« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の39件の記事

フレスコ特別戦出走登録

フレスコ、来週の中山競馬潮来特別に出走登録しました。
登録頭数は13頭、このまま出走できそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆パラノーマル
丹内騎手「小倉の1800mはすぐにコーナーをむかえるため、少しでも良い位置をとろうと出していく馬が多い傾向にあります。今日も同じような形で、こうなるとこちらはダッシュが速いわけではないため、無理して促していっても良いポジションはとれず、しかも無駄にエネルギーをロスすることになります。そこで、 無理せずに自負自分のリズムで走らせました。道中は手ごたえがあり、脚がたまっている感触がありましたね。終いもよく伸びてくれました」

水野調教師「久々にこの馬の良さが発揮できたレースでした。流れもむきましたね。今後は、せっかく結果が出ましたので、連闘で小倉への出走も視野に入れたいと考えています」

鞍上が随分と語っていますね。確かに久々の好結果でしたが、いつもと同じように先行できなかっただけではないかと。成績が悪いと馬のせい、好結果なら自分のせいの如くコメントするので、嫌われるんですよね。

さて3連闘とはびっくり。陣営は、小倉競馬で、丹内騎手を乗せてとどめを刺そうとしていたので、困っているのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

パラノーマル入着

パラノーマル、小倉競馬第7R芝1800mに出走しました。

前走復帰戦では10頭中7着とこれまでと変わらずイマイチの成績だったパラノーマル、小倉の滞在競馬で連闘でレース出走。
この条件で入着経験のある馬は一体何頭いるのか、近走はほとんど二桁着順ばかりという弱面子での出走で、ここで上位半分に入れなければさすがにもう後がないというレース。

この日の馬体重は前走比-2キロの430キロと連闘にも関わらず少し減っただけで何より。
予想は低く、人気は単勝25.6倍の12番人気と低人気。

さてレース、パラノーマルはまずまずのスタートからも集団に飲み込まれて、集団後方に位置取り。
向正面も最後から3番目あたりでレースを進行。
3~4角を周っての直線で先行集団に割って入り、ジリジリと上がって4番手に踊り出て、優勝馬から0.6秒差と離れたものの4着で入線しました。

いつものように後方追走で見せ場なしかと思いましたが、直線で良く伸びて、先行勢をまとめて交わして一昨年9月の芙蓉S以来の入着を果たすことができました。
さすがにこの弱面子相手ではと思いましたが、意地をみせた感じです。
凡走ばかりでいつ引退宣告されてもおかしくない状態でしたが、これでしばらくは走れそうです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間から馬場入りを再開しており、周回馬場2000mを軽めキャンターのあと、直線コースでハロン18~20秒のキャンターを1本乗られています。脚元の状態に問題ないため、来週中に船橋競馬場へ帰厩します。4月の船橋開催でひと叩きして、5月11日(木)大井・東京プリンセス賞(SⅠ)へ向かう予定です。現在の馬体重は480kgです。

順調のようで、今後の予定が明らかに。
急ぎすぎると元も子もないので、不安もありますが、南関東牝馬クラシック路線に挑むことになりました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
ウォーキングマシンの運動から進めてトレッドミルの運動や騎乗調教も行っています。ガラッと変わった印象はないものの、状態は悪くありません。来週中に栗東TCへ入厩して、3/18(土)阪神・ダート1800m牝馬限定戦に出走を予定しています。3月末までが現役期間と定められているため、ここが引退レースとなる見込みです。現在の馬体重は511kgです。

順調のようで、最後の出走レースも明示。
実は、社台・サンデーでは初めての定年を迎えての出走です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。中間も与えられたメニューを問題なく消化できています。高橋調教師は「疲れが蓄積している様子はなく、コンディションは高い水準で安定しています。来週のレースには十分に対応可能でしょう」と話していました。3月5日、中山の潮来特別・芝2500mに出走予定です。

◆パラノーマル
パラノーマルは、2月25日(土)小倉7R・4歳以上500万下・芝1800mに丹内祐次騎手で出走します。前走後の回復が順調で、連闘に対応可能との陣営のジャッジです。水野調教師は「滞在競馬なので輸送がない分、トレセンから競馬を使うよりは馬への負担が少なくて済みます。前走は物足りない結果でしたが、動かしてみても特に気になる点はなく、状態に問題ないと見て今週の出走にゴーサインを出しました。前走はこの馬にはタイムが速すぎたのかもしれませんね。もっと時計がかかってくれれば」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。到着後は軽く一息入れてから坂路での騎乗を始めています。主任は「以前の滞在時よりもうるささを見せている感じですが、体力の面では疲れが蓄積しているようなところはなさそうです。様子を見ながら進めています」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

パラノーマル、出走が確定しました。

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走情報。

◆パラノーマル
小倉競馬 2月25日(土) 7R 500万下 芝1800m 丹内祐次 15頭

| | トラックバック (0)

クレジットカード取り扱い中止

少し前からネットで情報が流れていたのですが、一口馬主クラブの会費、出資金、維持費等のクレジットカードでの決済ができなくなりました。

広尾、ノルマンディーに続いて、今日、社台グループから正式にダイナースカードの取り扱い終了の発表がありました。
社台・サンデーとG1の公式サイトによると、「今般、競走馬ファンド業者も所属する自主規制団体・第二種金融商品取引業協会より、当局にも確認し、クレジットカード利用による出資金の支払いは金融商品取引法に抵触するので、今後、速やかにこれを改めるようにとの指導が全愛馬会法人に対し行われました。」とのことで、4月分の支払いをもって取り扱い中止になるようです。

社台はそもそもダイナースカードとの提携により発足した一口馬主クラブなので、何をいまさらと思うのですが、金融ファンドの締め付けによる利用中止ということなんでしょう。

金融ファンドとしての指導なので、共有馬主である地方競馬オーナーズの方は関係ないと思っていましたが、社台グループオーナーズでも「このたび社台グループの競走馬関連事業に関わる各社ともに、ダイナースクラブカードとの加盟店契約を終了することといたしました。」ということで取り扱い中止になりました。

実は12月末にG1に入会し、手続き等について電話確認したときに、クレジットカード決済がまもなく出来なくなると聞いていたのですが、てっきりダイナースカードが三井住友系になったので、ダイナースカードの方から縁を切られたものばかり思っていました。

いずれにせよ、私のような零細会員でも毎年100万円以上支払っているので、マイレージを貯めようと、社台・サンデーに入会して間もなくダイナースカードに入会したのですが、その意味がなくなってしまいました。

ダイナースカードについては、当初は一口馬主クラブの経費専用で、通常の支払いはVISAカードというように、使い分けをしていましたが、マイレージを集約するためにしばらくして光熱水費や通信費等の固定費を含めた各種の支払いをダイナースカード一本にまとめたので、通常の支払いだけでも結構マイレージは貯まるのですが、わざわざ会費の高いダイナースに入っている意味がなくなったので、今後どうしようかと思案のところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
入厩後の状態に変わりなく、今週の追い切りは2/23(木)に行います。3/12(日)阪神・阪神フィリーズレビュー(G2)に北村友騎手で出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆パラノーマル
小倉競馬 2月25日(土) 7R 500万下 芝1800m 丹内祐次

本当に連闘で出走させるようです。

| | トラックバック (0)

特別戦出走登録

近況では何の情報もなかったのですが、パラノーマル、来週の小倉競馬日田特別に出走登録しました。
連闘などできる体力ではないと思うので、さっぱり訳がわかりません。

| | トラックバック (0)

パラノーマル今年初出走も惨敗

パラノーマル、小倉競馬第10R小倉城特別芝2000mに出走しました。

期待していた3歳の昨年は、二桁着順はあまりないとはいうものの、少ない頭数のレースのためで、下にいるのは2、3頭という惨敗ばかりで、さっぱり成績の上がらなかったパラノーマル、小休養を挟んで、今年初めての出走。
この日も10頭だての比較的少ない頭数のレース、掲示板狙いといいたいところですが、8着にでも入ればマシという期待薄でのレース。

この日の馬体重は前走比+14キロの432キロとここにきてようやく馬体増。
人気はやはり全くなく単勝62.3倍の9番人気。これまでの内容から妥当なところ。

レースはまずまずのスタートから先行争いも他の馬についていけず集団5,6番手に落ち着いてレース進行。
そのまま向正面を通過、3~4角を最内で周って上位に食い込んでいきます。
しかし、直線に入るとあっという間に後続勢に飲み込まれて、7着に終わりました。

人気よりは上になりましたが、10頭中7着という残念な結果に。
馬体増は嬉しいところですが、やはり今後に望みはなさそうです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆パラノーマル
丹内騎手「内々でロスのない競馬ができましたし、勝負どころからも前にスペースがあってスムーズにさばけましたが、直線で伸び切れませんでした。体重が増えていましたが、太いという感じはありませんでしたし、飼い葉も食べていて、追い切りの感触からも具合は良いと感じていたのですが。もっとやれると思っていたので残念です」

| | トラックバック (0)

