« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 共有馬近況 »

レイクマッケンジー久々の入着

レイクマッケンジー、川崎競馬第10Rダート1500mに出走しました。

前走得意の川崎競馬、鞍上も澤田騎手に戻って6着と復活の兆しのレイクマッケンジー、年度も替わり、ナイター開幕の川崎競馬に出走して、好走を期待したいところ。

ネットでの生観戦、好スタートから先行争いを見せて5番手につけてレースを進行。
3~4角を周るところで先行勢についていき、直線に入ったところで外に追い出して猛追、わずかに及ばず3着で入線しました。

惨敗していた頃とは違って、きちんと走って、よく追い上げて5走振りの入着を果たしました。
やはりいかに気分良く走れるかが課題で、好調時と同様に川崎競馬でスイッチが入るようなので、このままナイターの川崎競馬で続戦して勝ち星を期待したいところです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
4月3日(月)川崎10R・ワールド女子プロレス・ディアナ杯・距離1500m戦へ57kg澤田騎手で出走しました。馬体重は増減なしの485kg、体の硬さがなくなり、張り艶も良好でしたが、好調時はもう少し踏み込みが深いように感じました。単勝は10番人気。レースでは五分のスタートから押していき、5番手につけて1コーナーを回りました。馬場の外目をスムーズに追走し、3コーナーから置かれると澤田騎手のステッキが入って盛り返し、直線では外目へ持ち出して良い脚で追い込んできましたが、1/2馬身、ハナ差とどかず、惜しくも3着に終わりました。
澤田騎手からは「直線で前に馬がいて、外へ切りかえすロスのぶんだけ負けてしまいました。ただ、あそこで内へ入ると伸びない馬なので仕方なかったです。馬の状態は1戦毎に良くなってきています、これから更に調子を上げてくる馬なので、まだ連勝できるように頑張ります。」と、山下調教師からは「川崎コース、澤田騎手のコンビで復活してきました。向正面で石崎騎手に先に動かれて、ヴィクトリーロードを塞がれたのが痛かったです。次も川崎(5/15~)を予定しています。」とのコメントがありました。

|

« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 共有馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/65104796

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー久々の入着:

« パラノーマル特別戦出走登録 | トップページ | 共有馬近況 »