« モルドワインダートで惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »

グラッブユアダイヤ復帰戦

グラッブユアダイヤ、船橋競馬第7Rウミネコ賞C1C2選抜牝馬に出走しました。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆グラッブユアダイヤ
7月25日(水)船橋7R・ウミネコ賞・C1C2選抜牝馬・距離1500m戦へ55kg西村騎手で出走しました。馬体重はプラス32kgの491kg(調教試験時からはマイナス4kg)、毛艶は良好も調教試験時から緩い馬体は変わらず、仕上がり途上でした。単勝は4.1倍の3番人気。レースでは五分のスタートからダッシュ良く先手を取り、ハナを切る展開になりました。2番手の馬に競り込まれる厳しい展開の中、直線で脚色が一杯になってしまい2.3秒差の1分39秒0の6着に終わりました。
西村騎手からは「アクシデントの多い馬なので、まずはレースに出走させて無事に走らせることを目標にしてきました。このため、正直、仕上がりは4、5分くらいだったと思います。それでもスタートからスピードのあるところを」見せてくれました。まだ息遣いが重いので、完調までにはもう少し時間がかかりそうです」と、川島正一調教師からは「テンションを上げないように軽めの調整でしたので、かなり太かったです。次は馬の状態をみながら相談させてください」とのコメントがありました。

|

« モルドワインダートで惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

グラップユアダイヤ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラッブユアダイヤ復帰戦:

« モルドワインダートで惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »