« 2017年10月 | トップページ

2017年11月の27件の記事

ジューヌエコール京阪杯出走登録

ジューヌエコール、来週の京都競馬京阪杯に出走登録しました。
登録頭数は18頭、もちろんこのまま出走できます。
強豪揃いのスワンSと違ってソルヴェイグ一強の感、どこまで勝負になるでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
予定を変更して、本日11/17(金)に坂路コースで追い切り、半マイル54.3-39.3-25.7-12.9の時計をマークしました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。今週の福島のフルーツラインC・芝2600mに投票を行い除外されています。高橋調教師は「前走からの回復が早く、具合が良いときに使っていきたいと考えて先週末に特別登録を行っておきましたが、レース間隔が足りずに出走には至りませんでした。中山開幕週の平場の芝2500mを目標に調整を進めていきます」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。体温が安定していることを受けて、中間から坂路での騎乗を始めています。主任は「かなり体温が上がった後なので、体調を確認しながら慎重に進めています」と話していました。

◆マイネソルシエールの16
マイネソルシエールの16は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で一通りのことをマスターし、今後に備えて一息入れることになり昼夜放牧しています。主任は「騎乗再開後はまずは基礎を固めてから、本格的な体力作りに入ります」と話していました。

◆マイネボヌールの16
マイネボヌールの16は、8日(水)ブルースターズファームに移動しました。坂路での乗り込みがひと区切りついたので、一息入れて次のステップに備えることになり、昼夜放牧を始めています。主任は「併せ馬になると自らハミを取りますね。勝負根性がありそうです。それでいて折り合いがついているのもいいですね」と話していました。

馴致の始動も早かったマイネボヌールの16は極めて順調のようです。
募集されていたらこんなコメントに反応して売れるのでしょうね。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
前走のレース後も馬体に異常なく、次走は12月4日(月)からの大井開催での出走を予定しています。

開催日程をみると、船橋競馬出走ですかね・・・

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
この中間も入念に乗り込んでいます。本日11月15日(水)は坂路コースで追い切り、55.2-40.9-27.2-13.3秒の時計をマークしました。
「気のいいタイプで、反応そのものはしっかりしていますね。ハミ受けの部分を引き続き修正しながら調整し、年内のデビューを目指していきたいと思います」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
11/14(火)に栗東TCへ入厩しています。今週の追い切りは11/16(木)に行い、11/26(日)京都・京阪杯(G3)に北村友騎手で出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間に右トモの患部に外傷を負って感染症を発症しました、5日間ほど調教を休ませましたが、すぐに回復して乗り出しを再開しています。予定通り、11月下旬に帰厩して12月28日(木)の調教試験を受ける予定です。現在の馬体重は498kgです。

また故障したのかと一瞬焦りましたが、間もなく帰厩するようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
11月12日(日)坂路コースで時計を出しており、57.7-42.8-28.4-13.9秒を併せ馬でマークしています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
明日11/14(火)に栗東TCへの入厩が決まりました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
馬体を緩めないように、すぐに周回コースと坂路コース(800m)で乗っています。来週中に入厩して、11/26(日)京都・京阪杯に北村友騎手で出走を予定しています。現在の馬体重は508kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。レース後は軽めのメニューで回復が促されています。高橋調教師は「現時点では特に疲れなども見せていませんし、このまま次走を目指して進めていきたいと思います。中山の開幕週に平場の芝2500mが組まれていますのでこのレースを視野に入れています」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、5日(日)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。到着後はウォーキングマシンによる運動で体調が整えられています。主任は「一時期はかなり体温が上がっていたので、まずは短めの時間歩かせてから徐々に時間を延ばしています。慎重に体調を確認していきたいと思います」と話していました。

| | トラックバック (0)

地方競馬オーナーズ所属馬の活躍

地方競馬オーナーズでは最近愚痴ばかりですが、グラッブユアダイヤと同期のステップオブダンスが川崎競馬のロジータ記念を優勝しました。

ルカダンスの15(父ゴールドアリュール)ことステップオブダンスは牧場見学時にスタッフ推奨馬で、私も候補にあげていた馬。迷ったものの初志貫徹でグラッブユアダイヤを購入しました。
昨年秋にグラッブユアダイヤの評判が高く、デビューから2連勝したところで、同様に評判の高かった馬がステップオブダンス。
公式サイトのそれぞれの馬の近況をみると、森泰斗騎手に騎乗依頼があり、クラシックで両にらみしていたことがわかります。
残念ながらグラッブユアダイヤが故障休養している間に、ステップオブダンスはユングフラウ賞を優勝し、南関東牝馬クラシックに進みました。

今年の地方競馬オーナーズの募集馬カタログには、表紙のララベル、中表紙のステップオブダンスと並んでグラッブユアダイヤと吉田照哉氏の活躍馬紹介コメントが載っていたものですが、随分と差が開いてしまいました。

ステップオブダンスは地方競馬オーナーズ2016年募集馬では目下出世頭な訳ですが、3歳馬の状況をざっとみると、他にも南関東クラシックに進出した馬、出遅れたものの近走連勝中の馬など、B級クラスの馬が何頭もいます。

グラッブユアダイヤは大きく出遅れてしまったのですが、来年には実力を発揮し、勝ち星を積み重ねて上を目指してもらいたいものです。
JBCなどとは言いませんが、何とかA級には昇格して、ローカル重賞ででも足跡を残してほしいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
先週(木)ゲート試験合格後もしっかりと乗り込んでいます。本日11月8日(水)は坂路コースで追い切り、59.1-44.3-29.8-14.8秒の時計をマークしました。
「ゲート試験の後も体調面は変わりありませんし、今日は15-15程度で追いましたが、これくらいならば、まだ余力がありました。ただ、試験のときもそうでしたが、ハミ受けに課題があり、上に力が抜けていくような走りになっている部分が見られます。現状では、しっかりと脚が溜まってこないと思いますので、速めの本数を重ねながら、しっかりと修正しつつ、デビューを目指していければと考えています」(牧浦調教師)

ゲート試験を合格しましたが、少し時間がかかりそうです。

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー復帰戦は惨敗

レイクマッケンジー、川崎競馬第12R立冬特別に出走しました。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆レイクマッケンジー
11月7日(火)川崎12R・立冬特別・B2(二)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走しました。馬体重はマイナス1kgの489kg、馬体の張り艶は良好でしたが、覇気がないように感じました。単勝は42.2倍の10番人気。レースでは好スタートからダッシュ良く飛び出していきましたが、レースの流れに乗っていけず中団後方よりからの競馬になりました。道中の行きっぷりも悪く、向正面中ほどから早めに仕掛けていきましたが動けず、直線でも見せ場のないまま2.6秒差の1分45秒9の12着に敗退しています。
澤田騎手からは「スタートダッシュは良かったのですが、その後がいつもと違いました。休み明けでボケているような走りで押しても叩いても進んでいきませんでした。これで変わってくれるといいのですが、何か雰囲気が悪いです。」と、山下調教師からは「放牧先のセグチさんでも良くなるのに時間がかかったように、厩舎へ戻ってきてからも良化度が遅いです。年齢的なものかもしれません。次の12月5日からの船橋開催への出走へ向けてビシビシ鍛えていきます。」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆フレスコ
シュミノー騎手「今日は展開でしょう。スローだった分、前走よりも追走は楽でしたが、直線はこちらも伸びているものの、周りの馬も良い脚を使っていて差を詰められませんでした。持久力が要求される形の方がいい馬ですね」

高橋祥調教師「騎手の言うとおり展開に尽きますね。状態は良かったのですが。今後は中山開催あたりを目指していく予定で考えています」

| | トラックバック (0)

レイクマッケンジー出走確定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
11月7日(火)川崎12R(20時50分発走)・立冬特別・B2(二)組・距離1600m戦へ56kg澤田騎手で出走します。14頭立ての5枠8番です。追い切りは11月3日(土)に澤田騎手が跨り、内馬場、単走で5Fから69.3-52.8-38.7秒の時計を強めに追われてマークしています。

4か月振りの復帰戦です。なんとか復活を。

| | トラックバック (0)

フレスコ復帰2戦目は惨敗

フレスコ、東京競馬第9R南部特別芝2400mに出走しました。

前走の復帰戦6着から中3週での出走となったフレスコ、10頭だての少頭数、ラフィアンでは珍しくなった外国人騎手騎乗で、上位進出を狙いたいところ。

パドックのフレスコ、馬体重は前走比-2キロの474キロ。
春には入着も繰り返していたのに評価は低く、単勝66.3倍の9番人気と全くの人気薄。

さてレース、フレスコはゲート出から控えて後方から2番目まで下がります。
それほど差はない状態ながら後方のままレース展開、直線に入りますが、全く伸びがなく9着に終わりました。

終始後方のまま全く見せ場もなく惨敗に終わってしまいました。
状態が悪かったのか、騎手にやる気がなかったのか、敗因は定かではありませんが、一戦無駄にしてしまった感じです。

| | トラックバック (0)

ララベルJBCレディス優勝

大井競馬場で開催されたダート競馬の祭典JBC、そのレディスクラシックで社台グループオーナーズのララベルが優勝、地方所属馬として初優勝を飾りました。

何度も書いていますが、2013年夏の牧場見学で見せてもらって、どうしようかと思いつつ買うのを止めたのが、ブリージーウッズの12(父ゴールドアリュール)ことララベル。
2歳の活躍時から複雑な思いで見ていましたが、とうとう地方競馬最高峰のレースを勝ってしまいました。

