« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の43件の記事

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイア
7月11日(水)に船橋競馬場で調教試験を受ける予定で、6月30日(土)に単走で4Fから53.8-40.6秒の時計を馬なりでマークしています。「息遣い、動きともに良くなってきました。テンションも上がらずに、いい雰囲気です」(多田厩務員)。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
週3日は坂路コース(800m)に入り、そのうち2日はハロン15秒で1本、1日はハロン16~17秒で1本登坂し、週3日は周回コース2400mをハロン20秒のキャンターで乗っています。馬体は成長していますが、まだ緩さがあり伸びしろを残しています。7月下旬に函館競馬場もしくは札幌競馬場へ入厩してゲート試験合格を目指す予定です。現在の馬体重は458kgです。

ゲート試験のためまもなく入厩するようです。
おそらく受かってもすぐに戻ってくると思いますが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。到着後は右前肢屈腱部の経過が観察されています。主任は「到着後の経過は良好で、週明けにはほぼすっきりした状態です。ただし、腱の周囲に炎症が見られ、先々のことを考えると、無理をせずにここで一息入れたほうがいいでしょう」と話していました。近日中に北海道のビッグレッドファームに移動する予定です。

無理をせずに大事をとって北海道に戻すようです。
さすがにここはじっくり回復してほしいものです。

| | トラックバック (0)

社台グループ出資・購入馬確定

社台・サンデー・オーナーズ・G1の公式サイトで募集馬の申し込み結果が発表されました。

私の申し込み結果ですが、社台・サンデーの中央ファンド馬は第1希望クッカーニャの17、地方オーナーズの共有馬は第1希望ロージーチャームの17で確定しました。
クッカーニャの17はほぼ予想通りの申し込み数で実績で取ることが出来ました。
ロージーチャームの17は最後まで申し込み数がわかりませんでしたが、おそらく抽選で取れた模様。

久々の2頭出資・購入となったので、候補に考えていたG1のゴールドアリュール産駒は売れ残りましたが、さすがに見送ります。
出資・購入が決まった2頭には頑張ってもらいたいものです。

| | トラックバック (0)

社台グループ人気上位馬発表

社台・サンデー・オーナーズ・G1の公式サイトで募集馬の最終人気上位馬が発表されました。

社台はハートシェイプト17の115票を筆頭に、100票以上が2頭、50票から100票までが5頭の都合50票以上7頭。
サンデーはマンデラ17の163票を筆頭に、100票以上が5頭、50票から100票までが39頭の都合50票以上44頭。
昨年以上の圧倒的なサンデー人気となりました。並立クラブのはずですが、第1希望でこれだけ差が表れると、募集側でもさすがに問題だと思います。

なお、G1は詳しい票数の発表はないのですが、サマーナイトシティ17の150超を筆頭に50票以上が14頭と、別募集とはいえ社台よりも人気が高くなっています。

私が第1希望で申し込んだクッカーニャ17は25番目の68票と昨年と同様にそれほどは高くない人気になりました。
昨年のラディアントパレスでも取れたので、実績295で取れると思います。

地方競馬オーナーズでは応募数の発表はありませんが、募集馬25頭中満口馬18頭とかなりの頭数が満口になりました。
今年はダートで走りうそうな馬を揃えたとのことで、素人目に見ても良さそうな馬ばかりだったので、売れ行きも好調だったようです。
私の申し込んだロージーチャーム17は当然のように満口になっており、抽選待ちだと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
6/28(木)NFしがらきへ放牧に出しました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
前走レース後は左前脚球節外側に外傷があったことから治療を施しました。順調に回復しており、このまま函館競馬場で調整して、次走を目指していく予定です。
「芝の短距離戦で変わり身を見せてくれました。洋芝も合っていたと思いますし、ブリンカーを着けて、集中力もうまく維持できました。レース中に引っ掛けられたのだと思われる外傷がありましたので、まずは治療を優先していますが、大事には至らない見込みで、このまま次走を目指していきます。メンバー構成を見ながらですが、ふたたび芝1200m戦へ向かうつもりです」(牧浦調教師)

