« ジューヌエコールデイリー杯2歳S優勝 | トップページ | これまでの重賞出走記録 »

デイリー杯2歳S優勝雑感

ついに社台・サンデーでの重賞制覇と、念願を果たすことができました。
出資馬の重賞制覇はマイネソーサリスの愛知杯以来11年振りのこと。
ソーサリスの優勝は、重賞初出走でそのまま初優勝、しかも人気薄での優勝だったので、歓喜の優勝というよりも夢心地の優勝でした。
一方でこんなものかという気持ちもあり、一口馬主仲間からは苦節何年での優勝が当たり前なのに幸運すぎると言われたものでした。

案の定というか、その後は重賞出走馬ですらソーサリス以降は3頭、人気薄でマイネソルシエールがフローラSで2着、クリスマスキャロルがマーメイドSで2着がありましたが、ソーサリスの7走含めてわずか14走と寂しい限りの出走成績でした。
2歳戦のラフィアンに入会したので、賑やかしでももっと出走してくれるものと思っていましたが、ラフィアンの成績低迷の影響をまともに受けてしまった感。

そんななか、ジューヌエコールが私自身初めての新馬勝ちからオープン勝ちと2歳女王路線を進んでの重賞出走で、見事に優勝を果たしてくれ、前評判が高い好人気の優勝もあって、嬉しい優勝となりました。

口取りはソーサリスの時は7人での口取りでしたが、今回は定員一杯で馬主資格持ちの会員とあわせて20人超の大人数で、人気クラブらしい口取りでした。

これでデビューから無傷の3連勝での年末の大一番の阪神JF出走に挑み、ミスエルテを筆頭に他に強い馬がいますが、本気で優勝を狙えるなかでの出走で期待もますます高まるばかりです。

さて、優勝賞金は3,800万円。GIIとしては少ない金額ですが、2歳重賞なので仕方ありません。
これで通算賞金額は6,100万円となり、募集価格の3倍を突破、実質収支の黒字が確定しました。
収得賞金は3,100万円と世代最高額となり、来年のクラシック路線の出走は選び放題となりました。

お楽しみの配当はさすがの40口で、後の月次分配と年次分配、確定申告を合わせて60数万円の見込み。
通算賞金額から見れば当たり前ですが、早くも合計100万円を突破する見込みです。今後は税金対策を念頭に置いたほうが良さそうです(笑)

|

« ジューヌエコールデイリー杯2歳S優勝 | トップページ | これまでの重賞出走記録 »

ジューヌエコール」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/64494572

この記事へのトラックバック一覧です: デイリー杯2歳S優勝雑感:

« ジューヌエコールデイリー杯2歳S優勝 | トップページ | これまでの重賞出走記録 »