GI制覇は全くもって名誉な話ですが、下世話ながら、獲得総賞金はこれで約1億7千万円、軽く一口500万円は稼いだ算段になります。
社台・サンデーの会員でも、自分の手の届かない高額良血馬や眼中にない関東馬の活躍などは全く気にならないのですが、この馬は候補にしていた馬なので、正直なところ、羨ましくて仕方ありません(笑)

その後、ゴールドアリュールで一発当てるべく買ったグラッブユアダイヤは、2歳デビュー時にはララベル以上、クラーベセクレタ並みと言われていたのですが、実力の片鱗を見せたところで故障して長期休養中。
真の実力があるのなら、来年から勝ちまくって、再来年のJBCに挑んでほしいものです。

| | トラックバック (0)

1歳出資馬近況

サンデー公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆アドマイヤセプターの16
脚元の心配はなく、NF早来入場後は環境に慣らしながら鞍付けやサイドレーンを装着してウォーキングマシン運動などを行っていました。10月末からロンギ場での乗り馴らしを始め、現在はダクとハッキングキャンターのペースで15分間乗っています。前向きな気性で、動きは柔らかさに加えてダイナミックさがあります。扶助に対する反応など全体的にまだ幼さを残しているので、しっかりと信頼関係を築きあげていきます。これまでの過程から学習能力があることはわかっているので良い方向へ持っていけるでしょう。馬体はふっくらとしていてハービンジャー産駒らしさがシルエットに出ています。現在の馬体重は425kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。熱発があったので引き続き経過が観察されています。体温が落ち着くのを待って騎乗を再開する予定で、状態によってはいったん鉾田などに出すことも検討されることになっています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
本日11月2日(木)に練習を兼ねてゲート試験を受けました。入り・駐立は問題なく、スタートもきっちりと決めて、見事に一発で合格しています。今後は状態を確認しながら、デビューに向けて進めてみる方針です。
「ゲートそのものは全く問題なかったので、試験を受けました。気のいいタイプで、スッとゲートを出ましたし、負担なく合格できて良かったです。ただ、若干口向きに難しいところがあり、スタートしてからのダッシュで、少し上ずった走りになっていました。デビューに向けてはそのあたりを修正していきたいですね」(牧浦調教師)

早くもゲート試験は合格と順調のようです。意外とデビューが早くなるかもしれません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、11月4日(土)東京9R・南武特別・芝2400mにV.シュミノー騎手で出走します。前走後はこのレースを目標に調整が進められてきました。高橋調教師は「先週、今週と順調に追い切り消化できています。あえてレース間隔をとって、状態を整えてきました。仕上がりに問題はなく、もう一歩の前進を期待したいですね」と話していました。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
11月7日(火)川崎12R(20時50分発走)・立冬特別・B2(二)組・距離1600m戦へのを予定しています。

ようやく復帰戦が決まりました。例によって、番組表には該当レースはありませんが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
先週(金)栗東TCへ入厩した後は順調にキャンター調教とゲート練習を進めています。本日11日1日(水)はゲート練習を消化しました。入り・駐立は問題なく、軽めの発馬練習も行いましたが、スムーズな反応を見せています。
「新しい環境にもすぐに慣れて、ゲートもいい感じで進めることができています。このぶんなら、試験まで早めにいけそうな感触です」(牧浦調教師)

入厩後順調のようです。このまま順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
レース後は変わりありません。久々と雨馬場が影響した模様です。10/31(火)にNFしがらきへ放牧にでており、11/26(日)京都・京阪杯(G3・芝1200m)が次走になりそうです。

一旦放牧に出て、予定通り京阪杯を目指します。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる臨時更新された出資馬の近況。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。前走後は順調に進められていましたが、31日(火)41度の熱発がありました。1日(水)には39.4度まで下がっています。水野調教師は「熱はかなり上がりましたが、ウイルスなどではなく、疲れなどから来たものだろうという獣医の見解です。このまま様子を見ていきたいと思いますが、状態によっては、いったん鉾田などに出すことも検討します」と話していました。

何事かと思いましたが、熱発発症。やはり無理がたたったのかもしれません。
ここは無理しても仕方ないので、一旦休養させた方がいいでしょう。

| | トラックバック (0)

フレスコ特別戦出走確定

フレスコ、出走が確定しました。
珍しく外国人騎手の騎乗、少頭数レースだけに上位進出を期待したいものです。

◆フレスコ
東京競馬 11月4日(土) 9R 南武特別 芝2400m V.シュミノー 10頭

| | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