外傷を負ったことに驚きましたが大事無いように。
優先出走権を得たので、相手関係をみながら次走出走へ。
1200mのレースは沢山あるので数を使えるといいのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
6/26(火)発で函館競馬場から栗東TCへ移動して、無事到着しています。いったん6/28(木)にNFしがらきへ放牧に出してから、あとの進め方を考えます。

ここで放牧。次走は未定のようです。

| | トラックバック (0)

BRF・CVF牧場見学ツアー

BRF・CVF牧場見学ツアーの2日目。

午前中はBRF真歌とCVF見学に分かれますが、私はウインの募集馬を見るべくCVF見学へ。
坂路調教のあと、募集馬展示。
昼にBRF明和に移動して野外での昼食。
前回は大雨でしたが、この日は時折陽もさすまずまずの天気で快適に過ごしました。

午後からはラフィアンの募集馬展示と種牡馬展示。
ラフィアンの募集馬展示は昨年から周回するだけで、会員は近くに集まって直接触れることができなくなりました。
募集馬にさわったりなでたりという触れ合いは、通常は厳しい社台グループの牧場見学でも認められているのに、元々何でも自由だったラフィアンで禁止されたのは残念でなりません。

初日の募集馬展示はじっくりと見ましたが、ラフィアンの募集馬は大半が遅生まれということで、小柄な馬ばかり。
社台グループの見学とは違うのは重々承知していますが、一見してこんな馬を募集するのかと驚きで、成長見込みの馬を見せられても何もわからないし、出資意欲もなくなってしまいました。
一方でウインの募集馬はまずまずで、いつもは見るだけですが、出資するかどうするか考えてみようかと思います。

2日目の募集馬展示はのんびりモードでの見学で、BRF明和ではいつものようにビールを飲みながらの見学でした。
出資馬が在厩していればいつもは見に行くのですが、休養中のパラノーマル、育成中の2歳馬2頭はBRFにいたもののとうとう全く見ることはありませんでした。見学する側の姿勢も変わってきたように思います。

3週連続の北海道遠征でさすがに疲れてしまいましたが、また夏には個人で牧場見学するつもりです。

| | トラックバック (0)

BRF・CVF牧場見学ツアー

ラフィアン・ウインのBRF・CVF牧場見学ツアーに参加しました。

昨年はジューヌエコールの函館SS観戦のため3週連続の北海道入りとなるツアー参加を断念しましたが、今年は3週連続の北海道入りを強行して2年振りにツアー参加。
新千歳空港の集合時間が早いこともあって、前回は前日入りしていましたが、仕事が忙しいこともあって、早起きして当日入り。

いつものお仲間が大地震のあった高槻在住なので心配していましたが、それほど大きな被害もなく無事に参加。食事などほぼご一緒で楽しく過ごしました。

今回のツアー参加者はやや増えて約320名とのこと。
新千歳空港からは日高自動車道が延長したため、移動が少し早くなりました。
今年は行程を変えて、まずはBRF明和に入って、昼食の後にラフィアンの募集馬展示。
次にCVFに移動してウインの募集馬展示。
夜はエクリプスホテルでパーティで、前回は欠席していた岡田繁幸氏が挨拶していましたが、体調が優れないようでした。

| | トラックバック (0)

モルドワイン短距離で2着

モルドワイン、函館競馬第1R芝1200mに出走しました。

G1公式サイトによるレース解説。

◆モルドワイン
6月23日(土)函館・芝1200m戦に53kg☆小崎騎手で出走し、馬体重は前走から-4の452kgでした。
レースでは、外枠から好スタートを決めると、促しながら前めのポジションを目指しました。道中、徐々に馬群が2つに分かれていくと、前の馬群の1番後ろの位置で脚を溜めました。勝負所でも鞍上の叱咤に応え、好位追走で4コーナーをカーブ。直線でしっかりと脚を伸ばしたものの、先に抜け出した1番人気馬には2馬身及びませんでした。それでも低評価を覆し、2着での入線を果たしています。
「雰囲気も悪くなかったですし、ある程度勝負できる手応えはありました。ブリンカーの効果もあったと思いますし、この距離でも前半からついていくことができました。ただ、勝負所からの反応が鈍く、やや踏み遅れてしまいました。それでも2着まで来ていますし、今後この距離に慣れていけば勝ち負けまで持ち込めると思います」(小崎騎手)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、20日(水)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。高橋調教師は「厩舎で様子を見ていましたが、すぐに出走できないと思われるので、いったん鉾田に移動させてもらうことにしました。今後の様子しだいでは、北海道に戻して本格的に休ませた方がいいかもしれません」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「放牧によるリフレッシュ効果で心身ともフレッシュな状態。順調に調教が強められています。」と話していました。