確定申告書類作成

確定申告の提出書類を作成しました。

中央競馬ファンドの雑所得の申告は、ジューヌエコールが大活躍したため、収入が多く、源泉徴収額が12万円ほどあったのですが、引退馬の終了損失で全額還付されます。
前にも書いたように、今年ジューヌエコールが賞金を獲得すると、ほとんど収入になってしまうのが、嬉しい悲鳴。
地方競馬オーナーズの方は源泉徴収額は2万円ほどですが、これもそっくりそのまま還付されます。
こちらはレイクマッケンジーの減価償却が終了したので、今年から経費が少なくなってしまうのが頭が痛いところ。

このほか、毎年恒例となってきた医療費控除と投資関係の雑所得も申告。
投資関係はよくわからずそのままにしていたのですが、少し前から手を広げたところ、会社ごとにプラスマイナスがあるので、昨年から確定申告するようになりました。
今年はトータルマイナスだったので次年度に損失を繰り越すことになります。

国税庁の確定申告サイトでよくわからないながらも質問に答えていく形でサクサク申告書を作れるので有難い限りです。印刷した提出書類を見てもさっぱりわかりません。
昨年までは株券の配当は損失通算できなかったはずですが、できるようになっていたので追加しておきました。

何はともあれこれで申告種類を税務署に提出するだけ。
前にも書きましたが、今年は競馬関係で節税対策に頭を悩ませるほど出資馬と共有馬が活躍してほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。先週末から通常メニューに戻されていて、中間も順調です。高橋調教師は「特に気になる点もなく、このままペースを上げて行けそうです。次走も同じような条件のレースを考えています。番組表を見ると、3月5日の中山の潮来特別・芝2500mが組まれていますね。このあたりを候補に考えています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、2月19日(日)小倉10R・小倉城特別・芝2000mに丹内祐次騎手で出走します。前走後はいったん鉾田に出て、小倉開催を目標に進められてきました。水野調教師は「それほど強い追い切りは必要のない状態です。半マイルから行かせて、予定していた負荷がかけられたと見ています。追い切り後の計量では424キロ。飼い葉は食べていて、レースまでこの馬体を維持して臨みたいですね」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、いったんトレセンを離れることになり、16日(木)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。飯田調教師は「このタイミングで鉾田で軽く一息入れたいと思います。戻すタイミングは乗り始めてからの状態等により、現地と相談していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は2月27日(月)からの川崎開催での出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

パラノーマル、出走が確定しました。

◆パラノーマル
小倉競馬 2月19日(日) 10R 小倉城特別 芝2000m 丹内祐次 10頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
レース後は変わりありません。次走への優先権が取れなかったため、2/14(火)にNFしがらきへ放牧にでています。

今回は早期入厩してレースに挑んだので、最後はさすがにと思いましたが、やはりここで一旦放牧。
優先出走権などとれるはずもないのに、とことんやる気がない調教師ですね。
最後のレースは3月の阪神競馬場の牝馬限定かと思いますが、出走できるかどうか。

◆ジューヌエコール
2/14(火)に栗東TCへ入厩しました。3/12(日)阪神・フィリーズレビュー(G2・芝1400m)が目標で、ここは北村友騎手に騎乗依頼しています。

福永騎手が怪我で騎乗できないので、鞍上は北村友一騎手に。
随分と昔にラフィアン、サンデーとたまに乗ってもらったことがありますが、勝ったことはありません。このまま桜花賞まで騎乗なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆パラノーマル
小倉競馬 2月19日(日) 7R 500万下(牝) 芝1800m 丹内祐次
小倉競馬 2月19日(日) 10R 小倉城特別 芝2000m 丹内祐次

このまま出走できそうですが、先週のハドソンに続いて丹内騎手起用で見切り状態の模様。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間もトレッドミルへ入れての調教を中心に行なっており、角度をつけてハロン15秒のキャンターまで進められています。歩様に硬さはなく、息遣いも良いため、2月下旬に船橋競馬場へ帰厩する予定です。現在の馬体重は476kgです。

順調な模様で、帰厩が早くなりました。
無理をしては元も子もないのですが、いつ頃復帰戦となるのでしょうか。
南関東クラシックに間に合うと嬉しいのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
2/14(火)の栗東TC入厩が決まりました。

