« NFしがらき見学中止 | トップページ | マトリョーシカ9か月振りの復帰戦 »

ハドソンやはり惨敗

ハドソン、小倉競馬第4R芝1800mに出走しました。

前走復帰戦でも9着と掲示板にも入れなかったハドソン、中2週で小倉競馬に出走。
相手関係は入着経験のある馬がわずかという弱面子揃い、ここでは何とか掲示板くらいには入ってほしいところ。
とはいえ、鞍上が丹内騎手では関係者の見切り感もありあり。
私は自宅でグリーンチャンネルのテレビ観戦。

この日のハドソンの馬体重は前走比+4キロの514キロとやはり絞れていない様子。
人気は前走同様レース前は意外と高かったものの、最終的に単勝8番人気の21.6倍。

レースはまずまずのスタートから押していって集団の5番手に。
そのままの位置取りでレースを運びます。
3~4角では早くも鞍上が激しく促しながら直線に入りますが、もはや脚が残っておらずじりじりと後退し、最終9着で入線しました。

まずまずの先行策もこれが精一杯だったようで、脚が残っておらず惨敗。
この日の弱面子揃いのレースでこの結果では全く先がありません。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

◆ハドソン
丹内騎手「以前はゆるさがあったようですが、今日はそこまで感じませんでしたね。だいぶしっかりしたのでしょう。道中の感触も悪くないものの、勝負どころで周りが速くなると対応できません。そこで一気に離されてしまいました。その後はバテずに脚は使っているのですが。もう少し速い脚がないと今日のような形では厳しいですね」

|

« NFしがらき見学中止 | トップページ | マトリョーシカ9か月振りの復帰戦 »

マイネルハドソン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/64885820

この記事へのトラックバック一覧です: ハドソンやはり惨敗:

« NFしがらき見学中止 | トップページ | マトリョーシカ9か月振りの復帰戦 »