◆コンステレーション
コンステレーションは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。中間から次のステップに備えて一息入れていて、昼夜放牧しています。主任は「小柄な馬ですが、動けるようになってきました。騎乗再開後の様子により、送り出す時期を検討していきたいと思います」と話していました。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、真歌トレーニングパークに滞在中。主任は「順調に乗り込まれていましたが、21日(木)右前肢に挫跖を発症しました。ツアーの公開調教に参加する予定でしたが、中止してしばらく経過を観察していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

社台グループ出資・購入馬申込み

社台グループの出資・購入馬の申込みが本日で締め切られました。

昨年はクラブ事務所に確認するなど票読みしながら申し込みを考えましたが、今年は公式サイトの申し込み状況を眺めつつ、ほぼ初志貫徹で申し込みました。

社台・サンデーの出資馬申し込みは、ルーラーシップ産駒から候補を考え、クッカーニャの17かナスカの17のいずれかから選ぶこととしましたが、斉藤厩舎の評判が悪いので、西園厩舎のクッカーニャの17を第1候補で申し込みました。念のためナスカの17を第2候補に。
20日時点の申し込み状況でクッカーニャの17の第1候補は29票とあまり多くなかったので、満口にはなるものの実績でおそらく取れると思います。このため、G1の申し込みは見送りました。

地方共有馬の購入馬申し込みは、サウスヴィグラス産駒のロージーチャームの17を第1候補に1頭だけ申し込み。
20日時点の申し込み状況で6番目の10票なので、満口になった場合は、実績がほとんどないので、4口の抽選にかけることになりそうです。

とりえあず来週29日の結果発表待ちになりました。

| | トラックバック (0)

モルドワイン出走確定

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
今週6月23日(土)函館1R(9:55)・芝1200m戦に53kg☆小崎騎手で出走が確定しています。このレースはフルゲート16頭立てになりました。
「牝馬限定の1800m戦を本線に進めていましたが、思った以上に出走頭数が多かったため、本馬の出走間隔でも出走できる芝1200m戦をこの機会に試してみます。距離を短縮して良い方に出ればと思います」(牧浦調教師)

モルドワイン、函館競馬芝1200mでの出走が確定しました。
距離は問わず、芝の出走を優先したうようですが、短距離適性があるとは思えません。
とりえあずダートで入着を目指して出走かと思いましたが…

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる出資馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
7月11日(水)に船橋競馬場で調教試験を受ける予定で、6月16日(土)に単走で4Fから56.0-41.8秒の時計を馬なりでマークしています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
今週6月23日(土)函館・芝1800m(牝馬限定戦)への出走を本線に考えていますが、相手関係によってはダート戦へ回ることも視野に入れています。想定時点では芝1800m(牝馬限定戦)は除外対象となっており、他の芝のレースやダート戦は概ね出走可能な状況です。
外傷も問題なく、先週末にはサッと時計も出しました。本日6月20日(水)はウッドチップコースで追い切り、5Fから68.0-53.0-39.3-13.2秒の時計をマークしています。
「外傷はしっかりと回復しましたので、徐々にピッチを上げています。先週末(日)の感触はまだ重たかったのですが、今日(水)はしっかりと動けました。この感じなら、今週のレースから考えていけると思います。芝のレースを本線に検討しているものの、頭数や相手関係次第ではダート戦も考えています」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
レース後変わりありません。今週は函館競馬場で調整して、来週中に栗東TCへ移動する予定です。その後の状態を確認して、次走を検討します。

| | トラックバック (0)