予定通り入厩が決まりました。
これから1か月、フィリーズレビューまで順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

特別戦出走登録

パラノーマル、来週の小倉競馬小倉城特別に出走登録しました。

| | トラックバック (0)

マトリョーシカ9か月振りの復帰戦

マトリョーシカ、京都競馬第8Rダート1800mに出走しました。

マトリョーシカは元々走ってはすぐ休む弱い体質でロクに走っていませんでしたが、故障を発症し長期休養に入り、ようやく昨年3月以来約9か月振りの復帰戦を迎えることに。
牝馬の引退時期の6歳3月もあとわずかという復帰で、関係者の努力に敬意を払いたいものの、故障前に既に引退確実の惨敗続きだったので、さっさと引退させてほしかったというのが正直なところ。
同じ年齢のフレスコが既に37戦しているにもかかわらず、マトリョーシカはわずか14戦目。獲得賞金でも大きな差がつき、競走馬は元気で走ってこそを実感させる状態。
引退前の記念出走の様相ですが、最後になるかもしれないので、現地まで観戦に。

この日の馬体重は前走比+4キロの512キロと意外と絞ってきた感。
いつもは10日競馬で、出走直前に入厩し、まともに調教もこなさないままレースに挑んでいたのが、今回は早く入厩しまともに調教を積んできた成果か。
人気はさすがに全くなく、単勝77.4倍の12番人気。

さてレース、マトリョーシカは好スタートから押していき、ハナに立って集団を引っ張ります。
1〜2角、向正面と先頭のままレースを進行。
3〜4角を周って直線勝負、どこまで持つのかという注目のなか、なかなか粘りましたが、最後は脚が持たず、後方集団に一気に飲み込まれ、11着で入線しました。

11着という着順は残念でしたが、優勝馬から1.1秒差で、見せ場もあり復帰戦としてはまずまずでした。
勝つときはいつも先行から粘り勝ちというこれまでの結果から、直線での粘りに一瞬まさかと思いましたが、さすがにそれはありませんでした。
タイムオーバーでこれで引退ということも覚悟していましたが、あと1回は走って終われそうです。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆マトリョーシカ
2/12(日)京都8R・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走し11着、馬体重は512kg(+4)でした。まずまずのスタートから、行き脚をつけてハナに立ちました。そのまま道中はペースを握り、直線入口までは先頭をキープしていました。直線で後続に並ばれてからも粘りを見せていましたが、最後は手応えが悪くなり、勝ち馬から1秒1差での入線でした。
騎乗した国分恭騎手は「今日は無理せずハナに立てましたし、自分の競馬はできたと思います。後続に早めに並びかけられなければ、もう少し粘れたと思うのですが……」とコメントしています。

| | トラックバック (0)

ハドソンやはり惨敗

ハドソン、小倉競馬第4R芝1800mに出走しました。

前走復帰戦でも9着と掲示板にも入れなかったハドソン、中2週で小倉競馬に出走。
相手関係は入着経験のある馬がわずかという弱面子揃い、ここでは何とか掲示板くらいには入ってほしいところ。
とはいえ、鞍上が丹内騎手では関係者の見切り感もありあり。
私は自宅でグリーンチャンネルのテレビ観戦。

この日のハドソンの馬体重は前走比+4キロの514キロとやはり絞れていない様子。
人気は前走同様レース前は意外と高かったものの、最終的に単勝8番人気の21.6倍。

レースはまずまずのスタートから押していって集団の5番手に。
そのままの位置取りでレースを運びます。
3~4角では早くも鞍上が激しく促しながら直線に入りますが、もはや脚が残っておらずじりじりと後退し、最終9着で入線しました。

まずまずの先行策もこれが精一杯だったようで、脚が残っておらず惨敗。
この日の弱面子揃いのレースでこの結果では全く先がありません。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆ハドソン
丹内騎手「以前はゆるさがあったようですが、今日はそこまで感じませんでしたね。だいぶしっかりしたのでしょう。道中の感触も悪くないものの、勝負どころで周りが速くなると対応できません。そこで一気に離されてしまいました。その後はバテずに脚は使っているのですが。もう少し速い脚がないと今日のような形では厳しいですね」

| | トラックバック (0)

