« ラフィアン早期募集申し込み | トップページ | ジューヌエコール函館SS出走確定 »

レイクマッケンジー惨敗

レイクマッケンジー、川崎競馬第10R初夏特別ダート1600mに出走しました。

一時期の不振を脱し、連続3着と上がり調子のレイクマッケンジー、それほど強い相手もいないので、勝ち負けを期待したいところ。
牧場見学で会った山下調教師にもハッパをかけたので、馬券も買って、ネットでライブ観戦。

まずまずのスタート、大外から押して先行し、集団2,3番手につけてレースを運びます。
向正面もそのままの位置取りでレース進行、直線に入りますが、ここで脚が伸びません。
あっという間に他の馬に交わされてしまい、優勝馬から1.1秒差の7着に終わりました。

それほどの差はないものの、掲示板も外してしまいがっかり。なかなか賞金2千万円の大台に届くこともできません。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
6月15日(木)川崎10R(19時40分発走)・初夏特別・B2(三)B3(一)組・距離1600m戦へ57kg澤田騎手で出走しました。馬体重はプラス4kgの495kg、馬体の張り艶が良化して、歩きも力強く好気配でした。単勝は11.2倍の5番人気。レースでは五分のスタートから押していき、3番手につけてレースの流れに乗りました。縦長の展開の中、3コーナーから仕掛けて前の馬に離されずについていき、4コーナー手前から澤田騎手のステッキが入りました。直線で馬場の外目から懸命に追われましたが、伸びを欠き1.1秒差の1分45秒6の7着に敗れています。
澤田騎手からは「前にいた真島騎手の馬をマークして、レースの前半は良い手応えだったのですが、4コーナーで脚色が一杯になってしまいました。調教の時から感じていたのですが、体が太かったのが影響していると思います。こんな馬ではないです。」と、山下調教師からは「暑くなって飼葉を良く食べるようになり、太ってしまいました。すいません。次も川崎を使いますが、10kgくらい減らしたいです。この体では重くて動けません。」とのコメントがありました。

|

« ラフィアン早期募集申し込み | トップページ | ジューヌエコール函館SS出走確定 »

レイクマッケンジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/65415922

この記事へのトラックバック一覧です: レイクマッケンジー惨敗:

« ラフィアン早期募集申し込み | トップページ | ジューヌエコール函館SS出走確定 »