントしています。

ということで、やはり放牧のようですが、能力不足なので短期間では意味がないように思います。
なお、この日の次の未勝利戦では、サンデーのフォイヤーヴェルクも惨敗。募集価格1億2千万円であれではの結果で、今更ながら一口馬主の難しさが身にしみました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。軽めのメニューで回復が促されています。梅田調教師は「前走は前に壁ができてしまい、動きたいところで動けないところがありましたが、ラストは良く伸びていました。状態に問題なければ続戦の予定で、輸送もありましたし、具体的な番組についてはもう少し様子を見て検討していきます」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。13日(水)には坂路での追い切りを消化するなど、中間も問題なく調整できています。水野調教師は「ゴールまで十分に余力がありました。状態は高いレベルにあり、レースまでにあと1本追えば十分でしょう。24日(日)東京のフローラS・芝2000mを本線に考えていて、入らない場合は、23日(土)の新緑賞・芝2300mを視野に入れます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定など

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
4/17(日)阪神4R・芝2000m(牝)戦に☆鮫島駿騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。

出走が確定しました。山元TCでの放牧と帰厩してからの調整で、どれだけ立て直すことができたか不安もありますが、約3か月振りの出走、出来る限り頑張ってほしいものです。

◆ベストワークス
4/14(木)に栗東TCへ入厩しています。

わずか1か月の短期放牧で帰厩しました。体調面では問題なかったようで、気分面のリフレッシュを図ることが目的だったようです。こうなれば早期復帰を願います。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
今週4/17(日)阪神・芝2000m(牝)戦に☆鮫島駿騎手で出走予定です。想定ではフルゲート16頭に対して24頭が出走を表明していますが、出走間隔による優先順で本馬に除外の心配はありません。4/13(水)は坂路コースで追い切り、半マイル54.0-39.6-26.1-12.9の時計を併せ馬でマークしました。まだ良化の余地は残すものの、入念に乗り込みながら徐々に力を付けている感はあります。限定戦の舞台で今後に見通しがつくレースを期待したいところです。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー二桁着順の惨敗

レイクマッケンジー、船橋競馬第10R花まつり特別ダート1600mに出走しました。

このところ入着もままならないレイクマッケンジー、前走から一開催を挟んだだけの短期間での出走で、上位進出を目指したいところ。
ナイターレース出走なので、ネットでライブ観戦。

パドックのレイクマッケンジー、馬体重は前走比+2キロの483キロ。
競馬ブックの予想は近走の不振により、ちらほらと△があるだけの本紙無印。
これを受けて単勝33.2倍の9番人気と低人気。
上位常連だっただけにあまりにも情けない評価と人気の低下。

レースはまずまずのスタートもあっという間に集団に飲み込まれ集団後方に。
向正面から3〜4角を周るところでは集団についていけなくなりさらに後方に。
不振ながらも直線ではある程度は追い上げていましたが、この日は伸びも欠き、最終的に10着に終わりました。

終始後方のまま見せ場なく、初めての二桁着順に終わってしまいました。
入着もままならず不振から抜け出せず、昨年の好調からわずか半年、何でここまで悪くなってしまったのでしょうか。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
4月11日(月)船橋10R・花まつり特別・B2(二)組以下・距離1600m戦へ57kg見澤騎手で出走しました。馬体重はプラス2kgの483kg、歩きの硬さは変わらずも、馬体の張り艶は良化してきたように見え、上昇気配でした。レースでは五分のスタートから馬なりのまま中団につけて、1コーナーを回りました。道中は馬群の中を追走していきましたが、3コーナーからポジションを下げてしまいました。見澤騎手に懸命に追われたものの、見せ場なく2.0秒差の1分44秒5の10着に終わりました。
見澤騎手からは「指示通り、ゲートから出たなりで馬のリズムを崩さないように乗ったのですが、途中からハミを全くとってくれなくなり、完全に遊ばれてしまいました。期待に答えられず申し訳ありませんでした。」と、川島調教師からは「ハミをかけて気合いをつけていないと、止めてしまう難しい馬なので、騎手が合いませんでした。森騎手が乗れなかったのが痛かったです。」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

社台グループオーナーズによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
4月11日(月)船橋10R(20時15分発走)・花まつり特別・B2(二)組以下・距離1600m戦へ57kg見澤騎手で出走します。14頭立ての3枠4番です。※森騎手を確保していましたが、落馬負傷のため見澤騎手での出走となりました。

| | トラックバック (0)

桜花賞観戦

阪神競馬場に行って、桜花賞を観戦してきました。

伝統の桜花賞、最近は屋外席がガラガラの阪神競馬場ですが、さすがに大混雑。
早めに観客席の後ろに立って、レースを観戦しました。

レースは単勝1倍台の大本命のサンデーRのメジャーエンブレムが中団の競馬で、最後も不発のまま敗退。代わってキャロットのシンハライトとジュエラーが競り合い、ジュエラーが差し切って優勝しました。

優勝はハナ差の写真判定、接戦をきっちり勝ったジュエラーのM.デムーロ騎手の技量はさすがといった感。
一方で、シンハライトのキャロット会員は口取りのために集合場所から移動した後で、レース確定で逆戻りという残念な結果でした。
私の出資馬がクラシックで写真判定なんてことになれば、胃が痛くなるでしょうね。

| | トラックバック (0)

フレスコ入着

フレスコ、福島競馬第8R芝2000m若手騎手戦に出走しました。

前走二桁着順と惨敗に終わったフレスコ、中4週で福島競馬に遠征しての出走で、上位進出を目指したいところ。
私は桜花賞観戦のため阪神競馬場に向かったので、グリーンチャンネルで録画観戦。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比+4キロの480キロとやや馬体復活。
競馬ブックの予想は本紙▲のまずまずの評価。
人気は思ったよりも低めの単勝15.6倍の7番人気。

さてレース、フレスコはゆったりしたスタートから行き脚がなく後方に下がります。
そのまま最後から3番目あたりでレース進行。
3~4角を周っての直線、じりじりと追い上げて最後は5着で入線しました。

スタートから後方追走と前走と同じような展開で、これは駄目かと思いましたが、最後に集団を割って上がって入着を果たすことができました。
もう少し前方で競馬をできなかったのかと悔やまれます。
ちぐはぐなレース運びで、もどかしい思いが積もるばかりです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
三津谷騎手「ややズブいタイプなので早めに仕掛けて動かしていくように、と言われていました。そのとおり、ゴーサインを出してからはじりじりとでしたが、しっかり伸びてくれましたね。器用な脚がない分、勝負どころで馬群をさばくのに手間取りました。スムーズでしたら、もう少し上位争いに加われたのではないでしょうか」

馬のせいにしていますが、レース展開含めて、そこを捌くのが騎手の技量。このクラスの騎手に望むべくもありませんが…

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、近況通り若手騎手限定戦への出走が確定しました。

◆フレスコ
4月10日(日) 8R 500万下 芝2000m 三津谷隼人 16頭

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
4月10日(日) 8R 500万下 芝2000m 三津谷隼人

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、来週4月11日(月)船橋10R(20時15分発走)・花まつり特別・距離1600m戦への出走を予定しています。

早くも次走出走へ。調子が上がらないので、さすがにレース間隔が詰まってきました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆プレリュードフィズ
来週4/17(日)阪神・芝2000m(牝)戦に鮫島駿騎手で出走予定です。4/6(水)は坂路コースで追い切り、半マイル56.3-40.7-26.3-13.1の時計をマークしました。この中間も変わりなく順調に調整が進んでいます。まだ非力な面もありますが、徐々に出走態勢は整いつつあります。このまま仕上げていきます。

それなりに進んでいるようですが、本番までにどこまで調子を上げることができるか。

| | トラックバック (0)

特別戦出走登録

フレスコ、福島競馬飯盛山特別芝1800mに出走登録しました。
近況では若手騎手・芝2000mへの出走を予定しているので、両にらみといったところでしょうか。

| | トラックバック (0)

2歳共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる2歳共有馬の近況。

◆グラップユアハートの14
この中間も順調で、周回コースで常歩3000m、ダク1200mとキャンター1200mを乗る調教メニューをベースに、週2日は直線ダートコースで1000mの距離を1本、ハロン17~18秒ペースのキャンターで駆け上がっています。また、週1日は同じく直線ダートコースでハロン15秒ペースのキャンターを乗られており、まずまずの動きを見せています。気性面で悪いところはありませんが、我慢している感じがしますので注意しながら進めていきます。3月に計測した体高は157cm、胸囲は180cm、管囲は20cm、馬体重は452kgでした。

先月同様に進み具合がよくわかりませんね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ベストワークス
ウォーキングマシンの運動で楽をさせてから、周回コースで乗り出しました。いくらかソエ気味ですが、いまのところ休ませる必要はない程度です。状態をよく確認しながら、ペースアップのタイミングを図ります。現在の馬体重は461kgです。

これからペースアップ、上昇を願いたいものです。

◆ジューヌエコール
現在は週2日屋内坂路(900m)に入り、1本めはハロン20秒、2本めはハロン15~16秒ペースで登坂、1日は屋内周回コースでハロン30秒ペースのキャンター3000m、ほかの3日はトレッドミルや角馬場でのフラットワークなど軽め運動を行っています。以前よりハロン15秒ペースでの手応えが良化し、また調教後の息の入りも良くなり、基礎体力がついてきたことが実感できます。前向きな性格ですが、頑張りすぎる面もあるため、精神面に余裕を持たせ、折り合い面に気をつけながら進めています。馬体は肩回りの筋肉に厚みが出て、トモとのバランスが良くなってきました。3月に計測した体高は162cm、胸囲は191cm、管囲は20cm、馬体重は505kgでした。

先月に続いて順調のようですが、裏読みするとそれほど基礎体力がないとも…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、栗東に滞在中。先週末からペースアップを始めていて、31日(木)にはウッドで長めから追って、ラスト1ハロンは12秒を切る内容でした。「いったんトレセンを離れましたが、うまく調整できています。今週の追い切りでもしっかり動けていて、思い通りの負荷をかけることができました。鞍上が軽いこともありますが、好タイムが出ています。行こうと思えば、今週でも出走できそうな状態です」と梅田調教師。10日(日)福島の若手騎手・芝2000mが視野に入れられています。

次走予定が明示。近況通り福島出走のようですが、若手騎手限定戦ですか…

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。今週は軽めの調整で回復が促されています。「調教の動きが良かっただけにミモザ賞は案外な結果でした。出走後も特に気になるところは見あたりません」と水野調教師。もうしばらく様子を見て問題がなければ、東京開催へ向かう予定。4月23日(土)新緑賞・芝2300m、24日(日)のフローラS・芝2000mが候補に挙がっています。

こちらも次走予定が明示。特別戦かトライアル重賞のようですが、姉のソルシエールが頑張ったフローラSで夢を再びでもいいかもしれません。

| | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »