« ベストワークス入着 | トップページ | 社台・サンデー2次募集終了 »

プレリュードフィズ入着

プレリュードフィズ、中京競馬第3R芝2000mに出走しました。

1月のデビュー戦、間をあけた4月の2戦目とさっぱりの内容だったプレリュードフィズ、馬体良化にわずかな望みをかけて短期放牧し、約3か月振りの3戦目出走。
ルメール騎手騎乗と大幅な鞍上強化で、ここで駄目ならと引導を渡された形のレースとなりました。
ベストワークスとの同日2頭出しも現地観戦できずグリーンチャンネル録画観戦。

パドックのプレリュードフィズ、馬体重は前走比+2キロの420キロ。相変わらずの馬体重ですが、それなりに鍛えてきた感。
競馬ブックの予想は△がちらほらある本紙無印。人気は単勝20.1倍の7番人気。

さてレース、まずまずのスタートから集団後方につけてレース進行。
向正面も後方追走でレース展開。
3~4角を中団で周っての直線、ここから脚を伸ばしてジリジリと上昇、優勝馬から0.8秒差の5着で入線しました。

連続二桁着順からと離されてはいたものの掲示板に入り大きく前進、やはりそれなりに成長していたようです。
次走優先出走権も獲得し、自力で次走出走の道が開けました。

社台公式サイトによるレース解説。

◆プレリュードフィズ
7/9(土)中京3R・芝2000m(牝)戦にで出走、馬体重は420kg(+2)でした。まずまずのスタートから中団やや後ろの外めを追走しました。4コーナーを中団馬群の中で周ると、直線では馬場の五分どころで脚を伸ばしますが、勝ち馬から0.8秒差の5着まで上がったところがゴールでした。
レース後、ルメール騎手からは「ポテンシャルが高いというわけではないかもしれませんが、この馬場にも対応してくれました。走りは軽い感じがするので、できたら良馬場の方がいいですね。5着まできましたしよく頑張っていました」とのコメントがありました。

|

« ベストワークス入着 | トップページ | 社台・サンデー2次募集終了 »

プレリュードフィズ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/63892738

この記事へのトラックバック一覧です: プレリュードフィズ入着:

« ベストワークス入着 | トップページ | 社台・サンデー2次募集終了 »