« 共有馬近況 | トップページ | 特別戦出走登録 »

確定申告書類

社台・サンデー・社台グループオーナーズから確定申告書類が送付されてきました。

中央競馬ファンドの方は、ジューヌエコールのデイリー杯2歳Sの優勝賞金がほとんど利益分配金なので、これがそっくりそのまま収入となって、源泉徴収税額が12万円ほどになりますが、プレリュードフィズとベストワークスの引退による終了損失が大きいので、全額還付されます。
これほど還付されるのは、クリスマスキャロルが活躍した平成24年度分以来です。

捕らぬ狸の皮算用とはいいますが、今年ジューヌエコールが活躍すると、ほとんどそのまま収入となるので、税金処理で頭を悩ませることになりそうです。
今年はマトリョーシカが定年引退し、ラフィアンでおそらくパラノーマルとハドソンが引退することになると思われますが、賞金を3~4千万円稼くと、これらの馬の終了損失だけでは補うことができなくなります。

地方共有馬の方で、毎年預託料と減価償却費が経費計上される有難みをつくづく感じています。
もちろんグラッブユアダイヤが期待以上のとんでもない活躍をすれば、その時は逆に多額の税金を納めることになってしまいますが、その時は、一応は馬主なので、何とかツアーや現地観戦を経費計上して節税に努めたいと思っています。

ところで、まだ送付されてこないラフィアン、今月の会報誌で、お抱えライターが確定申告の記事を書いていましたが、今では一口馬主DBのホームページできっちり制度が説明されているので、今更感というか、こんなこともわからなかったのかと呆れてしまいました。

|

« 共有馬近況 | トップページ | 特別戦出走登録 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/64822436

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告書類:

« 共有馬近況 | トップページ | 特別戦出走登録 »