« 2017年9月 | トップページ

2017年10月の24件の記事

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
船橋競馬場へ帰厩後も順調で、11月6日(月)からの川崎開催での出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
10/28(土)京都・スワンS(G2)に北村友騎手で出走を予定しています。この中間の状態に変わりなく、10/18(水)はCWコースで併せ馬で追い切りを行いました。余裕のあった馬体も絞れてきており、レースまであと2本の追い切りで仕上げていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆パラノーマル
東京競馬 10月22日(日) 6R 500万下 芝1600m 松岡正海

| | トラックバック (0)

夢のJBC出走

今年のJBCの出走予定馬が発表されました。
レディスクラシックにララベル、スプリントにスアデラと社台の地方共有馬が出走。
確かに毎年1頭は出走するんですね。
この世代最強といわれたグラッブユアダイヤが、来年の京都、再来年のどこかで出走できることを願ってやみません。

| | トラックバック (0)

JRA開催日割と重賞競走日程発表

JRAから来年の開催日割と重賞競走日程が発表されました。

開催日割は大きな変更がなく、かねてから疑問の札幌・函館などの地方開催は変わりませんでした。
札幌開催だけでも元の16日開催にならないものでしょうか。

重賞競走は既報のとおりJBCが京都競馬場で開催されます。
昨日パーティーで聞いたように、ジューヌエコールは今後スワンS~京阪杯、年明け1走して(おそらくシルクロードS)、目指す高松宮記念は3月25日となりました。
秋にはスプリンターズSも目標となるでしょうが、ダートのJBCでも充分です。
いずれにせよ、重賞競走の日程表だけで妄想に浸る、いや、現実に想定できるのは、一口馬主冥利に尽きる喜びです。

グラッブユアダイヤもJBCを目標に頑張ってほしいものです。
どんなに頑張っても来年は無理だとは思うのですが・・・

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・G1会員の集い

「社台・サンデー・G1会員の集い」が開催されたので、参加してきました。

関東関西で隔年で開催される「会員の集い」、今年はホテルグランヴィア京都で開催。
一昨年は大阪会場が確保できなかったためと聞いていましたが、今回も京都会場。
大阪会場に比べてかなり狭いのが難点で、何とかならないものでしょうか。

パーティーは、吉田3兄弟のあいさつで開会。
追分の晴哉さん、1頭1頭活躍馬を紹介するのはかえって恥ずかしいかも。

私はジューヌエコールの会員さんと一緒になってテーブルを確保、序盤は腹ごしらえに徹しました。
同じテーブルに本田調教師がいましたが、接点がないので、声はかけず。
気がつくと隣のテーブルに石坂調教師がいるなど、調教師の方々が始めのうちから会場にいました。

安田調教師がいたので、ジューヌエコールのことを尋ねると、スワンSから京阪杯、年明け1回使ってから高松宮記念とのこと。本気でGIを目指す馬を持てるのは嬉しい限りで、散々お礼を伝え、今後のことを頼みました。

騎手が来場し始めたので、北村友一騎手などお目当ての騎手を探しましたが、じきに騎手全員がステージに上がって、武豊騎手のあいさつ、有力騎手のインタビュー。
北村友一騎手もジューヌエコールのこととあわせてインタビューされ、随分と恐縮していました。

騎手イベントが終わったところで、北村友一騎手をようやくつかまえ、函館スプリントSのお礼など伝えました。
デイリー杯2歳Sの福永騎手はさすがにすぐに退場しており、会うこともできませんでした。

いつもなら会場周りをして、お目当ての調教師をつかまえて話を聞くのですが、モルドワインの牧浦調教師、アドマイヤセプターの16の中内田調教師と、来場していないのか、残念ながら見当たりませんでした。

調教師の方々がいないので、社台スタッフの角南さんと会話。
ようやく調教に入ったグラッブユアダイヤは、ステップオブダンス以上の期待馬で、来年は格上挑戦して一気に上を目指したいとのこと。上とはJBCのようですが、いくら何でも・・・

今回の「会員の集い」、会場が狭かったせいか関係者とあまり話をできなかったのは残念でした。
なお、アルアインの山本昌さんが来場しており、記念撮影で行列ができていたのはイベント違い(笑)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
この中間は、じっくりと調教を重ねています。現在のメニューは、周回コースと坂路コースを併用して、ハロン18-16秒ペースを基本に、週1~2回はハロン15-14秒ペースを出して駆け上がるという内容です。負荷を上げながらも最新の目方は474kgと増えており、充実した成長ぶりがうかがえます。活気もあって順調に進んでいますので、今後もさらなる良化を目指す方針です。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間も順調で、ウォーキングマシン2時間とトレッドミルへ入れての運動を行っています。来週から馬場入りを再開する予定です。現在の馬体重は496kgです。

ようやく馬場入り再開のようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。レース後も順調で、すでに騎乗を始めています。高橋調教師は「前走は、久々でも状態は悪くなかったと見ていますし、この馬なりに頑張ったと思います。前走後の回復は順調ですが、休み明けでよく走ってくれたので次走までに少し間隔をあけるつもり。11月4日、東京の南武特別・芝2400mを視野に入れて進めています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。通常メニューに戻してからも順調です。水野調教師は「前走後も特に問題はありませんし、レース間隔をあけなくても使っていけそうですね。来週の東京にマイル戦が組まれていますので、このレースを目標にしたいと思います」と話していました。22日(日)東京の芝1600mに出走予定です。

| | トラックバック (0)

1歳出資馬近況

サンデー公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆アドマイヤセプターの16
右前脚の球節部の回復を待っていましたが、外傷箇所が固まり移動のゴーサインが出ました。10/11(水)にNFYearlingからNF早来の育成厩舎へと移動しています。新しい環境に慣らせながら馴致を進めていきます。

1か月遅れですが、無事に回復し、移動しました。これから馴致スタートです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
10/12(木)は坂路コースで追い切り、半マイル53.7-38.6-25.1-12.5の時計をマークしました。

| | トラックバック (0)

日経平均20年10カ月ぶり高値

11日の東京株式市場で日経平均株価は続伸、2万0881円27銭で終えて、2015年6月に付けた高値を上回り、1996年12月5日以来、約20年10カ月ぶりの高い水準となりました。

私は証券会社で株や投資信託で資金運用していますが、含み益が過去最大に。
詐欺投資ファンドで大損していましたが、これを上回る含み益で嬉しい限りです。
衆議院総選挙も野党分裂により自民党政権磐石の模様で、やはり安定的な方向に向かいそう。

資金運用的には嬉しい話ばかりなので、一口馬主の方でも収支面で頑張ってほしいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
この中間も順調で、明日10/12(木)に速めを行います。10/28(土)京都・スワンS(G2)に北村友騎手で出走する予定で、しっかりと態勢を整えます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆フレスコ
柴田大知騎手「テンに速い馬ではないので、前半、後ろからになるのは想定内でした。コーナーはできるだけロスなく回るようにして、直線、追い出すと長く脚を使ってくれています。休み明けでも仕上がりは良かったと思いますし、頑張っていますね。展開や相手次第ではさらに上位を目指せそうですよ」

高橋祥調教師「久々でもきっちり仕上がっていました。この馬の競馬はできたと思います。今後は、中3週で東京1週目の芝2400mを目指していくつもりです」

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
10月8日(日)に船橋競馬場へ帰厩しています。

ようやく入厩しました。年内には復帰戦に臨めそうです。

| | トラックバック (0)

フレスコ復帰戦

フレスコ、東京競馬第10R本栖湖特別芝2400mに出走しました。

6月出走から北海道での放牧を挟んで約4か月振りの出走となったフレスコ、この条件では入着も経験しているので、まずは復帰戦でどこまで走れるかに注目。

この日の馬体重は前走比-8キロの476キロと放牧明けながら馬体減。例によって牧場で過剰に乗り込んできたようです。
予想は無印、人気は全くなく、単勝52.2倍の10番人気。それでもグリーンチャンネルでは推奨馬の1頭に。

さてレース、フレスコはゲート出から勢いがつかず、控えて最後方に位置取り。
最後方のままレースを進行、3~4角で集団が詰まった状態で直線へ。
直線勝負、フレスコは徐々に上げていきますが、上位勢には及ばず、これでお終いかと思いましたが、最後の最後で数頭を交わして6着で入線しました。

12頭だてのレースだけに上位半分に入れば上出来と思っていましたが、最後によく伸びて6着とまずまずの結果に終わりました。
今後も入着を目指して頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
10/6(金)は坂路コースで追い切り、半マイル58.2-43.0-28.1-14.0の時計をマークしました。

早速入厩後初時計を記録しました。あまり時間もないため急仕上げの感がありますが、出走態勢が整うように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、10月7日(土)東京10R・本栖湖特別・芝2400mに柴田大知騎手で出走します。前走後は北海道のビッグレッドファームに戻って一息入れて、4か月ぶりの出走となります。高橋調教師は「牧場でも乗り込まれてきて、先週、今週と追い切りでの動きも良かったですし、態勢は整っているとジャッジしています。まずは久々でもあり、次につながる競馬を期待しています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。前走後も順調で、すでに騎乗が始められています。水野調教師は「このレースをきっかけに成績が安定してくるといいですね。状態に問題なければ、在厩のまま次走を目指して進めていきたいと思います。次走も同じような条件のレースから選択していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、予定通り出走が確定しました。

◆フレスコ
東京競馬 10月7日(土)10R 本栖湖特別 芝2400m 柴田大知 12頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
昨日10/3(火)に栗東TCへ入厩しました。10/28(土)京都・スワンS(G2)への出走を予定しており、引き続き北村友騎手が手綱をとります。

無事に入厩。目標のスワンSの鞍上は引き続き北村友一騎手。このまま順調に。

| | トラックバック (0)

1歳出資馬近況

サンデー公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆アドマイヤセプターの16
順調に夜間放牧を継続していましたが、右前脚の球節部に外傷を負ったことから育成厩舎への移動を見合わせています。重度な怪我ではないものの、動きの多い関節部であることから、大事をとっていまは運動を制限しています。経過は良好ですので、そう遠くなく育成厩舎へ移動できるのではないかと見込んでいます。現在の馬体重は425kgです。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高153cm、胸囲177cm、管囲19.6cmでした。

外傷を負ったのですが、意外と長引いています。
馴致を始める大事な時期なのですが、早速出遅れで大丈夫なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

ジューヌエコール帰厩

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
周回コース1800~2700mをハロン23秒くらいのペースで乗りながら、週3日は坂路コース(800m)をハロン15~18秒で駆け上がっています。次走を検討した結果、10/28(土)京都・スワンS(G2・芝1400m)を目指すことになりました。それに備えて、10/3(火)栗東TCへ入厩が決まりました。現在の馬体重は536kgです。

いよいよ帰厩。目標スワンSで正式発表。このまま順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

フレスコ特別戦出走登録

フレスコ、来週の中山競馬本栖湖特別に出走登録しました。
登録頭数は16頭、久々なのでこのまま出走できると思います。

| | トラックバック (0)

パラノーマル連続入着

パラノーマル、中山競馬第7R芝1600mに出走しました。

前走で早めに動く競馬で久々の入着を果たしたパラノーマル、新馬戦以来のマイルに変え、鞍上も出走停止中の丹内、柴田大騎手から松岡騎手に乗り替わり、中3週で出走。
ここも掲示板入りを果たしたいところで、グリーンチャンネルでのテレビ観戦。

この日の馬体重は前走変わらず436キロと馬体を維持。
前走入着にしては予想は低く、人気も全くなく、単勝34.6倍の10番人気。

レースはまずまずのスタートから集団6番手あたりにつけてレースを進行。
3~4角を外で周って直線に入ります。
直線でジリジリと上がっていき、残り200あたりで先頭に踊り出ようとしますが、後方から2頭に一気に交わされてしまい、優勝馬から0.4秒差の3着で入線しました。

前走に続いて好位から直線に入り、これはひょっとしてと思いましたが、残念ながらで3着に終わりました。
それでも連続で入着と好結果を残し、一時の不調を抜け出すことができたようで、今後も期待できそうです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

松岡騎手「今日は少しためていくような感じで競馬をするつもりでした。前半はだいたいイメージどおりの感じでしたが、外から来られたので少し早めに動かずるを得ず、その分、ラストで少し甘くなったのかもしれません」

水野調教師「体調が上向いていたことも好結果につながったのだと思います。コンスタントにこういう競馬ができるようになれば、着順も安定してくるでしょう。優先権が確保できましたし、続けて使っていく予定です」

| | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