« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー連続入着

レイクマッケンジー、川崎競馬第10R小田原市特別ダート1500mに出走しました。

前走で5走振りに3着入着を果たし、復調気味のレイクマッケンジー、一昨年3連勝した時期を迎えました。
この日は、JRAから南関東入りした3号馬デルマハンニャ以外にはそれほど強そうな馬も見当たらず、好走を期待したいところ。
久し振りに馬券も買って、ネットでライブ観戦。

さてレース、レイクマッケンジーは横一線のスタートから先行できず後方に。
しかし、向正面で外から一気に上がっていき、3~4角では3番手まで押し上げます。
直線では先頭の3号馬がさらに後方勢を引き離して楽々優勝、レイクマッケンジーは何とかついていき3着で入線しました。

連続3着入着で、一時の不振を抜け出したようです。
早いうちに、2年振りの勝ち星を願いたいものです。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
5月19日(金)川崎10R・小田原市特別・B2(二)B3(一)組・距離1500m戦へ57kg澤田騎手で出走しました。馬体重はプラス6kgの491kg、まだ好調時と比べて筋肉の張りが良化途上でしたが、歩きはしっかりとして好気配でした。単勝は13.5倍の5番人気。レースでは五分のスタートから押していき、中団からの競馬になりました。縦長の展開の中、向正面中ほどから澤田騎手のステッキが入って追い上げ態勢に入り、3コーナーから捲り気味に先頭との差をつめていきました。3番手の外まで上がって、直線では馬場の真ん中から懸命に追われましたが、伸び切れず1.3秒差の1分36秒7の3着に終わりました。
澤田騎手からは「まだ完調ではありませんが、だいぶ好調時の状態に近づいてきました。今日はテンからペースが速くなったので、差し切れると思って3コーナーから動いていったのですが、直線は逆に突き放されてしまいました。勝った馬が強すぎて、負かしに行ったぶんだけ3着になってしまいました。」と、山下調教師からは「スタートから先行争いが激しかったため、逃げた馬は捕まえられると思ったのですが、強すぎました。次も川崎を考えていますが、今日の勝ち馬と同じレースになった場合は船橋へまわります。」とのコメントがありました。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/65302596

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー連続入着:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »