« 出資馬近況 | トップページ | デイリー杯2歳S優勝雑感 »

ジューヌエコールデイリー杯2歳S優勝

ジューヌエコール、京都競馬第11Rデイリー杯2歳S芝1600mに出走しました。

7月の新馬戦、9月のききょうSとデビュー以来連勝のジューヌエコール、12月の阪神ジュベナイルフィリーズを前に2歳重賞に出走。
阪神JF出走への賞金は足りているので、まずは重賞でどこまで通用するかに注目。
当初は牝馬限定芝1400mのファンタジーS出走の予定でしたが、牡馬相手で本番同様の芝1600mのこのレースに出走することとなり、真価が問われるところ。

調教では先週京王杯2歳Sに勝ったモンドキャンノと合わせて走り、今週は好時計を記録するなど動きも良好、各種報道でも評価が高く、期待も高まるばかり。
私にとっても久々の重賞出走であり、もちろん現地観戦に。

パドックのジューヌエコール、馬体重は前走比+2キロの490キロとNFしがらき放牧を挟んで馬体増。外目外目を歩いて、良い雰囲気での周回。

競馬ブックの予想では1号馬のタイセイスターリーがほぼ◎ながら本紙では対抗、ジューヌエコールが本紙本命。
これを受けて人気は単勝3.6倍の2番人気。もっとも、10頭立ての少頭数レースもあって、上位5頭が一桁と人気が割れるところ。

さてレース、ジューヌエコールはまずまずのスタート、先行争いから4番手につけてレース進行。
そのままの位置取りで3~4角を内で周り、直線勝負へ。
直線では馬群を割ってジリジリと上がり、逃げる3号馬を捕らえて、ゴール前クビ差で交わして優勝しました。

スタートも良く、好位置でレースを進め、3~4角では内でどうなるかと心配しましたが、直線で前走同様に抜け出して、見事に優勝することができました。
上がり時計も速く、内容的にも問題なしのレース運びでした。
これでデビューから新馬戦、オープン、GIIと無敗の3連勝、阪神JFを前に期待が高まるばかりです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ジューヌエコール
11/12(土)京都11R・デイリー杯2歳S(G2)に出走して1着となり、デビューから無傷の3連勝で嬉しい重賞制覇となりました。馬体重は490kg(+2)でした。好スタートを切ると、サッと4番手の好位につけました。やや行きたがる面をみせていましたが、なんとか折り合わせてインで脚を溜めると、直線では内から2頭目の進路を通り、逃げ込みを図る2着馬をゴール寸前できっちりとクビ差捕らえています。勝ちタイムは1.34.6でした。
騎乗した福永騎手からは「以前乗ったときよりも馬が良くなっていましたね。今日はいいポジションがとれましたし、ペースが落ち着いたのもこの馬には良かったかもしれません。最後はしっかりと伸びてくれましたし、牡馬相手にきっちりと勝ち切るのですから、たいした馬だと思います」とのコメントがありました。また、安田隆調教師は「有難うございました。次走は12/11(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に向かいますが、福永騎手が乗れないのでバルザローナ騎手に騎乗依頼します」と話していました。

|

« 出資馬近況 | トップページ | デイリー杯2歳S優勝雑感 »

ジューヌエコール」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/64484526

この記事へのトラックバック一覧です: ジューヌエコールデイリー杯2歳S優勝:

« 出資馬近況 | トップページ | デイリー杯2歳S優勝雑感 »