« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン3歳勢成績 »

グラッブユアダイヤ3着

グラッブユアダイヤ、船橋競馬第11R秋の宵賞ダート1600mに出走しました。

長期休養明け3走目の前走で勝ったグラッブユアダイヤ、調子を上げており、ここは連勝を目指したいところ。
競馬ブックの予想でもさらに良化、血統的にもここは通過点という好評価で本紙本命。これを受けて単勝2.7倍の一番人気。
期待を込めて馬券をそれなりに買って、ネットでのライブ観戦。

レースはいつものように好スタートからハナにたちかけましたが、他の2頭が先行、3番手でレースを進行。
向正面をそのまま進行、3~4角を周るところでは楽な手応えで先頭に並びかけて直線へ。
ここで一気に後続勢を引き離したいところですが、伸びを欠き、1頭さらに1頭とかわされ僅差の3着に終わりました。

前走でようやく勝てたので、連勝街道を期待しましたが、なかなかうまくいきません。
レイクマッケンジーが同じ4歳のこの時期、このクラスで3連勝したので、実力馬ならそれくらいは当たり前、5~6連勝くらいしてさっさとAクラスへと思っていたのですが、まだまだ本調子ではないのでしょうか。やはりレベルの高い南関東、他の馬も強いのでしょうか。今後に期待するしかありません。

社台グループオーナーズ公式サイトによるレース解説。

◆グラッブユアダイヤ
10月1日(月)船橋11R・秋の宵賞・B3(三)・距離1600m戦へ54kg森騎手で出走、馬体重はプラス10kgの483kg、パドックではプラス体重ほど太くは見えませんでしたが、テンションの高さが気になりました。単勝オッズは2.7倍の1番人気。レースでは好スタートから先行しようとしましたが、外から2頭がハナを主張して、3番手からの競馬となりました。暴走気味のペースで2頭が引っ張る中、前から少し離れた3番手の位置でレースを進めましたが、直線に入っていったんは前に並びかけたものの、そこからのもうひと伸びがなく、また勝ち馬の強襲にあいました。勝ち馬から0秒2差の3着に終わっています。
騎乗した森騎手は「ゴチャゴチャした競馬になってしまいました。はじめて砂を被ったこともあって、勝負処でいったん位置を下げてしまいましたが、慣れてきたらそこからまた伸びてくれました。ただ、最後にもうひと伸びを欠いたのは、プラス10kgの影響もあったのでしょうか……。B3クラスへ上がって、時計が42秒台ですから、現状では1、2着馬が強いです。でも、グラッブが完調になれば馬場の真ん中で先頭に立ったところから、3馬身くらいは突き抜けているのですが……」とのこと、多田厩務員は「脚元がかたまりきったわけではないので、まだあまり攻めきれません。プラス10kgの馬体重はそういったところも影響したのでしょうか。また、地元開催だとどうもテンションが高くなってしまいます。レース後の状態を確認して今後の予定を決めていきますが、地元では成績がよくないことから、次走は他場に遠征に行くことも検討します」とコメントしています。

|

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン3歳勢成績 »

グラップユアダイヤ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/67229644

この記事へのトラックバック一覧です: グラッブユアダイヤ3着:

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン3歳勢成績 »