ジューヌエコール函館SS出走結果

ジューヌエコール、函館競馬第11R函館スプリントステークスに出走しました。

サンデー公式サイトによるレース解説。

◆ジューヌエコール
6/17(日)函館11R・函館スプリントS(G3・芝1200m)に北村友騎手54kg、馬体重484kg(±0)で出走し14着でした。レースでは悪くないスタートから控えて、中団やや後ろの位置で進みました。4コーナーを内目で回って直線に向いて追い出されました。手応えは悪くなかったのですが、狭い所に入ったり前が壁になったりで思うように脚が使えずに、勝ち馬から0.7秒差でのゴールでした。
騎乗した北村友一騎手からは「直線でゴチャついてしまいました。それといい頃に比べるとバランスが良くなくて、状態的に戻りきれていない感じがします」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

ラフィアン・ウイン募集馬カタログ到着

ラフィアンとウインの募集馬カタログが到着されました。

今は公式サイトで事前にカタログが掲載されるので、昔と違ってわくわく感が全くありません。
そもそもラフィアンのカタログは社台・サンデーと違って写真がイマイチなので、本気で出資馬を検討しようと思ったらツアーで実馬を見ないとわかりません。
今年は来週ツアーに参加するので、見ておく馬を絞っておこうと思います。
というか、関西入厩馬でそれなりの血統、厩舎、価格となると、コスモベル、マイネショコラーデ、マイネボヌール、マイネソルシエールくらいと自ずから絞られてしまいます。
何やらこんなことばかり書くと惰性で会員を続けているような気がしないでもありません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
週3日坂路コース(800m)に入り、うち2日はハロン15秒ペースで1本、2日はハロン16~17秒ペースで1本登坂、ほかの週3日は周回コースで普通キャンター2400mを消化しています。幼さがだいぶ抜けてきましたが、伸びしろはまだまだありそうです。鍛錬を重ねてしっかりと馬体を作っていきます。北海道開催中に入厩させ、いったんゲート試験まで進めることも検討しています。現在の馬体重は452kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。高橋調教師は「前走後、右前肢の屈腱部に腫れが見られました。検査の結果、腱に炎症は認められませんでしたが、大事を取ってしばらく様子を見ていきたいと思います。時間がかかるようであれば、鉾田に出させてもらうことも検討します」と話していました。

見事に勝ち上がったところですが、心配なコメント。
連戦してきたので無理しないように、大事無いことを願います。

| | トラックバック (0)

社台地方競馬オーナーズ購入馬検討

社台地方競馬オーナーズの購入馬の検討です。

2011年産駒レイクマッケンジーから始めて、2014年産駒グラッブユアダイヤを購入した地方競馬オーナーズ、3年に1頭の購入ペースと思っていますが、今年がその3年目。
牧場見学では募集馬全頭を見て、スタッフの意見を聞いて購入馬を検討しました。
今年は全体の値段も高めですが、水準も高いように思いました。

305 ロージーチャームの17 牝馬 800万円
地方競馬といえばゴールドアリュールですが、今年の募集馬には1頭もいないので、代わりにサウスヴィグラスの産駒から。
もう1頭いる牡馬のアムールポエジーの17が1800万円ととんでもなく高いので見送って牝馬のこの馬に。
価格は安いのですが、ナターレの半妹で、血統としてはまずまず。
見学では体重も増加しており、牝馬としては充分な馬体の印象。

308 ダマスクローズの17 牝馬 600万円
スタッフお勧めのカジノドライブ産駒。3頭いるうち安い牝馬から。
兄姉も地方ではまずまず走っており、安いところからということで。

317 ショコラヴェリーヌの17 牝馬 1000万円
比較的新しい種牡馬のパイロ産駒。産駒が東京ダービーも勝ったところで人気上昇。
この馬自身はララベルの近親にあたり、初仔もデビュー戦を勝ち、評価が高まるところ。
体高はやや低めながら馬体は充分。総じて人気が高まりそう。

期待のグラッブユアダイヤが休養中で寂しい限りなので、中央競馬ファンドとの横にらみで1頭を購入しようと思っています。

| | トラックバック (0)