NFしがらき見学中止

ジューヌエコール対面のため、ノーザンファームしがらきに見学に行く予定でしたが、折からの降雪と道路凍結のため、事務所から連絡があり、見学は中止となりました。
ジューヌエコールは来週帰厩のため、この時期に見ることができず、残念至極。
以前に大雨のため見学中止となったこともあるので、自然には敵いません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
周回コース1800~2700mをハロン23秒で乗りながら、週1日坂路コース(800m)をハロン15秒のペースで乗っています。速めの調教も開始して順調に進んでいます。3/12(日)阪神・フィリーズレビューに向けて来週にも栗東TCへ入厩する予定です。現在の馬体重は520kgです。

来週帰厩するようですが、わずかの間に随分と馬体重が増加しています。明日しがらきの見学予定ですが、大丈夫なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。レース後も順調で、すでに騎乗を始めています。高橋調教師は「状態は悪くなかったと見ていますが、クラスが上がった分、いきなり上位争いとはいきませんでした。この馬にとっては、もう少し上りがかかる展開が理想でしょう。状態に問題なければ、在厩のまま続戦したいと考えていて、具体的なレースについては検討中です」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、先週末に小倉競馬場に移動しました。無事に輸送クリアし、8日(水)には追い切りが行われました。水野調教師は「追い切りでは余裕を持って動けていて、併せ馬でパートナーよりも楽な手応えでフィニッシュしています。来週あたりのレースには対応可能とでしょう。来週、再来週の小倉に組まれている芝1800m、芝2000mのレースを視野に入れています」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、2月12日(日)小倉4R・3歳未勝利・芝1800mに丹内祐次騎手で出走します。3ヶ月ぶりとなった前走を叩かれて、その後は順調に進められてきました。飯田調教師は「先週末からペースアップを開始。8日(水)の追い切りでもしっかりと動けていて、態勢は整っているとジャッジしました。前走は久々の影響があったと思われ、使ったことによる変わり身に期待しています」と話していました。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジーまたまた惨敗

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
2月10日(金)船橋11R・紅梅特別・B2(二)組以下・距離1600m戦へ56kg阿部騎手で出走しました。馬体重は増減なしの488kg、悪くは見えませんでしたが、可愛く歩いている感じで連勝していた頃の迫力がなく、良化途上でした。レースでは五分のスタートから押していきましたが、先行することはできず後方3番手からの競馬になりました。道中は気合いをつけながらの追走も、徐々に離されてしまいました。最後方で4コーナーを回ると、直線はじりじりと伸びてきましたが、1.6秒差の1分45秒9の8着に敗れています。
阿部騎手からは「有力馬の直後につけて、マークしていくように指示されていたのですが、スタートからハミの掛かりが悪くて進んでくれませんでした。ふわふわして手前を替えてくれず、力を出しきれないまま終わってしまいました。すみません。」と、山下調教師からは「癖のある馬なので、テン乗りでは難しかったです。次は川崎を予定していますが、澤田騎手に依頼してみます。」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

サンデー公式サイトによる出資馬の出走情報。

◆マトリョーシカ
2/12(日)京都8R・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走が確定しました。このレースは14頭立てです。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走情報。

◆ハドソン
小倉競馬 2月12日(日) 4R 3歳未勝利 芝1800m 丹内祐次 16頭

京都では除外対象ではなかったので、そのまま出走かと思いましたが、小倉で出走することに。
残念ながら、鞍上が丹内騎手で、とうとう見切りをつけられたようです。

| | トラックバック (0)

共有馬出走予定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月10日(金)船橋11R(16時25分発走)・紅梅特別・B2(二)組以下・距離1600m戦へ56kg阿部騎手で出走します。11頭立ての8枠11番です。追い切りは2月5日(日)に5Fから67.7-51.4-38.3秒の時計を強めに追われてマークしています。

地元開催なので出走確定。今度こそちゃんと走って上位進出を。そてにしてもこの4走で3回目の大外枠とは極端ですね…

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
今週2/12(日)京都・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で出走する予定です。想定からは除外はありません。本日2/8(水)は国分恭騎手騎乗でCWコース3頭併せで追い切られ、6F82.6-66.5-52.3-38.0-12.4のタイムをマークしました。まずまずの仕上がりといえそうで、あとは実戦で気持ちを切らさず走れるかどうかでしょう。

いよいよ復帰戦へ。どこまで馬体を絞ってまともに走れるかどうか。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆ハドソン
京都競馬 2月11日(日) 5R 3歳未勝利 芝2000m 未定
小倉競馬 2月12日(日) 4R 3歳未勝利 芝1800m 丹内祐次

中2週での出走予定。優先出走権がなかったのですが、意外とあっさり京都で出走できそうです。

| | トラックバック (0)

