« 1歳出資馬近況 | トップページ | フレスコ復帰2戦目は惨敗 »

ララベルJBCレディス優勝

大井競馬場で開催されたダート競馬の祭典JBC、そのレディスクラシックで社台グループオーナーズのララベルが優勝、地方所属馬として初優勝を飾りました。

何度も書いていますが、2013年夏の牧場見学で見せてもらって、どうしようかと思いつつ買うのを止めたのが、ブリージーウッズの12(父ゴールドアリュール)ことララベル。
2歳の活躍時から複雑な思いで見ていましたが、とうとう地方競馬最高峰のレースを勝ってしまいました。

GI制覇は全くもって名誉な話ですが、下世話ながら、獲得総賞金はこれで約1億7千万円、軽く一口500万円は稼いだ算段になります。
社台・サンデーの会員でも、自分の手の届かない高額良血馬や眼中にない関東馬の活躍などは全く気にならないのですが、この馬は候補にしていた馬なので、正直なところ、羨ましくて仕方ありません(笑)

その後、ゴールドアリュールで一発当てるべく買ったグラッブユアダイヤは、2歳デビュー時にはララベル以上、クラーベセクレタ並みと言われていたのですが、実力の片鱗を見せたところで故障して長期休養中。
真の実力があるのなら、来年から勝ちまくって、再来年のJBCに挑んでほしいものです。

|

« 1歳出資馬近況 | トップページ | フレスコ復帰2戦目は惨敗 »

一口馬主」カテゴリの記事

地方競馬」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/66004201

この記事へのトラックバック一覧です: ララベルJBCレディス優勝:

« 1歳出資馬近況 | トップページ | フレスコ復帰2戦目は惨敗 »