« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

社台・サンデー・G1出資馬検討

来週のツアーを前に社台・サンデー・G1の出資馬検討です。
今年も堅実な成績を求めて、2000万円程度の牝馬を候補に考えています。
一口馬主掲示板等では何が何でもサンデーという感じですが、私はそれほどのこだわりはありません。

さて、募集馬発表時から最も関心があったのは、この馬。

170 ルミナスポイントの15 ロードカナリア 牝馬 2800万円
出資馬のジューヌエコールの半妹。
堅実なルミナスポイントに期待の新種牡馬のロードカナロア。
短距離馬としては走りそうな血統ですが、募集価格2800万円にびっくり。
出来の良さの現われかもしれませんが、こんな価格では…

ということで断念して、他の馬を考えました。

55 アプリコットフィズの15 キングカメハメハ 牝馬 2400万円
私自身の最高額馬ながら未勝利引退濃厚のプレリュードフィズの近親。
あくまで良血で当たりを狙うか、あきらめるかの判断の為所。
ただ、肝心の馬がやはり遅生まれで、馬体も小さいのが難点。
何で宮本厩舎なのかもよくわかりません。

72 アルーリングボイスの15 ロードアナロア 牝馬 2000万円
社台ではおなじみの一族に新種牡馬のロードカナロア。
やはり短距離血統ですが、この血統からは早熟、堅実の印象があります。
社台では評判の悪い藤岡厩舎が難点。

158 タイムウィルテルの15 ハーツクライ 牝馬 1800万円
重賞馬マジックタイムの全妹で格安なので目を引きました。
厩舎が開業2年目の松下厩舎で微妙。
さらに測尺・体重の発表で、かなり小さいことが判明。
格安の理由もわかり、さすがにこれでは…

176 アペラシオンの15 ルーラーシップ 牝馬 1600万円
祖母アンブロワーズ産駒は以前から気になっていましたが、未出走引退馬の仔。
募集価格も安く、カタログ写真の見栄えも良かったので興味を覚えました。
しかし、遅生まれで、やっぱり小さいのが難点。

186 グリューネワルトの15 アイルハヴアナザー 牡馬 2000万円
BRF期待の新種牡馬アイルハヴアナザーの産駒。
社台でも購入を検討していたので、それなりに募集馬がラインアップ。
カタログ写真の見栄えが良かったので、牡馬ですが、出資候補に。
厩舎はラフィアンでおなじみの岡田厩舎で、出資すればまるでラフィアン。

正直なところ、これはといった馬がいません。
ということで、特別入会したG1からの候補。

41 クリスマスキャロルの15 ノヴェリスト 牝馬 1800万円
エリザベス女王杯出走の元出資馬の仔。
出資馬の産駒を追い求めるのは賛否ありますが、やはり血統的になじみがあります。
何といっても、一度は親仔口取りを果たすという願望もあります。
馬体自体は母親に似た印象で、やや細めの感。
新種牡馬のノヴェリストが最大の注目点ですが、走りそうな話をさっぱり聞きません。
入厩先の牧浦厩舎というのもさっぱり聞きません…

43 グラッブユアハートの15 ゴールドアリュール 牝馬 1400万円
共有馬のグラッブユアハートの14の全妹。
全姉のグラッブユアコートが下級条件ながら着を外さない好成績、産駒は堅実な成績ばかりで、外れはなさそう。
これからこの馬も中央ファンド馬になったようですが、募集価格が上昇したのが難点。
入厩先の千田厩舎も地味。G1はこんな厩舎ばかりなんですかね…

社台・サンデーで好みの馬がいないようなら、しばらく売れ残るであろうこの馬2頭でもいいかなと思っています。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/63750944

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデー・G1出資馬検討:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »