« 出資馬出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

社台・サンデー・G1出資馬検討

社台グループのカタログをあらためて見直しました。
先日は2000万円程度の牝馬ということで価格から候補馬を考えましたが、種牡馬別に見直しました。

いまさらですが、ディープインパクト、キングカメハメハは高くて話になりません。
ハーツクライになると社台で2000万円の馬もいて、産駒も地味に勝っていますが、正直なところパッとしません。
オルフェーヴルは意外と安いのですが、安い馬はそれなり。
ラフィアンでオルフェーヴル産駒のマイネソルシエールの16に出資するつもりなので、やめておきます。
数が多いロードカナリア産駒はやはり安い馬はそれなり。
産駒の特徴もわからないし、短距離血統ではということで、やめておきます。

このように種牡馬別に見ていったのですが、ハービンジャー産駒に名の通った牝系が多いことに気がつきました。
先日は期待ほど産駒が活躍していないのでイマイチと書きましたが、まだまだこれからです。
ということで、ハービンジャー産駒から個別に候補を。

077 アルティマトゥーレ 牝 2000万円
先日も候補にしましたが、母親の成績、産駒成績はまずまず。
かなり格安なので、やはり小さめなのが懸念材料。

178 アドマイヤセプター 牝 3000万円
社台代表格のダイナカール牝系で、エアグルーヴ、アドマイヤグルーブと続くのはカタログ通りこの牝系の本家本元の感。
母親の成績まずまず。初仔でやはり小さいのが問題。

179 アロマティコ 牝 2800万円
インティライミでおなじみのアンデスレディーの牝系。
母親の成績まずまず。やはり初仔かどうか。馬体はカタログ通り立派な体格です。

こうしてみると、アルティマトゥーレの安さが目をひきます。私自身の経験からも安すぎる良血馬は危険です。
血統ではアドマイヤセプターが飛びぬけていて、社台に入った以上は関わりたいものです。アロマティコも堅実な血統で、実はカタログをみていて、予算オーバーですが、この2頭が欲しくなってしまいました。とりあえず牧場見学でじっくり見てこようと思います。

さて、種牡馬別では募集馬ラインアップが発表されるまでは、相性の良いクロフネ産駒を第一候補に考えていましたが、募集頭数が少ないので見送ることにしました。
また、最後になるかもしれないゴールドアリュール産駒も候補に考えたのですが、やはりというか母親がイマイチの馬ばかりです。そのなかではやはりデュアルストーリーでしょうか。

とりあえず牧場見学ツアーで見ておくべき馬を絞っておきたいと思います。

|

« 出資馬出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/65387617

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデー・G1出資馬検討:

« 出資馬出走確定 | トップページ | 出資馬近況 »