ジューヌエコール函館SS出走確定

ジューヌエコール、函館SSの出走が確定しました。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
6/17(日)函館11R・函館スプリントS(G3・芝1200m)に北村友騎手54kgで出走が確定しました。このレースは16頭立てです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
先週末に右前脚管に外傷を負ってしまったことから、念のため運動のみに控えたものの、問題なく回復し、今週からはウッドチップコースで普通キャンターを消化しています。今後の調教の感触を確認しながら、来週か再来週の出走を目指していく予定です。
「傷腫れで、フレグモーネになりそうな感じもあったため、大事をとって先週末には運動のみとしました。その後の回復は順調で、今週には問題なくキャンターを乗れていますから、来週か再来週の函館戦をこのまま目指していきます」(牧浦調教師)

あきらめムードも漂っているものの、それでも最後の機会にかけて北海道入りしたのですが、外傷を負ってしまったようです。
出走すら叶わなくなってしまえば一大事、何とか無事に進めますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
6/17(日)函館・函館スプリントSに北村友騎手で出走を予定しています。想定ではフルゲートが見込まれています。6/13(水)に芝コースで追い切っています。まだ昨年の状態には及ばないかもしれませんが、調子を取り戻しつつあり、相性のいいコースで連覇を狙います。

昨年とは程遠いようですが、出走するには何とか間に合ったようです。
週刊競馬ブック等では復調気配とあるのですが、どこまで戻っているか。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬カタログ発表

ラフィアン公式サイトで募集馬のカタログ、写真、動画が掲載されました。
今年はツアーに参加するので、ボチボチと眺めていこうと思います。

ところで昨年の発表時期などを確認しようと、昨年この時期のブログを見返すと、ラフィアン募集の記事がありません。
それだけ関心がなかったということに、いまさらながら気がつきました。

| | トラックバック (0)

社台グループ出資馬検討

牧場見学ツアーに参加したので、撮ってきた写真を見ながら実馬の記憶を呼び起こし、カタログを見直して出資馬検討しました。

出資方針は零細会員なのでまずは募集価格2000万円前後の牝馬から。
ディープインパクト、キングカメハメハ産駒は当然のように除外。
今年はロードカナロア産駒を狙っていたのですが、高くて手が出し難くなりました。
4月の募集馬発表の時点でスピードリッパー×ロードカナロアの牝馬が気になっていたのですが、美浦入厩になったので見送り。
ここで手頃感があるルーラシップ産駒から候補を選びました。

社台 68 ミルフィオリの17 1800万円 吉田厩舎
母親が高齢のためか何と言っても価格が安い。
あまり特徴、印象もないのですが、堅実なところで。

サンデー 166 クッカーニャの17 2600万円 西園厩舎
大きめの馬格、ボリューム感のある立派な馬体に好感。
母の仔は未知数で、値段も高めのように思いますが、このくらいまでなら。
西園厩舎はラフィアンの活躍馬の厩舎のイメージがありますが、実績は充分。

サンデー 167 ナスカの17 2400万円 斉藤厩舎
昨年も考えたナスカの仔で、アロマティコの半妹。
ツアー展示ではスタッフが良い馬だと力説していました。
新しい斉藤厩舎はどうかと思いましたが、ネットで調べると極めて評判が悪い。

G1 37 メルヴェイユドールの17 2000万円 石坂厩舎
定年間近とはいえ、石坂厩舎というので注目。
ツアー展示で実馬をみると、馬体が薄く、募集価格も安めなのが気がかり。

次にオルフェーヴル産駒から。
ツアーではホームランか三振かという評価で定着しているようです。

社台 63 ウミラージの17 2000万円 中内田厩舎
中内田厩舎というので注目。価格もお手頃。
実馬は小柄な馬体なのが不安材料。

G1 33 サマーナイトシティの17 2000万円 西園厩舎
サダムパテック、ジューヌポレールの半妹ということで注目。
母親が高齢なためとしても随分と価格が安い。安過ぎて心配。

ここで、地方オーナーズでお世話になったゴールドアリュール産駒がラストクロップなので候補を選びました。
2頭とも牡馬ですが、ゴールドアリュール産駒なので価格が安くなっています。