フレスコ昇級初戦は惨敗

フレスコ、東京競馬第10R箱根特別芝2400mに出走しました。

前走を勝ちあがり、昇級初戦を迎えるフレスコ、まずは上位勢に入って、このクラスで通用することをみせてほしいところ。

この日のフレスコ、馬体重は前走比+6キロの482キロ。
昇級初戦ながら評価は低く、単勝45.8倍の11番人気と低人気。

レースは、まずまずのスタートから集団7番手あたりにつけてレースを進行。
そのままの位置取りでレースを運び、3~4角を周って直線へ。
直線勝負、なんとか先行勢についていきますが、追い上げることもなく、最終10着で入線しました。

上位勢で、出走奨励金の対象となる8着はと期待していましたが、残念ながら10着と及ばず。
優勝馬から0.8秒差とそれほど差はないだけに悲観するほどではありませんが、可もなく不可もない結果に、今後ははりこの馬なりにボチボチとやるしかないようです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆フレスコ
松岡騎手「なかなかしっかりした走りをする、と返し馬で感じました。以前に騎乗してから結構期間があいているので感触はおぼろげですが、その時と比べてかなり成長したように思います。昇級戦でペースなどがこれまでと違う中でも道中の行きっぷりはまずまずでしたよ。直線もじりじりと脚を使っています。ゴール手前で若干寄られて、前が狭くなりました。そこがスムーズでしたらもう少し上の着順にこられたかもしれません。瞬発力のあるタイプではありませんので、トップスピードが要求されにくいコース形態や展開の方がよさそうですね」

高橋祥調教師「チークピーシーズを着けてから本当に走りが安定しました。昇級戦でも大きく崩れなかったのは評価していいでしょう。あがった状態に問題なければ続けて使っていく予定。具体的な番組は、騎手の意見も参考にして、相手関係なども視野に入れて検討していきます」

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

G1公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆クリスマスキャロルの15
この中間も、しっかりと調教を行っています。現在のメニューは、常歩3000m・ダク1200mで身体を入念にほぐしたのちに、周回コースをハッキングキャンターで1200m、直線コースではダートとウッドを併用しながら、週4回登坂を重ねています。引き続き前進気勢は旺盛ですが、今でも我慢はちゃんと利いています。それでいて、力まずに、伸縮性のあるフォームを見せるようになったのは、大きな成長でしょう。今後も、体力面・精神面ともにさらなる成長を促して、どんどん鍛えていく方針です。最新の馬体重は474kgでした。

出資後初めての近況更新です。まずは順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、2月4日(土)東京10R・箱根特別・芝2400mに松岡正海騎手で出走します。前走で勝ち上がって、500万クラスを卒業。その後はこのレースを目標に進められてきました。高橋調教師は「稽古の動きからも疲れなどはなく、良い状態が維持できているとジャッジしています。1日(水)の追い切りでも好タイムが出ました。このクラスにも目途を立てたいですね。今後につながるレースを期待しています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、31日(火)美浦の水野厩舎に入厩しました。入厩後も順調で2日(水)にはダートで追い切りが行われました。水野調教師は「反応を確かめる程度でしたが問題なく動けていましたし、もう1、2本で態勢が整うと見ています。馬房が確保できれば、来週から始まる小倉開催の2、3週目を視野に入れていきます」と話していました。

◆ハドソン
マイネルハドソンは、栗東に滞在中。通常メニューに戻してからも順調で、普通キャンターをメインに体調が整えられています。飯田調教師は「今までのレース後と変わらない感じで、間隔をあけなくても使っていけそうなコンディションです。優先権がないので、出走できるかどうか何ともいえないところはありますが、来週、再来週の小倉、京都の番組を視野に入れていきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

フレスコ、出走が確定しました。

◆フレスコ
東京競馬 2月4日(土) 10R 箱根特別 芝2400m 松岡正海 14頭

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
2月10日(金)船橋11R(16時25分発走)・紅梅特別・B2(二)組以下・距離1600m戦への出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
追い切りを重ねるたびに馬体も締まってきました。今週の追い切りは2/2(木)に行い、2/12(日)京都・ダート1800m(牝)戦に国分恭騎手で復帰を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆フレスコ
東京競馬 2月4日(土) 10R 箱根特別 芝2400m 松岡正海

このレース、ラフィアン、ウイン、コスモから3頭出走予定ですが、柴田大騎手、丹内騎手ではなく、松岡騎手というのは特別扱いなんでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »