« 出資馬近況 | トップページ | 社台グループ申込状況 »

社台地方共有馬の成績

このところ入着するのが精一杯で勝てなくなったレイクマッケンジー、そういえばと、同期の社台地方共有馬の状況を確認してみました。

昨年6月にも調べましたが、社台地方共有馬の2011年産駒は、募集20頭中、昨年9頭だった引退馬・売却馬がさらに5頭が引退、社台地方共有馬として現役なのは6頭にまで減りました。
この世代最大の活躍馬ノットオーソリティが6歳3月で定年引退、B1の2頭が故障引退と成績上位の馬が姿を消しています。

この1年間の成績は下級馬のオーバークロックが5勝、賞金約1千万円の上積み、ライブリーソウルが3勝、賞金約900万円の上積みがありましたが、レイクマッケンジーを含めて他にはそれほど稼いだ馬はいません。
この世代も6歳、正直なところ全くの頭打ちで、下級馬がここになってようやく開花しただけの様相です。

現時点で現役の6頭はA2のブリージーストームを筆頭にB級の馬ばかりとなりましたが、どうやらレイクマッケンジーも生き残りをかける時期を迎えたようです。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 社台グループ申込状況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/65518929

この記事へのトラックバック一覧です: 社台地方共有馬の成績:

« 出資馬近況 | トップページ | 社台グループ申込状況 »