G1 48 フォーシンズの17 2000万円 高橋厩舎 
ノーザンファームの生産育成。
G1所属馬ながらノーザンファーム育成なのがどうでしょうか。

G1 49 スカイアライアンスの17 1800万円 西園厩舎
こちらは追分ファームの生産、リリーバレーの育成。
母親が高齢過ぎるのが不安材料。

さて、私の実績は昨年と変わらず295なので、申し込み状況を見ながら応募することになりますが、社台・サンデーからルーラーシップ産駒を申し込み、G1から外れ覚悟で1頭に申し込むつもりです。
中央ファンド馬の結果次第で、地方オーナーズ馬にも申し込もうかと思っています。
その地方オーナーズ馬の候補はまた後で。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
6/17(日)函館・函館スプリントS(G3・3歳上オープン・芝1200m)に登録しました。フルゲート16頭に対して17頭が登録しており、本馬の出走馬決定順は12番目です。

| | トラックバック (0)

社台グループ牧場見学ツアー

社台グループの牧場見学ツアーの2日目。

朝6時と早起きして、ノーザンファーム遠浅、早来、空港と募集馬展示。
ここでは関心のある馬が多いので、忙しく見て回りました。

ノーザンホースパークでの昼食のあと、社台スタリオンステーションで種牡馬展示。
相性の良いクロフネは休養のため展示されませんでした。

これにてツアーは終了。私はいつも一人参加で、顔なじみの方は多少はいるものの、すべて一人で行動するので、いい意味で悪い意味で無駄に過ごすことが少なくなってきたように思います。
時間を持て余すときは、社台ファームでは地方競馬の角南氏と話ばかりしているのですが、今年はノーザンファームの中尾氏の営業トークを楽しむことができました。

| | トラックバック (0)

ジューヌエコール函館SS出走登録

ジューヌエコール、来週の函館スプリントステークスに出走登録しました。
登録頭数は17頭、昨年勝ったのでこのまま出走できます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆フレスコ
五十嵐騎手「最近の2走は後ろからになってしまったり、外を回らざるをえなかったり、ロスのある競馬になっていましたので、今日はうまく立ち回りたいと考えていたのです。後ろからになったのも想定内でしたし、それならばどこかで前を射程圏にいれるつもりでいました。最後の向正面でポジションを上げる際、内に入るのは詰まるリスクがある、と判断し、一度は外へ進路をとりましたけれど、その後、馬群がばらけて捌けそうでしたので、再度、内へもぐりました。これで最後のコーナーをロスなく回ってこられたのがラストで効きましたね。きっちりとらえられてよかったです。力をつけていますし、具合も高いレベルで安定しています。上のクラスでも楽しみですよ」

高橋祥調教師「騎手がうまく乗ってくれました。それでも、今週は障害未勝利戦がこの一レースしか組まれていなくてメンバーが揃っていた中できっちり差し切れたのは、力をつけている証拠でしょう。今後はあがった状態をみてから番組は検討しますが、引き続き障害オープンを使っていく方向で考えたいと思います」

| | トラックバック (0)

社台グループ牧場見学ツアー

社台グループの牧場見学ツアーに参加しました。

今年も昨年と同じく1週目での参加。
昨年は大雨だった初日は曇天でこの時期としては珍しいという寒さ。
低い気温よりも冷たくて強い風には閉口しました。
もっとも日焼けが気になる快晴の下よりはマシだったかも。

1日目、まずは社台ファームで屋外バーベキューの昼食。
ここでラフィアンのマイネルフレスコの障害戦勝利の実況を聴き、幸先良し。
午後からは募集馬展示。もっとも見る馬があまりいません。
社台ファームから追分ファームリリーバレーに移動して募集馬展示。
今年から追分ファームからリリーバレーに会場が変わりました。
追分ファームはある思い出があったのですが、お別れに。

夜は恒例のグランドホテルニュー王子での夕食会で、隣り合った会員さんと談笑して過ごしました。
若い会員さんで会員暦10数年の私でもベテラン扱いされました。
そういえばツアーの参加者も随分と若返ったように思います。

宿泊ホテルはドーミーインでしたが、夕食会から戻ると酔っていたのかすぐに眠ってしまい、何もしないまま初日は終了。

| | トラックバック (0)

フレスコ障害初勝利

フレスコ、東京競馬第4R障害未勝利戦に出走しました。

障害入りして4戦、着を外さない安定した成績で続戦のフレスコ、初障害戦2着の中京競馬出走かと思いましたが、中2週で東京競馬に出走。
今回も実績では上位で必勝を期したいところ。
前回は飛行場のトラブルで現地観戦できませんでしたが、今回は社台グループの牧場見学ツアーのため現地観戦できず、社台ファームでラジオNIKKEIの実況聴取。

この日のフレスコの馬体重は前走比+2キロの486キロと好馬体を維持。
競馬ブックの予想は印の厚い本紙二重△。
人気は単勝5.0倍の3番人気と好評価。グリーンチャンネルでは一番の推奨馬。

さてレース、集団ばらついたスタートからフレスコは集団半ばに位置取り。
徐々に下がっていき、集団後方でレースを運びます。
位置取り変わらず向正面を通過、3~4角で一気に上がっていき、長いダートの直線へ。
ここで外からさらに上がっていき、先行勢を交わし、最後は全弟のウインカートゥーンとの叩き合いを制し、障害初勝利をあげました。

実況を聴いていてさっぱり名前が呼ばれないのでこれは駄目かと思いましたが、最後に一気に追い上げて、さらにダートの直線でも良い脚をみせて快勝しました。
飛越自体は普通のようですが、長いレースの地力があるようで、これまでと同じように先行できなかったものの展開も向いての初勝利だったかと思います。
障害初戦で2着に入り、すぐに勝ち上がるかと期待したので、少々時間がかかったかもしれませんが、着を外さないまま5戦目での勝ち上がりと今後の障害戦が楽しみになりました。
これで獲得賞金は6千万円を突破、本当に馬主孝行な出資馬になってくれました。
なお、全兄弟のワンツーフィニッシュとなり、珍しい話題を提供してくれました。

ところで、栗東入厩馬メインの私にとって、東京競馬での出資馬の勝利は実は初めてのこと。
障害入りしてから現地観戦を続けてきたので、牧場見学ツアーのため現地観戦、口取りできなかったのは残念至極。
フレスコは2勝目は年度末の休日出勤のため、3勝目は正月開催と、口取りができず、口取りに縁の薄い出資馬ですが、またも機会を逃し、次に期待したいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、6月9日(土)東京4R・障害未勝利・ダート3000mに五十嵐雄祐騎手で出走します。高橋調教師は「ここまでに障害戦を4戦しましたが、いずれも5着以内に入っています。今週の追い切りでも問題なく動けていて、コンディションはキープできていると見ています。前走は外々を回らされた影響があったと思います。スムーズな競馬ができれば、もっとやれるのではないでしょうか」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、3日(日)真歌トレーニングパークに移動しました。状態の最終確認を行い、問題なければ騎乗が始められることになっています。

◆コンステレーション
コンステレーションは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「負荷をかけながらもさらに馬体が増えてきました。以前に比べるとしっかりしてきていますね」と話していました。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間は順調に負荷が強められ、動きからは勢いが感じられます。7月あたりの入厩を目標に進めていきたいと思います」と話していました。

フレスコは中京競馬出走かと思いましたが東京競馬出走へ。
ツアーのため現地観戦できませんが、内枠ということもあり頑張ってほしいものです。
順調で早期入厩を期待していたウィルトスはでようやく入厩時期が明示されました。
コンステレーションはまだまだの模様。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
7月11日(水)に船橋競馬場で調教試験を受ける予定で、この中間も西村騎手が跨り本馬場でハロン17~20秒のキャンター3200mを乗られています。

| | トラックバック (0)

フレスコ出走確定

フレスコ、予定とおり出走が確定しました。
何と同じく障害に転向した全弟のウインカートゥーンとの対戦になりました。
社台の牧場見学ツアーのため観戦できないので、前走同様複雑な気持ちですが、頑張ってほしいものです。

◆フレスコ
東京競馬 6月9日(土) 4R 障害未勝利 ダ3000m 五十嵐雄祐 14頭

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
先週(金)に函館競馬場へ到着後も順調です。本日6月6日(水)はキャンター調教を消化しています。いまのところ再来週6月23日(土)函館・芝1800m(牝馬限定戦)への出走を本線に考えています。
「輸送で馬体を減らすことはありませんでしたし、体調面も変わりありません。今週末か来週からピッチを上げて、函館2週めに向かえればと考えています。いまのところ洋芝のレースを使ってみたいので、芝1800mの牝馬限定戦をメインで検討しているものの、相手関係や頭数次第ではふたたびダート戦へ回ることも視野に入れています」(牧浦調教師)

