« 出資馬近況 | トップページ | フレスコ障害2戦目 »

住宅ローン完済

今月の返済をもって住宅ローンを完済し、借り入れた銀行から完済のお知らせが届きました。

今住んでいるマンションは約25年前に購入。独身でしたが、郊外のファミリーマンションを購入しました。
当時はバブル経済が崩壊し始めた頃でしたが、まだ世の中の不動産熱は冷めておらず、買いたくてもどこのマンションでも申し込みによる抽選でしかも高倍率でした。
実家暮らしの私は独り暮らしをしようと、関心のあるマンションを適当に申し込んでいました。
買っておいて損はしないだろう、当たってから真剣に購入を考えればいいやと、安易な気持ちでいたように思います。

今のマンションもまだ何もない造成地の段階で募集されたのですが、郊外とはいえ価格は結構高く、人気もそれなりにあり、私の部屋の倍率は28倍だったことをよく覚えています。
それなりの倍率で当たったので、折角当たったのならとローン等の計算をして、購入を決定しました。
独身なのにファミリーマンション3LDKでは広すぎるのですが、マンションを買えば嫁さんがついてくるものだと思っていました(笑)

阪神大震災により買って間もない市街地のマンションが倒壊し、二重ローンを抱える同僚を何人も見たので、大きな被害のない郊外で良かったなと思いましたが、その後の不動産価格の下落により、バブル経済当時には考えられないような土地と価格でマンションが売り出されるのを見て、買うのを早まったかなと正直後悔したこともあります。

さて、住宅ローンは当時最長の35年ローンで、基準返済金利は3.6%でした。
順調に返済、当時は給料もそれなりにあり、貯金がある程度貯まると、少しずつ繰り上げ返済し、借り入れ期間を短縮していきました。

しばらくして給料が一律カットされ、その後ほとんど上がらなくなり、一口馬主を始めたので、ほとんど貯金ができず繰り上げ返済もできなくなりましたが、低金利になったのでローンも借り換え、結局20年と少しかけて返済を終えることになりました。

こうしてみるとサラリーマンにとって最大の買い物であるマンションの住宅ローン返済を終え、何やら感慨深いものがあります。
このまま住み続けるのかどうか考えながら、これからは老後資金を貯める態勢に移行します(笑)

|

« 出資馬近況 | トップページ | フレスコ障害2戦目 »

雑記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/66586574

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン完済:

« 出資馬近況 | トップページ | フレスコ障害2戦目 »