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
予定どおり、函館競馬場へ移動して、6/6(水)に無事到着しています。今週は6/8(金)に追い切りを行い、北村友騎手に跨ってもらいます。6/17(日)函館・函館スプリントS(G3)への出走に向けて抜かりありません。

| | トラックバック (0)

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。
◆フレスコ
東京競馬 6月9日(土) 4R 障害未勝利 ダ3000m 五十嵐雄祐

| | トラックバック (0)

社台グループ出資馬検討

社台グループの募集馬カタログを見て出資馬を検討。
初心に戻って中央競馬ファンドは募集価格2000万円前後の馬から候補を考えました。
中央競馬ファンドの結果次第ですが、地方競馬オーナーズも候補を考えました。
カタログをざっと見ただけの印象なので、候補は変わると思います。

<社台>
63 ウミラージの17 父オルフェーヴル 牝 中内田厩舎 2000万円
好評中内田厩舎だけで注目。兄姉も堅実な成績。
ただし、父親オルフェーヴル、母親ドイツ牝系に疑問符。

<サンデー>
167 ナスカの17 父ルーラーシップ 牝 斉藤厩舎 2400万円
昨年も考えたナスカの仔。アロマティコの半妹にしては安い感じ。
斉藤厩舎はどうなのか。

<G1>
33 サマーナイトシティの17 父オルフェーヴル 牝 西園厩舎 2000万円
ヴィクトリアマイルを勝ったジュールポレールの半妹。
父親オルフェーヴルがどうか。母親が高齢なので募集価格が安い。

37 メルヴェイユドールの17 父ルーラーシップ 牝 石坂厩舎 2000万円
石坂厩舎だけで注目。もっとも定年間近なのでどうしたものか。
母系は社台血統、母親は聞いたことあるなと思ったらクリスマスキャロルのマーメイドS3着馬。

ディープインパクトはもちろん、キングカメハメハ産駒も高くて手が出ません。
昨年どうしようかと思っていたロードカナリア産駒も高くなって手が届きません。
ということで、人気が落ち目のオルフェーヴル、ルーラーシップの産駒ばかりになってしまいました。
堅実なゴールドアリュール産駒とも思いましたが、G1に2頭いる栗東入厩馬は生まれが遅いので馬格を見てからでしょうか。

<社台地方オーナーズ>
305 ロージーチャームの17 父サウスヴィグラス 牝 北海道または川崎内田厩舎 800万円
ナターレの半妹。ゴールドアリュール産駒がいないので、サウスヴィグラス産駒から。
母親が高齢のためか募集価格が安い。
地方競馬オーナーズは出来次第なので、ツアーでよく見て、成長具合などの情報を入手する必要があるように思います。

| | トラックバック (0)

社台グループ募集馬カタログ発表

社台グループの募集馬カタログが公式サイトで発表されました。
週明けにカタログ発送予定ですが、来週にはツアー参加予定なので、PDFカタログで検討をすることに。
もっとも、高い馬がとんでもなく高い馬ばかりなので、気がつくと安い馬からカタログを見ているのが現実。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
週3日は坂路コース(800m)をハロン15~17秒ペースで1本、ほか3日は周回コースでハロン20秒のキャンター2400mを乗っています。まだ馬体に緩さがあり、動きが重たい印象ですが、ハロン15秒ペースの調教をコンスタントに消化して、この馬なりに動けるようになってきています。この調子で鍛錬を重ね、馬体を作っていきます。現在の馬体重は452kgです。

このところコメントが良くなっていましたが、今回は”この馬なりに”と他の馬に比べると駄目という予防線を張るコメントに。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、美浦に滞在中。先週末から普段のメニューに戻されています。高橋調教師は「稽古では特に気になるところもありませんし、レース間隔をあけなくても出走できそうなコンディションです。来週の東京に組まれている障害未勝利戦に出走予定です」と話していました。

中京競馬出走かと思いましたが、東京競馬出走の模様。
障害に移ってから走りづめですが、大丈夫なんでしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »